Search

検索したいワードを入力してください

彫金師の仕事内容・なるには・給料と年収・資格は必要?

初回公開日:2017年08月10日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

皆さんは「彫金師」という職業を知っていますか?おそらく、あまり聞きなれない職業だと思います。しかし、実はこの彫金師という職業は非常に魅力あふれる職業なんです。今回は、そんな彫金師という職業に注目し、その主な仕事内容や収入事情について詳しくご紹介していきます。

先ほど彫金師の平均年収についてご紹介しましたが、実は彫金師の年収には人によって大きな幅があるんです。

彫金師というのは、アーティスト・職人業の一種なので、その実力や腕前によって収入が大きく左右されます。実際に、彫金師の方に多い月給の金額はだいたい20万円~50万円とされており、その彫金師が作り出す商品や、提供する技術力の高さが認められるほど、平均年収である420万円よりもさらに高い収入を得ることができます。逆にその技術力が認められないと収入が低くなってしまうということもあります。

彫金師にボーナスはない!?

続いて、彫金師のボーナス事情について見ていきましょう。

一般的に彫金師という職業にはボーナスは存在しません。彫金師に限らずアーティスト・職人業の仕事にはボーナスがない職業がほとんどです。しかし、宝石メーカーの会社などであれば彫金師でもボーナスが出る企業少なからず存在します。とはいってもアーティスト・職人業以外の他の職業と比べると、ボーナスでもらえる金額は少なめです。

彫金師だから味わえる!

最後に、彫金師という職業のやりがいについてご紹介していきます。

彫金師という職業は、数ある職業の中でも特にやりがいを感じられる職業の一つと言えます。その理由は、「達成感」と「満足感」。彫金師ならではの大きな特徴である、お客様や依頼者と一緒になって、一つのものを試行錯誤しながら完成させていく過程が大きく関わっています。この過程においては、彫金師とお客様とのお互いの意思や考えが上手くかみ合わないことが当たり前のように起こります。しかし、そこを乗り越えてお互いが納得いくものを完成させたときの達成感は非常に大きいものです。

さらに、お客様から彫金師に制作依頼が届くものの中には、結婚記念のギフトや指輪など、そのお客様にとって、一生の思い出になるものやお祝いの際に使われるものが多くあります。そのため彫金師というのは、お客様の喜びや満足感を近い距離で感じることができる職業でもあるのです。こういったことから、彫金師というのは非常にやりがいを感じることのできる職業であるということがわかります。

人と幸せを共有出来る職業

いかがでしたでしょうか?今回は、彫金師という職業に焦点を当てて、その主な仕事内容や収入事情について様々な観点からご紹介してきました。

彫金師という職業はとにかく、お客様のことを幸せにし、その幸せを自分も身近なところで共有することができる職業です。非常に魅力的な仕事に間違いないので、少しでも興味のある方はぜひより詳しく彫金師について調べてみてはいかがでしょうか。

Latests