Search

検索したいワードを入力してください

「ご挨拶」の敬語表現・ご挨拶の使い方と例文・別の敬語表現例

更新日:2022年06月23日

社会人となれば必要になるのが、正しい敬語表現です。特に「挨拶」の敬語表現はよく使用されますが、実際問題苦労しているのではないでしょうか。ここでは「挨拶」の敬語表現や、ご挨拶の使い方と例文・別の敬語表現例を勉強していきましょう。

「ご挨拶」の敬語表現

「ご挨拶」という言葉はかしこまった場において多くの機会で使う事のある言葉であると言えます。そんなかしこまった場において、失礼な言い方をしてしまったら多くの人の場で大恥をかいてしまう事も起きてしまうかも知れません。そうならないためにも、普段から言葉遣いには気を遣って過ごすことが大切にもなってきます。

コミュニケーションを取るからには円満に気持ちの良い関係を築いていきたいものでしょう。大恥をかいてから後悔する前に、言葉を適切な敬語表現で伝えられるように心がけていきましょう。「ご挨拶」という言葉を用いて、どのように適切な敬語表現で伝えることができるのか考えていきましょう。

丁寧語

敬語において一番取り掛かりやすい丁寧語から話を進めていきましょう。丁寧語で「ご挨拶」を表現する際はどのように表現することができるでしょうか。「ご挨拶」という言葉自体、「挨拶」に「ご」が付いているので丁寧語表現であると言えます。

文章として相手に伝えるには「ご挨拶~ます」という形が一般的に使われやすい敬語表現です。丁寧語で伝えるには目線が同じかあるいはこちら側が上の場合に、相手に使っても失礼には当たらない言葉遣いになってきます。

尊敬語

相手主体で「ご挨拶」という言葉を使う際には尊敬語で「ご挨拶される」「ご挨拶なさる」という表現を用いることで尊敬語として相手に伝えることができます。それぞれ使われ方としては、「校長先生からご挨拶されます」と第三者に対して校長先生を持ち上げた言い方で伝えることができる言葉遣いにもなります。

その言葉以外にも「校長先生は昨日もご挨拶なさっていました」と言うように校長先生を持ち上げた言い方として表現することができます。「挨拶」という言葉自体を変えなくても、動作を示す「する」を「される」「なさる」と表現を変えることで尊敬語として相手に伝えることができます。

謙譲語

相手を主体とする尊敬語に対してこちらを主体とする謙譲語表現では、「ご挨拶させて頂く」というようなこちら側の動作を謙遜した言い方にすることで相手に謙譲語として伝えることができます。「ご挨拶」自体はこちらが相手に対して行う動作であれば「ご」とつけても何も問題にはなりません。

この「動作の向かう先」を間違ってしまうと、自分の動作に対して丁寧な表現として相手に伝えてしまう事になってしまい、意思疎通がうまく取れなくもなってしまいます。動作を謙譲語で表すことで「ご挨拶に伺います」のように謙譲語表現として相手に伝えることが可能になります。

「ご挨拶」の敬語での使い方

簡単に「ご挨拶」を敬語表現として相手に伝えるやり方が伝わって頂けた事でしょう。ここからはさらに深く、敬語とは何かと言う所から進めていきます。しっかりとした基礎を身につけてることで、相手に伝わり切れなかった場合も適切な言い回しで相手に伝えることが容易にもなってきます。

相手に不快感を与えないように心がけることも、コミュニケーションとしての思いやりでは大事になってきます。相手に合わせたコミュニケーションをできるように敬語についての理解を深めていきましょう。

敬語の種類

冒頭でも触れたとおり、敬語には「丁寧語・尊敬語・謙譲語」の3種類があります。それぞれしっかりとした定義分けがされています。丁寧語では単語頭に「お・ご」を付けて単語を相手に丁寧に表現することができ、語尾に「ですます」を付けることで言葉全体に柔らかい印象を与えることができる言葉遣いとなります。

丁寧語だけでは相手と目線は同じかこちら側がそれより上の目線にもなりかねないので、目上の方やビジネスシーン、シリアスな場面では尊敬語と謙譲語を駆使して使い分ける必要が出てきます。言葉の主体が相手側であれば尊敬語を使い、こちら側であれば謙譲語を使ってこちらを下げる言い方をすることで相手を上にすることができます。

使い方

敬語とは何かを復習したところで、どのように「ご挨拶」を敬語表現として使う事ができるのかを再度考えていきましょう。コミュニケーションは口頭で伝えることが主であるので、口頭で伝えることをまずは考えていきましょう。

相手と立場が対等かあるいはこちら側がそれ以上であれば丁寧語で「ご挨拶とします」でも相手に伝えることはできます。しかし目上の方やシリアスな場で「ご挨拶」と使う事が多いので、やはり尊敬語・謙譲語を主に使う事が望ましくなってきます。

メールでの使い方

メールで相手に使う際は感情が相手に伝わりにくいので言葉遣いには充分に気をつける必要があります。その際、相手の状況もわかりにくいので挨拶から入り、唐突に「ご挨拶に伺いたく連絡いたしました」というような内容を送らないように注意をすることも必要です。

相手に不快感を与えないためにも、敬語を使い分けることは必要ですが、こちらからの第一報メールであれば相手の出方もその場の流れというのもわからないので、尊敬語・謙譲語表現を適切に使い分けて見やすく、丁寧な言葉遣いを心がけて伝えられるようにしましょう。

ビジネスでの使い方

ビジネスにおいて「ご挨拶」と使うには言うまでもなく尊敬語・謙譲語を主に使うようにしましょう。お友達ではないので丁寧語で相手に「ご挨拶します」なんて伝えることはやめましょう。相手に押し付けにならないように「ご挨拶に一度伺いたいのですが」と言うように日程を相手と相談することも大事になってきます。

いくら言葉遣いが丁寧であっても、事の流れが一方的であればそれはコミュニケーション上手とは言いにくいものとなってしまいます。ビジネスでは相手があってこその関係ともなりますので、相手を尊重し、話し合いを進めることが成功の鍵とも言えることでしょう。

次のページ:「ご挨拶」を敬語表現するときの例文

初回公開日:2018年04月10日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests