Search

検索したいワードを入力してください

面接の「最近感動したことは?」という質問の回答例【例文あり】

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2020年05月26日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

最近の就活では、エントリーシートや面接で、「最近感動したことは?」と問われることが多くなってきました。感動したことを伝えるために、アルバイトやボランティアを想像するかもしれません。しかし、それだけでは不十分です。しっかり準備をしましょう。

面接で「最近感動したこと」はよく聞かれる

最近就活中において、面接で「最近感動したことは?」ということを聞かれることを知っていますか?最近では、「最近感動したことは?」を聞かれることは多くなっています。

学生時代に感動したことや、子供時代の感動話を聞くことで、就活生の様々な情報を引き出そうとしています。感動したことは、必ずしも大きな出来事だけでなく、自分がとるに足らないと思っていることでも「自分らしさ」をアピールできるいいチャンスになりえます。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図

最近面接で増えている「最近感動したことは?」という質問ですが、いったいどんな意図があって、面接官はこの質問をしているのでしょうか?

面接官は、就活生の質問を受けた時の反応や、就活生の本質を聞いてこようとします。ここでは、面接官がなぜ「最近感動したことは?」という質問をするのかについて、紹介します。

ここで、押さえておきましょう。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図1:人間性を確認するため

まず、一つ目が「人間性を確認するため」です。人間性って何?と思いますよね?いったい面接官が人間性のどこの部分を見て、評価するのでしょうか?

面接官が評価する人間性は、「これまでどうやって育ってきたか」ということです。どんな経験をしてきたのか?をチェックしています。会社に勤めるためにはスキルも必要ですが、人間性も重要になります。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図2:普段の生活態度を知りたい

面接官は、どうやって就活生の生活、今までの生き方を確認するでしょうか?そのために、面接官は様々な質問をします。「最近感動したことは?」も、その意図で質問をしています。

「最近感動したことは?」という質問をする理由の一つに、「普段の生活態度を知りたい」という理由があります。面接官にとって、就活生については分からないことだらけです。なので、このような質問をします。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図3:周囲に気を配れるかどうか

面接官が知りたいことの3つ目として、周囲に気を配れるかどうかがあります。というのも、会社で働くことになると、チームとして働くことが多くなります。なので、足りない部分をお互いにカバーしあえる人間性かどうかを確認します。

面接官はそれが知りたいので、「最近感動したことは?」という質問をします。「最近感動したことは?」という質問をすれば、その人が普段周りを気にかけているかを確認することができます。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図4:対応力を見たい

面接官が「最近感動したことは?」と質問する4つ目の理由が、質問されたときに黙り込まずに、どういった対応をするのかを知りたいからです。

面接官は、「最近感動したことは?」を質問することで、就活生の対応力を見ます。なぜ、「最近感動したことは?」で、就活生の対応力が見れるのでしょうか?なぜなら、優秀でない人は普段言葉にしないことを問われたときに、素早くこたえることがなかなかできないからです。

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図5:就活生の志向性を見たいから

面接官が「最近感動したことは?」と質問する意図の6つ目が、就活生の志向性を見たいということです。

「何に感動するか?」、「どうして感動するのか?」は人によって千差万別です。その内容も大事ではあるのですが、「面接官は就活生が優秀であるかどうか?」も見ていますが、「就活生が自社に合うかどうか?」も見ています。

「最近感動したことは?」の回答の作り方


  • まずは話すことを探す

  • 今までで「学んだこと」を掘り起こす

  • 中心を「学んだこと」に定めて話の流れを作る

  • 結論から話す

  • 裏付けのエピソードを加える

  • 思いつかなければ自分の好きなものを選ぼう

「最近感動したことは?」という質問に対して、どうやって回答を作っていけばいいでしょうか?ここでは、上に挙げた6つを紹介していきます。

まず、「まずは話すことを探す」ですが、今まで行った経験から話題にすることを探します。次に、「今までで学んだことを掘り起こす」ことで、話したいことが見つかりやすくなります。そして、「学んだこと」を定めて、話の流れを作ったら、具体的なエピソードをつけ、結論から話すことが重要です。

見つからなければ、自分の好きなことから感動が得られていないか探してみましょう。

「最近感動したことは?」の回答のポイント


  • 会社に合わせた回答を用意しよう

  • 自分の納得できるエピソードを作ろう

  • 感動したものを言語化しよう

では、回答をするときのポイントはいったい何なんでしょうか?

それが、上に挙げた3つです。

「会社に合わせた回答を用意しよう」ですが、できれば面接官に評価される回答を用意したほうがいいです。

「自分の納得できるエピソードを作ろう」ですが、面接官にいいように見せれればいいですが、なかなか自分に嘘はつけません。自分の好きな経験を選ぶのがいいでしょう。

「感動したものを言語化しよう」ですが、言葉にすることに慣れておけば、面接で聞かれても大丈夫でしょう。

Latests