Search

検索したいワードを入力してください

挨拶回りでの例文・おすすめの粗品・服装マナー|ビジネス/結婚

更新日:2022年06月05日

挨拶回りにいくとき手土産や日程の調整の仕方など相手へのマナーが必要になります。また、挨拶回りの手土産にも意味や金額の相場があり、挨拶にも引っ越し、結婚、新築、ビジネスなどで異なります。そこで、個人宅やビジネスでの挨拶回りの仕方について詳しくご紹介していきます。

ビジネスでの挨拶回りの仕方

ビジネスの世界では挨拶周りの仕方のマナーが変わります。挨拶回りの事前準備から挨拶の仕方などについて進めていきます。

挨拶回りに行く前のアポイントのとり方

ビジネスで挨拶回りに行く前には、必ず訪問先の会社にアポイントを取ることが大切です。アポイントのとり方にもマナーがあります。まず、相手が忙しい時間帯は避け、一週間前遅くても3日前までに連絡をいれます。

挨拶回りに行く日程打ち合わせのマナー

挨拶回りに行く日にちは相手の都合を優先します。どうしても、自分の都合と合わないときは、現段階での都合の悪い日を確認し一旦電話を切り、調整して掛け直すのが礼儀です。日程が決まったら復唱して確認します。最後に時間を割いていただいたことへの感謝の言葉を添えます。

営業での挨拶回りの準備

営業での挨拶回りの基本は事前準備を怠らないことです。訪問の日時、場所、連絡先、地図の確認をし、書類が必要なときは準備を念入りに行います。必ず挨拶回りの当日は、先方に10分前に着くようにし、遅刻で会社のイメージを崩さない心がけが必要です。

営業の挨拶回りの手土産の渡し方

ビジネスでの挨拶回りに持参する手土産は、事前に準備をしておきます。会社の人たちが食べられるような小分けにされたお菓子が喜ばれます。手土産を渡すタイミングは、名刺交換のあとで「よろしかったらどうぞ」と言って渡します。

営業の挨拶回りの仕方

約束の時間に訪問先の会社の受付に行きます。受付で会社名、名前、約束の有無について伝え取り次いでもらいます。担当者が来るまで座っていたら担当者が現れた時点で立ち上がり挨拶をします。相手が座るように誘導してから「失礼します」と挨拶をし、腰をかけます。

営業の挨拶回りに行くときのマナー

挨拶回りで訪問先の会社でお茶を出されたとき、蓋を両手でとり、蓋の裏面を上にしておきます。お茶をいただく時は左手を湯呑の底に添えます。女性の場合でしたら、湯呑についた口紅を指で拭き取ることが挨拶回りのマナーです。

挨拶回りでの挨拶の仕方

担当者の人が「おまたせしました。本日はわざわざお越しいただきありがとうございます。」と切り出されたときは、「こちらこそお忙しい中、時間をとっていただき、ありがとうございました」と挨拶をします。帰り際も「本日は、貴重な時間をありがとうございました」と挨拶をするのが基本です。

挨拶回りでの服装のマナー

挨拶回りでの服装は、その人の品格を表すのでとても大切です。ビジネスでの挨拶回りの服装でのマナーは会社のイメージにも直結します。そこで、一般的な挨拶回りとビジネスでの挨拶回りの服装をみていきます。

挨拶回りの服装の基本

挨拶回りでの服装で気をつけたいことは、服にシワやシミ、汚れがないこと、下着のライン、色が見えていないこと、胸元が空きすぎた服でないこと、かがんだ時に下着が見えていなこと、派手すぎないことが基本です。

次のページ:結婚での挨拶回りの仕方

初回公開日:2018年05月01日

記載されている内容は2018年05月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests