Search

検索したいワードを入力してください

「ご挨拶」の敬語表現・ご挨拶の使い方と例文・別の敬語表現例

更新日:2022年06月23日

社会人となれば必要になるのが、正しい敬語表現です。特に「挨拶」の敬語表現はよく使用されますが、実際問題苦労しているのではないでしょうか。ここでは「挨拶」の敬語表現や、ご挨拶の使い方と例文・別の敬語表現例を勉強していきましょう。

「ご挨拶」を敬語表現するときの例文

敬語とは何かを考え、どのように敬語表現として「ご挨拶」を使う事ができるのかをより深く考えて来れたことかと思われます。では実際に日常的にどのように文章に起こす事ができるのか、相手に不快感を与えずに使う事ができるのかを考えていきましょう。

この言葉そのままでも相手に変に伝わる事のないような例文を挙げて、その時、その場で適した言い方として伝えることができるのかを考えていきましょう。フレーズから考えて言葉を選ぶという事も敬語をマスターする近道と言えるでしょう。

ご挨拶に伺う

相手に「ご挨拶」という言葉を伝えるにはやはり「こちらから挨拶に行く」という事が挙げられます。しかしそのままの表現で「こちらから挨拶に行かさせて頂きます」とは言いません。言葉として「行かさせて頂きます」は不自然な言葉になってしまいます。

「行く」の謙譲語表現が「伺う」とあるので、その場合は「こちらからご挨拶に伺います」と言うように敬語として表現することができます。「挨拶」は相手に向けて行うものであるの、でこの文章の場合は「ご挨拶」で正しい敬語表現であると言えます。

ご挨拶とさせて頂きます

この言葉も先程少し触れましたが、「ご挨拶とさせて頂きます」という言葉は式典でも使われることの多い言葉であります。この言葉は実際にも「挨拶を行っているのは挨拶している側なのだから「挨拶」に「ご」を付けるのは不適切なのでは」と思う方は少なくありません。

しかし、この文章での「挨拶」は告げた本人から「皆様への挨拶」という事になるので、「ご挨拶」という表現で何も問題はないものとなります。どんな話題であれ、「挨拶」という言葉は相手がいてこその言葉でもあるので「ご挨拶」と言うように言い表すことができます。

「ご挨拶」の別の敬語表現例

「ご挨拶」という言葉を用いて、相手に文章として伝えることもそこまで難しくはなくなってきたことでしょう。では「ご挨拶」という言葉を用いずに相手に同じようなニュアンスで伝えられる言葉はあるのかを考えていきましょう。挨拶は前置きとも言われるような話をされてから結果論として「挨拶」と受け取られるような場面もあります。

相手により深く伝えることができるように、「ご挨拶」以外にも似た表現をもつ言葉を知り、敬語だけでなく言葉自体を選び、使い分けられるようにしていくこともコミュニケーションにおいて大切になってきます。

お辞儀

意外な言葉かも知れませんが「ご挨拶」という言葉以外に同じようなニュアンスを含む言葉に「お辞儀」という言葉があります。「ご挨拶」と全然違うのではないかと思われる方も多い事でしょう。そのとおりではありますが、「お辞儀」には「挨拶」とは切っても切れない程の関係が深い言葉でもあります。

「お辞儀」とは感謝や敬意を込めて腰を曲げる行為の事を指しますが、感謝や敬意の他にも「挨拶」が含まれています。行動のみの挨拶を「お辞儀」という言葉で表現することができるという訳です。逆に、「挨拶」にも「腰を曲げて相手に敬意を表す行為」を含むという事にもなります。

「ご挨拶」という敬語は自分に向けて使っても良い?

この事は非常に多くの方で戸惑われている問題ではありますが、相手が挨拶をする時とこちら側が挨拶をする時とを比較して考えてみましょう。相手がこちらに挨拶をしてくれた際はこちら側に「挨拶を」なので謙譲語表現で「ご挨拶頂き、」と言うように表現することができます。

そして、こちら側から相手に挨拶をする場合も「させて頂く」なので謙譲語表現という事になります。相手からこちらにでも、こちらから相手にでも「挨拶」は相手がいてくれて成り立つものなので「ご挨拶」と使っても何も問題はありません。

しかしこちらをあからさまに敬えとの「ご挨拶なさってください」は不適切になります。「指摘」という事になりますのであまりにもストレートに言ってはその場を悪い空気とさせてしまいかねないので、「一言お声かけ頂いても」と言うように促すことも技になってきます。

適切に「ご挨拶」を使いましょう

命令になりかねない範囲であれば「挨拶」をしてくれた相手に対しての敬意としての丁寧語を使う事ができます。自分に向けて挨拶が欲しかったという事でも「ご挨拶頂ければ」と言うように言い表すことができます。基本的に相手を敬っていれば「挨拶」に「ご」はついてしまう事の多い言葉になってくることでしょう。

初回公開日:2018年04月10日

記載されている内容は2018年04月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests