Search

検索したいワードを入力してください

「少々お待ちください」の意味とは?使い方・「少し」との違いを解説

更新日:2022年09月06日

「少々お待ちください」という表現の使い方に迷ったことはありませんか。この記事では、「少々お待ちください」の詳しい意味や言い換え、英語での言い方をお伝えします。「少々お待ちください」の使い方について気になる方はぜひチェックしてみてください。

「少々お待ちくださいって接客で使える言い方なのかな?」
「相手に待ってほしい時はメールでなんて言えばいいんだろう?」
「少々と少しはどう違うのかな?」

日常生活やビジネスシーンにおいて、こんな疑問を抱いたことはありませんか。「少々お待ちください」は日常でよく聞く表現ですが、適切な使い方を知らない方もいるのではないでしょうか。

この記事では、「少々お待ちください」の使い方についてご紹介します。詳しい意味から、言い換え表現、さらに英語表現もお伝えします。

この記事を読めば「少々お待ちください」を正しく、適切なタイミングで使うことができるようになります。

ライフスタイルにまつわる情報を知りたい方、ビジネスにおける言葉遣いをより詳しく知りたい方はぜひチェックしてみてください。

「少々お待ちください」の意味とは?

「少々お待ちください」の意味とは?使い方・「少し」との違いを解説

「少々お待ちください」とは、「今すぐに対応するため、少し待っていてほしい」という意味の言葉です。「少々」は短い時間を表し、「お待ちください」は「待ってほしい」の丁寧な表現です。ビジネスや接客など、日常的に耳にする言葉です。

ここでは、「少々お待ちください」の意味について、もう少し細かく解説します。

「少々」とはどのくらいの時間

「少々」とは具体的にどのぐらいの時間を指すのでしょうか。「少々」は厳密に何分、といった決まりはありません。「少々」は時間を「少しの量」と捉えて表現しているため、一般的には数分程度の短い時間を指します。ですので、極端に長い時間待たせてしまう場合に「少々お待ちください」と伝えるは控えた方が良いでしょう。

「少々お待ちください」は敬語として使えるか

「少々お待ちください」は丁寧な言い回しの表現です。「待つ」に丁寧語の「お」と「ください」をつけているため、敬語として使えます。しかし、相手に待つことを命令しているように聞こえてしまうため、あまり快く思われない可能性もあります。語尾に「いただけますか」など、柔らかい印象を与えられる言葉を用いて、シーンに合わせて使うようにしましょう。

ビジネスシーンでの「少々お待ちください」の使い方

ここまで一般的な「少々お待ちください」の意味に関してご説明してきました。では、ビジネスシーンにおいて「少々お待ちください」という言葉は、どんな使い方が適しているのでしょうか。ビジネスシーンは日常生活に比べ、立場の違う人への言葉の使い方がより厳密になる場合があります。具体的なシーンと合わせてご説明します。

ちょっと時間がかかる場合の使い方

ビジネスシーンで「少々お待ちください」は非常によく使われる表現です。ビジネスにおいて対応の速さはとても重要ですので、相手を待たせる事なく対応するのが基本です。しかしそれでも時間がかかってしまう、という時に「少々お待ちください」と伝えるのが良いでしょう。「お待ちください」と丁寧に表現することで、相手に待つ必要があると理解してもらうことができます。

メールでの使い方

メールで質問や見積もりの依頼など、こちらで時間のかかる処理をする場合の返信に「少々お待ちください」を使うことができます。しかし、相手に命令しているように感じさせないため、「お時間いただきたく存じます」などの言い換えをすることもできます。「少々お待ちください」を使う場合は、「理由」と「返信期間」を添えるとより丁寧な印象を与えることができるでしょう。

丁寧な「少々お待ちください」の言い方

次のページ:「少々お待ちください」を言い換える場合の表現

初回公開日:2022年08月12日

記載されている内容は2022年08月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests