Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月15日

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADオペレーターの仕事の将来性とはどのようなものでしょう。色々な種類についてのCADオペレーターを記事としてまとめてみました。CADの仕事に興味のある方はこの記事を参考にして方向性を決めてみて実際の就職活動で参考にしてみるのも良いでしょう。

CADオペレーターの仕事の将来性

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADオペレーターの仕事の将来性は、かなりあります。あるメーカーで製品を開発して生産するのに必ず必要なのが、CADオペレーターの仕事です。CADオペレーターは、仕様決定をする人とは別にCADで図面を作成する専門の仕事となり、忙しいメーカーの中で、慎重で的確な仕事を要求される重要な業務です。

最近では、CADオペレーターは他の会社に依頼していて、一緒の職場で働いているケースが多いです。このような場合、さまざまな会社の人が一緒になり一つの製品を設計開発します。その中でCADオペレーターは、実際に図面にする大切な仕事であり、今後も需要がかなり見込める職種です。

CAD関連の仕事を在宅やフリーランスでやる方法

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CAD関連の仕事は、在宅やフリーランスでもできますが、実際の方法としては在宅でのCADオペレーターを募集している企業に登録するところからはじまります。おすすめの方法としては、いくつかの会社に登録しておき、タイミングをみて実際にCADの仕事を受注しましょう。

こういったCAD関連の会社は、はじめに登録してもらって仕事が発生したらCADオペレーターに連絡する形態をとっています。そのため、常に安定した仕事をCADオペレーターが受注できるかがポイントとなります。

一番良いのは、多めに登録しておいて常にいくつかの会社のCADの仕事を受注している状態を維持することです。

CAD関連の仕事は未経験や初心者でもできるのか

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADの仕事は未経験でもできますが、どのような流れで仕事をすすめれば良いのかや、基本的な知識は必須となります。機械系のCADオペレーターの仕事であれば、機械に関する基本的な知識が必要であるのと、機械設計の基本の手順は知っておく必要があります。

未経験者の中で多いのが、学校でCADを勉強しただけの人で応募しているケースですが、学校で基本的なCADの操作などを習っている場合は、抵抗なく初心者でもCAD関連の仕事はできます。もちろん、設計の現場では自分一人では解決できないことが多くあるので、その都度上司に確認する姿勢も大切です。

CADの仕事のきつい点

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADの仕事のきつい点としては、集中力を長時間維持することです。これは、他の仕事とは違ってCADの操作を一つ間違えると、製品ができ上らないことになるので、CADの操作は極めて慎重に行う事が要求されます。

もしも途中で自分のCADの操作にミスを見つけた場合、場合によっては全体を見直す必要もあります。また、自分一人では見つけられないミスなどもあるので、他の人と協力して図面のチェックをしたりもします。こういった意味では、みんなと一緒に協力して仕事ができる協調性も必要となります。

ですが、慣れてくれば注意すべきポイントが分かってきて、ある程度要領よく仕事をすすめることも可能です。

CADやCAMを使う仕事の種類

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADやCAMを利用した仕事の種類はかなりあります。一つとしては、機械などの分野でCAD、CAMを用います。これは、イメージとしては設計事務所のとなりに工場などがあり、CADなどで書いた図面をチェックした後に隣りの工場で製造したりします。

また、CAMはコンピューターを用いた製造・加工を意味しますが、そのようなシステムも工場と設計事務所にある場合は、非常に効率良く製造することができます。

また、CADなどの仕事は、簡単な仕様を決める仕事もあれば、製造する再に使用する図面を作成する仕事もあります。一つの製品を製造するにしても、多くの工程を経てでき上がるのがメーカーなどのCADの仕事です。

3Dの仕事

3DのCADなどの仕事の種類としては、CAD上で色々な状況を考慮した設計を行う場合があります。3DのCADでは、自分で書いた図面がどのようなものになるか立体的に理解することができます。

また、最近では描いた図面に対してシミュレーションをすることもできて、未然に商品の問題を見つけることができます。さらに、3DでのCADは組図などを作成することで、全体の組みあがった状態をイメージすることができます。

これは、2Dでは無い機能で非常に優れています。3DのCADでは、設計している段階である箇所のパーツを交換したいといった時も対応できて、設計の効率を飛躍的に向上させています。

建築のCAD

建築などで用いる3DのCADは、最終的にどのような家になるか把握できる利点があります。外観だけでなく家の中もイメージすることが可能なので、設計の段階で実際に家を作ってみているような感覚で図面を作成できるのが良い点です。また、でき上がった3Dの図面はお客などに見せることも可能なので、建物を理解しやすく問題のところを発見しやすいです。

設計のCAD

CADを用いた設計の仕事は、機械設計などがありますが実際の仕事内容はどうでしょう。設計には各段階があって最初に仕様決定の設計があります。ここで、おおまかな商品の仕様を決めます。

もちろん実際の商品をイメージしたもので、最終的にも仕様が変わらないようにすることがポイントです。次の工程として、いわゆる図面を作成する設計の仕事がありますが、これはまさにCADを駆使して図面を一つずつ作成する業務です。

CADは、デジタルデーターで管理されるので、データーをコピーしたり管理をする再に非常にやりやすいです。データーを保存しておけば、CADのデーターが無くなっても保存したおいたものを利用できます。

製図など

CADを用いた製図の仕事は、既存のデーターをもとに新しい更新した図面を描くこともあります。これは、もとのデーターがあるので非常に楽である反面注意力が必要とされる業務です。

理由としては、同じような図面を新しく更新して図面にするには、何が更新する点かをしっかりと理解している必要があります。これは、他の仕事とは違って極めてち密な仕事だと言えます。慣れてくればポイントが分かってくるので問題なくできますが、慣れるまでは相当大変に感じる人もいるでしょう。

CADオペレーターは男でもできるのか

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADオペレーターの仕事はもちろん男性にもできます。イメージとしては、いわゆる設計に関しては男性がやっていて、CADオペレーターは女性がやっているという感じを受けますが、実際には男性のCADオペレーターはたくさんいます。

CADオペレーターで必要な資質とは、こまかな作業を集中してできる事ですが、これは男性にもある資質です。また、CADオペレターターに関しての資格などもあるので、そういった資格を持っている男性がCADオペレーターの仕事を実際にやっています。イメージと違うのがCADオペレーターの仕事だと言えます。

CAD関連の仕事の年収

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADオペレーターの平均年収は300から400万円です。これは、若干平均年収よりも低くなっています。仕事内容としては、極めてち密な作業が必要な仕事ですが、以前から平均年収は低めになっています。これは、CADオペレーターの雇用体系とも関係しています。

CADオペレーターは、他の会社の人にお願いする傾向があるメーカーはかなりあります。そのため、賃金をおさえてCADオペレーターとしての仕事をしているのが現状でしょう。

CADオペレーターの魅力とは

CADオペレーターの仕事の将来性・種類・未経験でも可能か

CADオペレーターは、パソコンを駆使して行う仕事の一つですが、需要が高いのでなくなる事はないでしょう。そのような視点から考えると、非常に魅力的な仕事であると言えます。

また、CADオペレーターの仕事の経験は、普通のメーカーなどの求人内容を満たす経験となることが多く、将来の自分の事を考えてもCADオペレーターの仕事は良い経験となります。

最終的にどのような仕事につきたいかはっきりしていない人でも、CADオペレーターの仕事をしていれば、自ずと色々な知識や経験がつき最終的には、転職などの再に非常にプラスにはたらきます。

学校でCADの事をあまり勉強したことの無い人でも、CADに興味があるなら自分で勉強して知識を付けて、CADオペレーターとしての経験を積むことで、将来の自分のためになるでしょう。

Related