Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月13日

クリエイティブな仕事の種類と仕事内容|未経験でもなれる?辛い?

「クリエイティブ」な仕事と言われて、どのような仕事を思い浮かべますか。広告業界やメディアなど、華やかな職業をイメージするでしょう。実際の「クリエイティブ」な仕事とはいったいどんなものなのか、さまざまな職種や、仕事内容などを紹介していきます。

クリエイティブって?

クリエイティブな仕事の種類と仕事内容|未経験でもなれる?辛い?

「クリエイティブ」って聞いたことがありますか。耳にしたことがあっても、説明は難しいものです。そもそも「クリエイティブ」ってどういうことなのでしょうか。

「クリエイティブ」とは、「創造性、創造的である・作ることのできる能力または力を持つ」となっています。ただこれだけ言われてもピンときません。「クリエイティブ」の意味には「 広告制作物・広告制作者・制作部門」というのもあり、一般的に広告業界のお仕事といったイメージでしょう。

なにかを「創造」する仕事をしている人はすべてクリエイター、「クリエイティブ」職ということなります。では、実際にどんな職業の人のことをいうのでしょうか。「クリエイティブ」な仕事について紹介していきます。

クリエイティブな仕事の種類

クリエイターや「クリエイティブ」職と呼ばれる仕事はたくさんあります。それぞれ仕事内容、勤務形態、必要なスキルなど異なります。まず、どのような職があるのか紹介したいのですが、これが大変です。ざっと数えてみただけでも、50種類以上の「クリエイティブ」職と呼ばれるものがあります。

まずは、Webデザイナーやイラストレーター、グラフィックデザイナーなどの「クリエイティブ」職が頭に浮かぶ人が多いでしょう。他にも、プログラマーやゲームプランナー、システムエンジニアなども耳にしたことのある「クリエイティブ」職です。

まだまだあります。編集者やコピーライター、小説家、漫画家、ウエディングプランナー、建築士、インテリアコーディネーター、イベントプランナーなどなど、数え上げたらきりがありません。これだけ多くの「クリエイティブ」職があるということです。

クリエイティブ職

クリエイティブな仕事の種類と仕事内容|未経験でもなれる?辛い?

「クリエイティブ」な仕事「クリエイティブ」職は、本当にたくさんの種類があります。これだけ種類があるということは、専門色が強い職業です。数ある「クリエイティブ」職の中から、いくつか紹介します。

イラストレーター

「イラストレーター」という職業は、聞いたことがあるという人は多いでしょう。実際はどのような仕事をしているのでしょうか。「イラストレーター」は、クライアントに依頼された要望に合ったイラストを作成するプロの絵描きのことです。

作成するイラストはポスター、カタログ、パンフレット、雑誌や書籍の挿絵や表紙などクライアントによってさまざまです。基本的にクライアントの指示に従ってイラストを作成するため、画力だけでなく、クライアントの要望をくみ取る能力が必要になります。

「イラストレーター」になるために特別な資格は必要ありません。ですが基礎的なデッサン力などは必要になるため、専門学校や美術系の学校で学んでおくといいでしょう。

Webデザイナー

「Webデザイナー」は、クライアント(企業や個人)の依頼を受け、Webページの制作のデザインをする仕事です。仕事の範囲が幅広く、ホームページのデザインだけでなく、ロゴやアイコンのデザイン、画像処理、写真加工なども行います。美しさだけでなく、使いやすいデザインを求められるため、細かな調整を行わなくてはならない根気のいる職業です。

Webデザイナーになるために特別な資格はいりませんが、ある程度Web関係の知識やスキルが必要になるので、専門のスクールなどで、基礎知識などを学んでおくといいでしょう。また、クライアントの要望に沿ったWebサイトを作るために、打ち合わせを繰り返す必要があるため、デザインやプログラミングの能力以外にも高いコミュニケーション能力が求められます。

イベントプランナー

「イベントプランナー」は、さまざまなイベントの企画・準備・運営を行う仕事です。

イベントといってもその種類は幅広く、販促キャンペーンのイベントやミュージックフェス、スポーツ大会などいろいろなものがあり、案件によって、「イベントプランナー」の仕事も変わってきます。規模の大きなイベントになると、複数の「イベントプランナー」がかかわることもあります。

「イベントプランナー」の仕事は、企画から始まり、会場の視察、イベントの構成、照明や音響、演出などの会場作りも行います。さらに、広告やパンフレットなどで集客を行い、各所のスタッフと共にイベントを作り上げていきます。「イベントプランナー」の主な就職先は広告代理店やイベント会社、PR会社などになります。

編集者

「編集者」は、雑誌や書籍の企画から編集までの作業を行う仕事です。最近は紙媒体だけではなく、電子書籍やWebサイトなどの電子媒体をあつかう編集者も増えてきています。編集の仕事は、読者にたいしてどのような企画が響くかを考慮し、それを具体的に誌面に落とし込んでいきます。

予算やスケジュールを調整し、ライターやカメラマンに仕事を依頼し、記事の材料を揃えていきます。そしてそれらの材料をデザイナーに手配し、紙媒体であれば印刷会社に発注するところまでを行うのが編集者の仕事になります。当然、編集者の就職先は出版社になります。

未経験でクリエイティブな仕事は可能?

クリエイティブな仕事の種類と仕事内容|未経験でもなれる?辛い?

最初はだれもが未経験者です。しかし、「クリエイティブ」職はスキルがないと務まらない仕事です。求人広告などを見てみると「未経験者歓迎」などと書かれていますが、とりあえず人材を確保するために書かれてあるのがほとんどです。

いざ仕事を始めてみると、自分の希望した種類の仕事ではなく、他の部署や雑用などをやらされて「何でも屋」のように扱われてしまうこともあります。やりたいことがあるのならば、専門学校などでしっかりと学びことが良いでしょう。

仕事は辛い?

どんな仕事でも辛いことはあると思いますが、「クリエイティブ」職は特にそのイメージが強い仕事です。その原因について紹介しましょう。まず「クリエイティブ」職といわれると、時代の先端を行くカッコイイ仕事と思われがちですが、以外にも「下請け」仕事が多い職です。

この「下請け」仕事が「クリエイティブ」職が辛いと思われる大きな原因の一つです。「下請け」仕事は下手をすると「いいように使われる立場」になってしまいます。納期や報酬で無茶を言われたりすることなども多々あります。そのため、長時間労働をせざるを得なくなったり、その割には収入が少なかったりと負の連鎖に陥ってしまいます。

有利な資格

「クリエイティブ」職につくために有利な資格というものもあります。資格がないといけないわけではありませんが、自分をアピールするために、資格があると有利になるでしょう。そんな資格について紹介します。

まず、デザイン系の仕事を目指している人におすすめなのが「色彩検定」です。デザイン系の「クリエイティブ」職はさまざまなありますが、センスだけでなく基礎知識をアピールするためには「色彩検定」は押さえておきたい資格です。

そして、印刷・メディア関係に関心がある人におすすめなのが「DTP検定」です。DTP検定は、印刷物のレイアウトや、カラーなどの処理に関する基礎知識が問われる検定です。三種から一種までのレベルがあり、最上位の一種はプロフェッショナルDTPと呼ばれていて、技術、知識、そしてセンスまで問われる高度な資格となっています。

クリエイティブな仕事について

クリエイティブな仕事の種類と仕事内容|未経験でもなれる?辛い?

さまざまな「クリエイティブ」な仕事について紹介してきました。高度なスキルなどを必要とする職業などもあり、辛いイメージがあることも理解していただけたでしょうか。しかし、「これだ」と思える職業であれば、いろいろなことを学んだうえで「クリエイティブ」な仕事を目指してください。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Related