Search

検索したいワードを入力してください

仕事を丸投げする人の特徴とは?心理状況や適切な対処法も解説

更新日:2022年09月22日

上司が仕事を丸投げする人だった場合、その行動に耐えられないときに行うことについてご存知でしょうか。この記事では、仕事を丸投げする人の基礎知識から、丸投げする人がいたときにどうしたらいいかなどについて紹介します。興味のある方は、チェックしてみて下さい。

期限ギリギリに提出する

仕事を丸投げする人から回された仕事は優先的に取り掛かる必要はなく、期限さえ守ればギリギリの提出になっても構わない気持ちでいることが重要です。

丸投げされた仕事から優先的にこなすようになると、「やることがない」「仕事が暇」と思われてしまうため、丸投げされた仕事は後回しにすることをおすすめします。

仕事を請け負う際は提出期限を明確にし、すぐには取り掛かれないことをはっきりとした態度で伝えられると今後の対策にもなるでしょう。

信頼できる先輩・上司に相談する

仕事を丸投げしてくる上司と話し合っても問題が解決できない場合は、信頼できる先輩や別の上司に悩みを相談してみると良いアイデアが生まれる可能性があります。

同業者であれば同じような悩みを抱えた経験があるでしょうし、人生の先輩に相談することで適切な対処法を授けてもらえるかもしれないため、機会があれば遠慮なく話を聞いてもらいましょう。

精一杯努力してみる

上司から仕事を丸投げされたのは、優秀な人材として信頼されていることが理由として考えられるため、チャレンジするつもりで精一杯努力してみるのも1つの方法です。

失敗してしまうかもしれませんが、もとは別の人が担当する仕事だったものを代わりにすることで、期待に応えられた際の評価アップはかなりの価値があるでしょう。

仕事の丸投げに耐えられない時に行うこと

本来の自分の通常業務に集中できないほど上司からの仕事の丸投げにストレスやプレッシャーを感じているなら、環境を改善させられるよう行動しましょう。

改善策には今の会社に残る方法と、転職する方法があるため、無理なくできるものを参考にして下さい。

ここでは、仕事の丸投げに耐えられない時に行うことについて紹介します。

社内での異動を希望する

仕事を丸投げしてくる上司と話し合っても状況が変わらないようであれば、思い切って部署異動を希望してみる方法があります。

上司ではなく会社に希望を出すことで真剣に検討してもらえる期待が持てますし、主張を続けることで本当に部署異動が実現できる可能性もあります。

意欲をもって働けるのであれば、今の部署にこだわる必要はないでしょう。

直接上司と話し合う

1日に何度も仕事を丸投げしてくるような酷い状況なら、丸投げしてくる上司と直接話し合って原因や理由、解決方法などを明確にしましょう。

上司と話し合うには勇気がいるため行動に移すのは難しいかもしれませんが、正当な主張として毅然と伝えることで改善される可能性はあります。

指示を出して欲しいことや頻度を少なくするなどの改善案を提案してみましょう。

転職を検討してみる

仕事を丸投げしてくる上司と直接話し合っても改善せず、会社に部署異動を希望しても状況が変わらないようなら転職を視野に入れて検討してみましょう。

ストレスを抱えたまま仕事をしても本来の自分の業務に支障が出てくる可能性があるため、それらの心配を払拭するために新しい環境で働くことも選択肢に入れて考えてみましょう。

仕事を丸投げする人の特徴・心理を理解して上手く対処しよう

この記事では、仕事を丸投げする人の特徴・心理などについて紹介しました。仕事を丸投げされて困った経験がある方や丸投げされたときの対処法を知りたい方は参考にして下さい。

仕事を丸投げする人には本人なりの問題や悩みを抱えているため、断るとしても関係が悪くならないような態度で対応しましょう。

仕事を丸投げする人の気持ちを理解して、無理なく上手に対処できるようになりましょう。

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests