Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月09日

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

空港内で乗客たちの案内係をするグランドホステスという仕事に注目が集まっています。どのような仕事で、どうすればなれるのでしょうか。グランドホステスの業務内容、給与所得、最低限とらなければならない資格について、細かく説明します。是非参考にしてみてください。

グランドスタッフとは

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

国際関連の仕事として、近年のなりたい職業でグランドスタッフ人気が高まっています。グランドスタッフとは空港で、旅行をするお客様たちのために仕事をする人たちのことです。

日本の航空会社として有名なのは、ANAとJALですが、両社ともグランドスタッフを雇用して、空港で業務を行っています。客室乗務員とは違い飛行機に乗ることはありません。空港内において、お客様たちと直接に会話を交わして働く仕事です。

グランドスタッフの仕事の詳細4つ

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

ここからは、グランドスタッフの主な仕事とその詳細をご紹介していきます。グランドスタッフとはどのようなものなのか、また空港で働きたいけれど何をする仕事があっているかわからないという方は参考にしてみてください。

詳細1:仕事内容

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

この項目ではグランドスタッフの仕事内容について詳しくご説明していきます。空港にいるスタッフは以下のような仕事をする人に分かれています。

グランドスタッフの主な業務内容は、チェックインカウンターでのお客様のためのチェックインです。これをカウンター業務と呼びます。発着ゲートにおける旅行客への業務をトラフィックと呼びます。さらに、ラウンジにおける一般業務があり、これをラウンジレセプションと呼びます。

カウンター業務

カウンター業務はもっともお客様との交流が多い業務であるといえます。空港業務はフライトダイヤを円滑に実行することとお客様が快適に過ごせることを同時に実現しなければならない仕事です。

カウンター業務をしているグランドスタッフは、皆さんも空港を利用するときに必ず目にしていることでしょう。チケットの発券を行ったり、総合カウンターでインフォメーション係をしているグランドスタッフはカウンター業務の担当です。

荷物受け取り業務

機内に持ち込みをすることができない荷物を預け入れた経験のある人は多いでしょう。荷物を預ける際に、対応してくれているグランドスタッフは荷物受取り業務をしているスタッフです。

荷物受取り業務と言っても、ただ荷物を預かるだけではありません。違法なものを持っていないかどうか、安全なフライトが実行されるように荷物の積み方を調節すること、迅速な運び入れができるようにすることに細心の注意を払っています。

搭乗口での案内業務

いよいよ飛行機に乗り込むという時に登場案内やチケットのチェックなどの案内をしているのも、グランドスタッフです。フライトが予定どおりに進むように、効率的な搭乗を実現しているのはこのグランドスタッフのおかげです。

プレミアムメンバーの優先搭乗であったり、体の不自由な人の優先搭乗は搭乗時間を短縮する重要な仕組みとなっています。このグランドスタッフの働きのおかげでスムーズに飛行機に乗ることができています。

到着時の荷物の取り出し

目的地に到着した時に荷物の取り出しを行うのもグランドスタッフの役割です。飛行機から迅速に預け入れ荷物を運び出し、いち早く適切な受取レーンにアレンジするという業務をしています。

このように出発側と到着側のグランドスタッフの働きがあって、私たちは荷物を安全に持ち運ぶことができています。日本のグランドスタッフの対応は丁寧だと世界的にも有名です。

詳細2:勤務時間

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

グランドスタッフの勤務時間は、普通のサラリーマンのように9時から5時までという訳にはいきません。なぜなら、特に国際便では真夜中に出発するような便があったり、早朝に到着する便があったりするからです。

それに伴ってグランドスタッフはすべての飛行機が安全に出発、到着できるように配置されている必要があります。シフト制になっていて、時には夜勤や明け方までの勤務になることもあります。

詳細3:休日

グランドスタッフの休日は、勤務時間と同じように普通の会社員のようには土日祝は休みというわけにはいきません。土日祝日は特に飛行機を利用する人も多くなるので運休にするわけにはいかないからです。

これは航空業界だけでなくすべての公共交通機関に言えることですが、時には土日祝日にシフトが入ることもあります。従って平日に休日をとる人もいるのがグランドスタッフの特徴です。

詳細4:待遇

グランドスタッフの職業としての待遇を見ていきましょう。雇用形態や給与、福利厚生などは、会社で働こうとするときには絶対に気になることです。

空港で働くというきらびやかな印象だけでグランドスタッフを自分の仕事と決めてしまうと後から予想外の事実に驚いてしまうこともあるので事前にしっかりと確認しておきましょう。

契約社員と正社員

グランドスタッフには契約社員と正社員の2つの形態があります。契約社員とは、その働いている空港とは別の会社に所属していたり、期間限定の契約で雇われているグランドスタッフのことです。

正社員はその空港に努めている人であり、会社員のような扱いになります。同じ空港、同じ部署で働いているグランドスタッフでも、その空港の正社員の人もいれば契約社員の人もいます。

給与

一般的には、最初は正社員の初任給として、10万円台後半が相場だといえます。年収にすると、大手航空会社での勤務で、300万円から400万円程度です。子会社勤務で派遣される形で、200万円から350万円ほどが相場といえます。

また専門の資格をとり、役職を得ていけば、さらなる給与アップが望めます。また、シフト性をとっているために、多く勤務されたグランドスタッフの方のほうがもらえる給料額は多くなります。

福利厚生

どの会社に所属するかによっても給与額や福利厚生には誤差が生じますが、普通のサラリーマン並みだと認識するのがよいでしょう。福利厚生としては、固定給料以外に、賞与、深夜勤務手当、休日出勤手当、通勤費、住宅手当などが支給されます。

空港周辺は住宅がない場合が多いので、社宅を提供される場合も多いです。この場合は借り上げのマンションを格安で借りることができます。

働きやすい職場探しにおすすめのサービスはこちら

グランドスタッフと一言で言っても、働く空港によって待遇が異なります。そして、実際に一緒に働く人たちの人柄によっても仕事に対する気持ちは変わっていくことでしょう。

ニクリーチは、就活生側と企業側が同じ食事を囲みながら、よりフランクに話し合える機会を提供する就活マッチングサービスです。堅苦しい就職活動から離れて、より本当に働きやすい職場を探してみませんか。

グランドスタッフになるためのステップ3つ

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

グランドスタッフになるためには何をしたら良いのでしょうか。グランドスタッフになるために踏まなければならない3ステップがあります。

これから空港で働きたいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。学校を選ぶためには、まず自分に必要なスキルが何であるか把握することが大事です。グランドスタッフは専門職ですから、グランドスタッフになるためにはまずはそれを学ばなければなりません。

ステップ1:大学・短大・専門学校に行く

グランドスタッフになる人の多くは、大学の英文科を卒業されている方が一般的ですが、専門学校卒でもグランドスタッフになれます。

大学卒ではなく専門学校卒で多くの人が客室乗務員やグランドスタッフの職に就いています。

はっきりとグランドスタッフを希望しているのであるならば、専門学校に通えばよいですし、ぼんやりとした形で航空関連の業務に就きたいならば、四大の英文科に進路をとるのがベストな選択と言えます。

エアライン系の専門学校の場合

エアライン系の専門学校へ行くのは、より人生の早い段階でグランドスタッフになることができる効率的な方法であるといえます。

専門学校は大学のように必須単位によるカリキュラムの制限がありませんので、純粋にグランドスタッフになるための技能だけを身につけることができます。

また、2年で卒業できるのもグランドスタッフへの一番の近道です。英語力や旅客部業務責任者資格や国際線発見業務資格を取ることができます。

一般の大学・短大・専門学校の場合

一般の大学や短大では「エアライン科」を設けている大学があるのでその学科に入学するようにしましょう。エアライン以外の専門学校としては、バスガイドや運輸関係など観光系の専門学校を選択しましょう。

グランドスタッフになるためには、特殊な免許が必要であることに加えて接客マナーや、女性であればメイクのスキルなどもに見つける必要があるのでこれが習得できるところを選びましょう。

語学力も必要

グランドスタッフになるには、英検の2級以上所持者、またはTOEICで600以上のスコアを所持していることが求められます。ここからは必須ではありませんが、持っていて損ではない資格を紹介します。

AXESS検定というものがあります。これは航空会社や旅行会社が使用しているシステムについての資格です。グランドスタッフになると、このシステムを使用することになりますので、持っていれば有利です。

ステップ2:就職活動をする

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

グランドスタッフになるために必要なスキルを身につけたら、就職活動をしましょう。グランドスタッフは空港で働く人なので空港に就職するしかないと思われがちですが、他にもさまざまな形態があります。

空港だけでなく、ANAやJALなどの航空会社に就職する人もいます。また、空港や航空会社だけでなく派遣会社に就職して勤務先を定期的に変える人もいます。

航空会社

インターネット上には航空会社グループのサイトがあり、採用情報が掲載されています。エアラインの月刊誌には採用選考の時期に、募集要項が掲載されますから、それもチェックしましょう。

外資系のエアラインの場合は、不定期採用が多いです。こまめに就職を考えている航空会社のサイトをチェックすることをこころがけましょう。

航空会社から内定を貰えずとも、その航空会社に関連する子会社に志望届を出してみましょう。

グランドスタッフの派遣会社

グランドスタッフの派遣会社も随時スタッフを募集している場合が多いです。

派遣会社の場合は新卒一括採用ではなく、不足したスタッフを補充するというやり方での採用が主流です。常に最新情報を追っておくことが重要です。

ステップ3:入社・配属

就職活動を乗り越えて入社が決まれば、あとはどの業務に配属になるのかを待つだけです。

グランドスタッフの業務スタイルとしては、4月から終業開始ではない場合もあるので注意しましょう。

グランドスタッフは空港の人気職種

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

お客様に最高のおもてなしをするグランドスタッフは、空港業務の中でも人気の高い仕事です。

特に日本のグランドスタッフのおもてなしの質は世界最高峰と言われています。憧れの仕事を自分でやってみませんか。

空港や旅に関する仕事

グランドスタッフの仕事の詳細4つ|就職するための3つステップ

グランドスタッフ以外にも航空関係の仕事はたくさんあります。

機内でおもてなしをする客室乗務員も人気のある仕事です。また、管制官も映画などでクールに描かれることが多いこともあり人気があります。併せてチェックしておきましょう。

Related