Search

検索したいワードを入力してください

挨拶回りでの例文・おすすめの粗品・服装マナー|ビジネス/結婚

更新日:2022年06月05日

挨拶回りにいくとき手土産や日程の調整の仕方など相手へのマナーが必要になります。また、挨拶回りの手土産にも意味や金額の相場があり、挨拶にも引っ越し、結婚、新築、ビジネスなどで異なります。そこで、個人宅やビジネスでの挨拶回りの仕方について詳しくご紹介していきます。

挨拶回りにおすすめの粗品・手土産

挨拶周りでの訪問先が個人宅の場合は、相手に気をつかわせない程度の金額で手土産を持参することが一般的です。挨拶回りの手土産には、個人の空間に入らせてもらうことへの感謝の意味があると言われています。

挨拶回りの手土産・粗品に持っていく金額相場

挨拶回りに訪問する相手の家族構成などを考え、2000円から3000円くらいが手土産の相場と言われています。引っ越しなどで近所に挨拶回りに行くときの粗品の金額は、500円から1000円くらいが一般的な相場です。

挨拶回りにおすすめ手土産はお菓子

挨拶回りで訪問するときの手土産にお菓子などが無難です。お菓子を用意する時は、事前に用意しておきます。訪問先の近くのお菓子屋さんで用意すると、「間に合わせ」という印象になるので避けたほうが良いでしょう。

挨拶回りで手土産を出すタイミング

訪問先に挨拶回りに行ったとき、玄関先で手土産のお菓子を渡すのではなく、部屋に通され挨拶をするときに紙袋から出して手渡すのがマナーになります。ただし、手土産のお菓子がアイスクリームなど早めに冷蔵庫に入れて欲しいものであるときは、「アイスクリームですので」などの言葉を添え、玄関先で渡しても大丈夫です。

挨拶回りでの手土産の渡し方

挨拶回りでは、手土産を紙袋や風呂敷から出し、表書きを相手に見える向きにし、両手で渡すのがマナーです。風呂敷の色にもマナーがあり、一般的な挨拶回りのときは青色、結婚式などおめでたいときは、赤色の風呂敷を使います。

引っ越しなどの挨拶回りにおすすめは洗剤

引っ越しのときのご近所への挨拶回りでは、「向こう三軒両隣」と裏の家へ洗剤などを持っていくのが一般的とされています。また、旧居のご近所の挨拶回りでも洗剤や石鹸などを選ぶのが無難です。

挨拶回りでの例文

挨拶回りで手土産と一緒にひと言手紙をつけたり、引っ越しのときの挨拶回りで手紙を添えたりすると喜ばれます。

手土産に添える挨拶回りでの例文

「こちら気持ちばかりの品ではございますが、よろしければご笑納ください」といった内容の手紙を手土産に添えると丁寧です。

引っ越しの挨拶回りでの例文

「この度、◯◯(住所番地)に引っ越してまいりました△△と申します。引っ越しの際は何かとお騒がせしてしまい申し訳ございませんでした。今後ともどうぞ、よろしくお願いいたします」

次のページ:ビジネスでの挨拶回りの仕方

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests