Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月16日

正社員でも楽な仕事|楽な仕事ランキング・楽な仕事に転職するコツ

「楽な仕事」とは何でしょうか。世の中にどれぐらい「楽な仕事」があるのでしょうか。本当に「楽な仕事」って存在するのでしょうか。誰もが働くうえで「楽をしたい」と考えています。ここでは「楽な仕事」とはどんな仕事であるかを考えてみます。

正社員でも楽な仕事はあるか

正社員でも楽な仕事|楽な仕事ランキング・楽な仕事に転職するコツ

会社に正社員として勤めている場合は、賃金に見合った仕事をこなすので、決して楽な仕事ではない時もあり、多くの正社員は「もっと楽な仕事をしたい」と考えていることが多いです。

正社員でない場合では楽な仕事をしているかといえば、そうでない場合もありますが、正社員は楽な仕事はしていない事が多いです。では正社員で楽な仕事があるのかと考えると、はっきりとは言えません。

「楽」という考え方は、人それぞれであり、体が鍛えられた人は荷物を運ぶ仕事を、「楽」と考えますが、体が小さい人は荷物を運ぶ仕事を、「楽」と考えません。「楽」という考え方は人それぞれなので、判定は難しい場合もありますが、ここでは正社員で楽な仕事があるのかを考えてみます。

男女別正社員でも楽な仕事

男性の場合

正社員でも楽な仕事|楽な仕事ランキング・楽な仕事に転職するコツ

男性正社員の場合に「楽な仕事」というと、言われたとおりにデスクワークでノルマも納期もない仕事で、定時退社できる仕事になります。また力仕事でも言われたとおりにして、一日かけて一つのことをこなしていけば「楽な仕事」になります。

しかしこれらの仕事は会社から見れば、「お荷物な人材」であり、給料もそれなりにしか出ず、誰にも認められず、他の社員から冷たい目を向けられることになります。また正社員であっても、いずれは降格されてしまうことにもなりかねません。

男性の場合の「楽な仕事」は、会社という組織の中では決して認められるものではなく、また世間一般からは、「なまけもの」というレッテルを貼られてしまうことにもなり、人間性も疑われる結果になります。

女性の場合

女性正社員の場合の「楽な仕事」は男性と違い、会社勤めしている限りは事務系のデスクワークなどが多く、体に対して負担が軽く、生活に支障がない範囲で働くことができます。

男性と違い力仕事をしている女性はまだ少なく、力を使う部分で働く負担が少なく、男性から見た、「楽でない仕事」をしていません。これは男性と女性の力や体のつくりの違いであって、決して女性が劣っているということではないです。

男性から見た場合の「楽な仕事」は女性からすれば、「当たり前の仕事」であり、正社員として十分な働きをしているということです。しかしそれ以下の「楽な仕事」をしていると、会社から見れば、「お荷物な存在」になり、正社員であっても何らかの措置がとられることになります。

年代別正社員でも楽な仕事

若者の場合

若い世代は正社員として仕事も始めたばかりで、ブラック企業でなければ、そこまで負担になり仕事は与えられていない場合があります。しかし肉体労働なら、「楽でない仕事」をしている場合もあります。

現代の若者は「楽をしてお金が欲しい」という考えがある場合があり、正社員として現在働いている場合でも「楽をしていない」と感じています。若者にとって「楽な仕事」は「苦しくなく、辛くなく、干渉されない仕事」であり、何年も正社員として仕事をしてきた人から見れば、「何甘えたことを言ってるんだ」と思われます。

若者にとっての仕事はお金をもらうことが大事であり、正社員として仕事をして自分を磨くとか鍛えることは考えていない傾向があります。若者は働くことが嫌なわけではなく、自分に合わない仕事はしたくないだけです。

シニアの場合

シニア世代の場合はよほどのことがない限り、正社員として仕事をしていることはないですが、正社員として働いていたので、60歳を超える頃には「楽な仕事をしたい」と考える時があります。

60歳を超えると、それまでできていた肉体労働も徐々にできなくなってきて、デスクワーク中心の仕事をすることになります。そうなってくると現役時代と比べると、「楽な仕事」をすることになります。

もちろん60歳を超えても力仕事ができないわけではないですが、やはり若者と比べると体力などが落ちてきますので、現状の自分にあった仕事を探していくようになります。シニア世代は培ってきた経験で仕事をすることで、若者世代ににない仕事をするようになり、頭脳労働で仕事をすすめていくようになります。

学歴別正社員でも楽な仕事

高卒正社員の楽な仕事ランキング

1,地方公務員
地方公務員は、楽な仕事の部類になります。この仕事に就職するためには高学歴が必要だと思われていますが、実は高卒の採用枠も毎年4割近くはあります。

2,工場の生産管理
正社員の仕事は、工場の生産が予定とおりに行われているかをチェックすることが主です。マニュアルに従って決められた業務を毎日こなしていればよい仕事です。

3,警備員
百貨店やショッピングモールを始め、学校や企業のビル、美術館などの場所で監視カメラを使った巡視のほか、施錠や不審者がいないかなどの巡回警備をしています。

4,セルフ式ガソリンスタンドの店員
フルサービスのスタンドでは、店員は数多くの仕事をこなさなければいけませんが、セルフ式では全てお客自信がやってくれるため、監視カメラで眺めているだけのお仕事です。

5,長距離トラックの運転手
大手製造メーカーや商社から委託されたものを指定された日時までに輸送すればよいので、輸送中は常に自分だけの空間を築けます。運転手として働くには、大型運転免許証を取得しておかなければなりません。

大卒正社員の楽な仕事ランキング

1,地方公務員
地方公務員は最近は大卒を求めることが多くなってきて、大学の名前にもこだわっていないこともあり、大卒の就職としては楽な部類になります。採用枠も6割もあり、仕事もデスクワーク中心の場が多いです。

2,学芸員
博物館などに勤務している学芸員の仕事は博物館資料の研究・調査、収集・展示普及、保存・管理で、展示物の管理や運営などを行いますので、楽な仕事の部類に入ります。

3,特殊法人の事務員
一般の会社勤めの事務員は忙しいことが多いですが、特殊法人は財団法人などに比べて、仕事内容も多くないので、そこまで事務量は多くなくて、楽な部類に入ります。

4,霊園管理人
霊園管理を行います。繁忙期はお盆ですが、基本的に霊園の見回りや駐車場管理、案内が主務なので楽といえば楽な仕事になります。

5,サーバーの運用SE
サーバーの管理をする仕事で、トラブルが起きなければ、決まった時間に決まった作業を少しするだけです。シフト制だから時間になったら交代するので残業もありません。

正社員が転職で楽な仕事を探す為のコツ

正社員として働いていて、転職する場合に、「楽な仕事」を探すためには、どうすればいいのでしょうか。ここでは転職で「楽な仕事」を探すコツを考えてみます。

楽でない仕事を考えてみる

「楽な仕事」を考えるよりも、「楽でないと言われる仕事」を考えてみて、その仕事をしなければ良いと考えれば、「楽な仕事」に就けます。「楽でないと言われる仕事」は次のようなものがあります。

1,力仕事
体力によほど自信がある人以外は、ほとんどの人が避けたい仕事です。正社員として働いていても、仕事量や内容と賃金が合わない場合が多いです。

2,サービス業
サービス業は顧客を相手にするため、精神的ストレスが溜まりやすいです。正社員として働いていても、よほどの規模の会社でない限り、仕事量や内容と賃金は合わないです。

3,衛生関係
最近は水洗トイレで下水道も完備されて、糞尿汲み取りなどのバキュームカーを使う仕事は減っていますが、それでも下水道などの完備されていない所でバキュームカーの仕事はされています。賃金は普通より高いですが、やはり臭いなどの問題があります。

「楽でない仕事」のキーワードは、「きつい」「きびしい」「きけん」です。

楽な仕事は本当にあるのか

正社員でも楽な仕事|楽な仕事ランキング・楽な仕事に転職するコツ

「楽な仕事」といわれるものは、本当にあるのでしょうか。仕事は働いた功績に対して賃金をもらいます。確かに会社の規模によって同じ仕事をしても、賃金に差がある場合もあります。

「楽な仕事」を考えてしまうと、正社員として働ける環境から外れてしまう場合も出ますし、一生正社員になれないこともありえます。若いうちはまだ良いですが、結婚して家庭を持っても、正社員になれずに暮らしも楽にならない結果になる場合もあります。

仕事は決して楽ではありません。楽だと思える仕事も別の面から見れば、楽な仕事でない時もあります。「楽な仕事」を考えるなら、自分の能力を生かせて、働きやすい仕事が、「楽な仕事」ではないでしょうか。

Related