Search

検索したいワードを入力してください

グローバル化とはわかりやすく・簡単に説明するとなにか|企業

更新日:2022年07月05日

皆さんは「グローバル化」とは何か説明できますか?グローバル化という言葉は、新聞やメディアを通して聞かないことはないというくらい浸透しています。では、グローバル化とは一体何を意味するのでしょうか?今回は、グローバル化の意味と社会との関係性について紹介します。

グローバル化とは何だろう?

皆さんは、「グローバル化」という言葉をご存知ですか。最近では、本や新聞そしてテレビでも当たり前のように使われる言葉として浸透しています。では、グローバル化とは私たちの生活にどのような関りがあるのでしょうか。

今回はグローバル化の意味とグローバル化のメリットや企業・教育との関係性について紹介します。

グローバル化の4つの要素とは?

最初にグローバル化とは何か、その言葉の意味を知りましょう。グローバル化とは、通称「グローバリゼーション」とも呼ばれています。グローバル化とは、「人・モノ・カネ・情報が国境を越えて結びつき、世界の一体化が進むこと」を表します。

グローバル化とは、大きく4つの要素に分けて説明することができます。

①「人」
人間の移動が大幅に増加したことを表します。そして、人口の増加により人々の移動距離も増えました。例えば、交通機関の発達による旅行客の増加や出張、グローバル化が進むことによる移民の増加などが該当します。

②「モノ」
人と同様に、貿易の発達によるモノの移動も増加しました。一部の裕福層にしか手に入らなかったモノが大量に生産されるようになり、一般の市民へと手が届くようになりました。

③「カネ」
ここで指す「カネ」は、モノの売買で移動する金銭だけではありません。例えば、投資や株、債券なども含みます。以前に比べ、外国からのカネの流れの規制が緩和されています。

④「情報」
情報技術の発展により、以前に比べて多くの情報が簡単に素早くさらに遠くの場所にまで届くようになりました。特に、インターネットの普及に伴い個々により情報を手軽に発信することも可能になりました。

グローバル化と反グローバル化はどう違うの?

上記では、グローバル化とは何かをご紹介しました。一方で、対になって耳にする「反グローバル化」とは何でしょうか。ここでは、反グローバル化とは何かをご紹介します。

国籍や文化、国境などの隔たりを無くし世界を一つとしてみるグローバル化とは違い、反グローバル化とは、「グローバル化に反対するために繰り広げられる色々な社会運動や思想」を指します。

反グローバル化が高まる理由

反グローバル化が高まっている理由として以下のことが挙げられます。ここでは日本を例にみていきましょう。

①産業の空洞化
国内の企業が外国でモノを生産すると、低賃金で労働者を雇うため安いコストでモノを量産できます。従って、各企業は他国に拠点を移すことで本来なら日本に入ってくるコストが海外に流れてしまう結果に繋がります。

②雇用の損失
企業は海外に拠点を置くことで、現地の人材を安く雇用することができます。そのため、日本における雇用の機会が失われる恐れがあります。雇用の低下が進むと、失業率が高くなり一部市民の生活水準が低下します。この連鎖が、貧困の格差へと繋がる可能性があります。

③文化の衝突
国籍や文化の違う人々が共存する上で避けられないのが、文化の衝突です。カルチャーショックという言葉があるように、自国以外の文化に触れて衝撃を受ける人もいます。あるいは、他方の文化がもう片方の文化に影響を及ぼす可能性も考えられます。お互いの文化をどう受け止め、共存していくかが重要なポイントです。

これらの問題をどう解決していくかが、これからの反グローバル化の広がりを留めるためのこれからの課題点となっていくでしょう。

企業においてのグローバル化とは?

近年では企業によるグローバル化が加速しています。では、企業におけるグローバル化とはどのようなことを指すのでしょうか。

企業におけるグローバル化とは、海外に向けての企業全体の促進と人材の育成です。各諸国が次々と海外進出をしている中、日本の企業においてもグローバル化に対応できる人材を育てる必要があります。

例えば、海外への事業展開を行う上では、相応のコミュニケーション能力やプレゼン能力、国際的な考えを養わなくてはいけません。

教育においてのグローバル化とは何?

これからの世界の発展において、グローバル化の促進は欠かせないものとなっていきます。企業においてもグローバル化に対応できる人材がさらに必要となってくるでしょう。中でも、教育は人材育成を行う上で大切なステップです。

では、現代の教育におけるグローバル化とはどのようなことでしょうか。

以前の日本における英語教育では、話すよりも書くことに重きを置いていました。実際に学校の授業だけを受けて、話せるようになった生徒は多くありません。これからのグローバル社会を生きる上で必要とされる教育は、主体的な授業を受けることです。

最近では、インターナショナルスクールや実践的なプログラムを実践している学校は珍しくありません。教育におけるグローバル化とは、多国籍や異文化に触れることにより自国だけでなく世界規模で物事を考える力を養うことを指します。

他国の文化に触れ共存していくことで他国の考えや文化を受け入れることができる人材へと成長していきます。

グローバル化のメリットは何?

ここでは、グローバル化のメリットについて述べていきます。

①生産の向上
グローバル化が進むと、安い賃金で人材を雇用することが可能です。それによって生産コストが下がり、世界的にみると雇用の増加につながる可能性があります。

②技術や文化の発展
グローバル化することによって、各国から人材が集まることで知識や技術を得ることができます。よって、独自の文化に捉われることがないため技術や文化の発展につながります。

③経済問題の解決への促進
自国が金融危機や環境問題に陥った時、自分の力だけで解決するのは難しいです。しかし、グローバル化が促進すれば国際協力という形で他国が援助をしてくれます。

次のページ:グローバル化とは簡単にわかりやすく説明するなら?

初回公開日:2017年11月01日

記載されている内容は2017年11月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests