Search

検索したいワードを入力してください

「ゆくゆくは」の意味と使い方・類語・敬語・書き言葉|ビジネス

初回公開日:2018年05月27日

更新日:2020年05月23日

記載されている内容は2018年05月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

将来のことを話すときに何気なく使ってしまう「ゆくゆくは」についてご紹介します。「いつのことになるか分からない」非常に曖昧な表現ですので、使い方によっては相手に失礼に当たるかもしれません。意味を理解したうえで使えるように、例文も交えて詳しくご説明します。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「ゆくゆくは」の正しい使い方や意味は何?

将来の希望や計画について話をしている際、何気なく使っている「ゆくゆくは」の正しい意味や、使い方、類語をご存じでしょうか。何気なく使っている言葉の意味を普段、考えることはおそらく少ないでしょう。しかし、理解を深めることによって、言葉をより適切に使うことができます。詳しくご説明しましょう。

「ゆくゆくは」の意味は何?例文もご紹介します

まず、「ゆくゆくは」の意味です。意味は「将来的には、最終的には、行く末は」です。

「ゆくゆくは実家を継ぐことになります」「彼はゆくゆくは社長になるだろう」「ゆくゆくは独立して会社を起こしたいです」などです。いつになるか明言できない将来のことを述べる際によく使われる表現です。

「ゆくゆくは」の成り立ちは?

「ゆくゆくは」は、副詞の「ゆくゆく」に助詞の「は」が付いた言葉です。では「ゆくゆく」の意味とは何でしょうか。まずは「将来的、最終的、行く末」の意味です。この意味で使われる場合は、助詞の「は」がセットになり「ゆくゆくは」の形で使われることがほとんどです。

次に「歩きながら、道すがら」の意味です。「何を食べようかとゆくゆく考えていた」「学校へゆくゆく考え事をした」として使われています。また文学作品の中でも「ゆくゆく」はよく使われています。

お前たちも行く行くは母上の死を何物にも代えがたく悲しく口惜しいものに思う時が来るのだ。
雨水が渺々として田を浸すので、行く行く山の陰は陰惨として暗い。

出典: https://dictionary.goo.ne.jp/jn/225208/example/m0u/ |

「ゆくゆくは」の漢字はどう書くの?

「ゆくゆくは」の漢字は「行く行くは」です。「行く」が二度重なった言葉です。「行く」の意味ですが改めて見てみましょう。「距離的・時間的に遠ざかる、出掛ける、立ち去る、目的の所に向かう・時が過ぎる」などです。「学校へ行く」のほか、「ゆく春」なども使われます。「行く」には、時間が経過するといった意味もあり、これが未来を表す「ゆくゆくは」の基盤です。

「ゆくゆくは」の類義語・言いかえ表現について

「ゆくゆくは」の類義語、言い換え表現についてご説明します。類義語は、「やがては」「いずれは」「いつの日か」「いつの時代か」「いつかは」「未来に」などです。現在より後のことについて述べる際に使います。

言い換え表現も、「ゆくゆくは」の意味そのものの「将来的には」「最終的には」「行く末は」が、そのまま使うことができます。次からよく日常会話でも使う「やがては」「いずれは」「将来的には」「最終的には」を掘り下げてみていきましょう。

「やがては」の意味・例文とは?

「やがては」の意味は「そのうちには、まもなく、じきには、いずれにしても、近々には」などです。「やがては日が暮れるだろう」「やがて模試結果が発表されます」などと使い、「あまり時間や日数が経過しないうちに」という意味合いです。

「いずれは」の意味や例文とは?

「いずれ」は「結局、近いうちに、やがて」という意味を持ちます。「やがて」と同じく、あまり時間や日数が経過しないうちにという、限定的な表現です。「いずれ花瓶を割った人がわかるだろう」や、「いずれ改めて御挨拶にお伺いしたいです」などと使われます。

「将来的には」の意味や例文とは?

「将来的には」については「これから先については、未来については、前途については」などが意味にあたります。「将来」は、「将 (まさ) に来 (きた) らんとする時」の意味です。近日中から遠い未来まで示す範囲が広く「ゆくゆくは」と同義です。

使い方は「今は一人暮らしですが、将来的には両親と同居します」「今はアパート住まいですが、将来的には家を建てたいです」「売り上げが伸びないなら、将来的には店舗を縮小せざるを得ません」などです。例文のようにいつになるは分からないことや、論拠のないただの予測・願望を述べる場合にも使われます。

「最終的には」の意味や例文とは?

「最終的には」の意味ですが「いちばん終わりには、進んでいく道の果てには」などがあります。「将来的には」と違い「終わりに近いとき」という時期が限定されます。「彼らは喧嘩している。しかし最終的には仲直りするだろう」でしたら、「喧嘩が収束する前には」といったニュアンスが含まれます。「今は役職に就いていないが、最終的には出世するだろう」でしたら、「定年前には出世するだろう」という意味も込められます。

「ゆくゆくは」に敬語はあるの?

「ゆくゆくは」に該当する敬語はありません。例えば「言う」であれば、尊敬語は「おっしゃる」謙譲語は「申し上げる」ですが、「ゆくゆくは」には、そういった敬語はありません。しかし、「ゆくゆくは」は、尊敬語を使うべき場面でも、謙譲語の方がよい場面でも、どの場面でも使うことができます。

丁寧語・謙譲語・尊敬語との組み合わせ

「ゆくゆくは」は尊敬語・謙譲語・丁寧語、どちらと組み合わせても、動詞のような活用はありません。「ゆくゆくは社長に就任する」という文を、尊敬語に変化させると「ゆくゆくは社長に就任されます」、謙譲語では「ゆくゆくは社長に就任いたします」、丁寧語「ゆくゆくは社長に就任します」です。

「ゆくゆくは」を使うときの注意点とは

敬語のように使い方があまり難しくない「ゆくゆくは」ですが使用の際には注意点があります。「ゆくゆくは」は、どの尊敬語や謙譲語とも使えるため、ついビジネスシーンでも使ってしまいがちです。しかし、使うには注意点もあります。その注意点とは、「どれくらい先のことか分からない曖昧な表現である」こと、「実現する可能性を示す言葉である」です。

「ゆくゆくは」どれくらい先かわからない表現

「どれくらい先のことか、分からない曖昧な表現である」についてです。例えば「ゆくゆくは昇給します」と言われても、近日中なのか、数年後の未来なのか、定年退職前なのかはわかりません。大切な場面であれば「〇月〇日付けで昇給します」や「来年は昇給します」というように、ある程度、期限を示した方が良いです。

「ゆくゆくは」は可能性を示す表現

「実現する可能性を示す言葉である」についてです。例えば「ゆくゆくは昇給します」と言われても、これはあくまで可能性の話で、確約ではありません。もし昇給しなくても、約束が破られたことにはなりません。仮に、従業員が店長に「アルバイトを始めて2年が経ちました。昇給はしますか?」と聞いた際、店長が「ゆくゆくはね」と答えた場合、従業員は答えをはぐらかされたと感じます。

「ゆくゆくは」は、曖昧な表現です。話す場合も、聞く場合も「曖昧である」ということを念頭に注意してください。はっきりした方が良い場面で使うと、相手に不快感を与えることになります。

「ゆくゆくは」のビジネスでの使い方は?

「ゆくゆくは」は、ビジネスでの場面においても使われます。履歴書などに、「ゆくゆくは営業部に配属されたいです」計画書などに「ゆくゆくは店舗拡大を目指します」などです。

いずれも、将来の希望や計画を伝え、それを実現するため努力することをアピールできます。「ゆくゆくは」が「いつになるかわからない未来」のことを示すため、こういった場面ではよく使われます。ただし、ビジネスの場面では、時期をはっきりさせたほうが、好まれる場合もあります。使用の際は、時期をはっきりさせたほうが良いか、どうかを考慮しましょう。

「ゆくゆくは」の書き言葉とは?

「ゆくゆくは」は、書き言葉としても使うことができます。ただし、「ゆくゆくは」は動詞の「行く」が重なってできた「重ね言葉」です。「重ね言葉」は冠婚葬祭の挨拶や挨拶状などではタブーです。「ゆくゆくは御礼の挨拶にお伺いしたいと思います」や「ゆくゆくは皆様をお招きして法要を営みたいと存じます」など、冠婚葬祭では使わない方が無難です。

「ゆくゆくは」と同じ「重ね言葉」を2つ、見ていきましょう。

「おいおい」の意味と例文をご紹介

「おいおい」とは「追い追い」とも表記されます。意味は、「時がたつにつれて物事が少しずつ変わっていくさま、次第に、引き続き、順を追って」 です。「徐々に慣れてくるだろう」の意味で「 おいおい慣れてくるだろう」や、「順を追って説明する」という意味で「追い追いご説明します」などとして使われます。

「先々」の意味と例文をご紹介

「先々」の意味は、「遠い将来、生く末、出かけて行く方々のところ」などの意味があります。未来のことや場所を表す表現です。また「ずっと以前から」という「過去から現在に至るまで」という意味もあります。

例文を見ていきましょう。未来に関する例文であれば「先々は思いやられる」「先々が不安だ」などです。場所に関する例文は「行く先々で良いことが起こりました」、過去から現在に関する例文であれば「先々から準備してきました」などがあげられます。

「ゆくゆくは」は口語なの?

「ゆくゆくは」は口語ではありません。書き言葉としても使われます。口語訳といえば古文を現代語に直す事ですが、「ゆくゆくは」は古文においても使用されているのでしょうか。もし、使用されているのであれば、古文ではどのような意味を持つのでしょうか。

「ゆくゆく」は平安時代から使われていた?

「ゆくゆく」であれば平安時代から使用が認められます。一部を抜粋しますのでご覧ください。

『土佐日記』の中の「ゆくゆく」

こちらの「ゆくゆく」は、現代と同じ、「道すがら、行きながら」と同じ意味で使われています。

出典土佐日記 一二・二八
「ゆくゆく飲み食ふ」
[訳] (海上を)行きながら飲み食いする。

出典: https://kobun.weblio.jp/content/%E3%82%86%E3%81%8F%E3%82%... |

『山家集』の中の「ゆくゆく」

なんとこちらの「ゆくゆく」も現代語と似た「将来は、行く末は」の意味で使われています。口語と古文での意味があまり変化していない言葉も珍しいです。

出典山家集 下
「ゆくゆく人を世に継がへばや」
[訳] 将来世をつぐようにさせたいものだ。

出典: https://kobun.weblio.jp/content/%E3%82%86%E3%81%8F%E3%82%... |

「奥ゆかしい」と「ゆくゆくは」の語源は一緒?

「ゆくゆくは」は、「行く行くは」と漢字表記をするとご説明しましたが、「行く」を語源に持つ言葉をもう一つご紹介します。それは「奥ゆかしい」です。

「奥ゆかしい」の意味とは?

「奥ゆかしい」の意味とは、「奥深くて上品な様子に心ひかれる、深い心遣いが感じられて心が引き付けられる」です。「あのおばあさんは大変奥ゆかしい」などとして使われます。

「奥ゆかしい」はどう変化してきたの?

「行く」が、どのように「奥ゆかしい」に変化したかご紹介します。元々は、「行く」が、形容詞形の「ゆかし」として使われていました。「ゆかし」は、「行きたい」の意味です。この「ゆかし」が「奥まで(見に・触れに)行きたい」の意味を持つ「奥ゆかし」として使われるようになります。そして徐々に「その先が見たい・知りたい・聞きたい」「奥の方へ心が引き付けられる」などの感情表現にも使われるようになりました。 

そこから、「奥ゆかしい」は「奥深くて上品な様子に心引かれる」など意味に変化し、現代に至ります。

「ゆくゆくは」という言葉を大切にしましょう

「ゆくゆくは」について、その意味や構成、語源など色々な角度からご紹介してきました。平安時代からあまり意味を変えずに残されている言葉だということには驚きです。

言葉は時代に合わせ、変化したり、廃れたりします。その中で生き残ってきた「ゆくゆくは」という言葉、曖昧さやストレートな物言いを避ける日本人によく合った言葉だといえます。もちろん、曖昧さを回避すべきシーンでは使えませんが、これからも「ゆくゆくは」の意味を理解し、正しく使い、残していきましょう。

Latests