Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月21日

IT業界の3Kの仕事は女性はほとんどいないのか・仕事例・給料

今回の記事では、IT業界の3kについて紹介していきます。昔の3Kと言えば「きつい、汚い、危険」の3つで主にブルーカラーの仕事のことを言ってましたが、ここ最近言われる「IT業界の3K」とは一体どんなものでしょうか。是非ご覧ください。

IT業界ってブラック?

世間では、「IT企業はブラックなのか」という論議が盛んです。インターネットの匿名掲示板には「IT企業は3kだからやめておけ」なんて書き込みを良くみます。3kと言えば私のイメージでは」「きつい・汚い・危険」の頭文字をとったもので土木作業員の方や廃棄物処理員の方などの、いわゆるブルーカラーの仕事を思い浮かべます。

それが、現在の3kは「きつい・帰れない・給料が安い」の頭文字をとって「新3k」といい、ほとんどの場合、IT業界のエンジニア職のことを指すようになっています。また、「IT土方」なんて呼ばれたりもするそうです。時代にあった呼び方があります。

「IT土方」と呼ばれるくらいですからIT業界は体力も必要になってきます。そんなIT業界には「ブラック企業」が多く存在しています。今回はIT業界についてご紹介します。

IT業界の3kの仕事は女性はほとんどいないのか

IT業界の3kの仕事といいますと、前述した「きつい・かえれない・給料が安い」です。

そんな過酷な環境ですので女性の方は少ないみたいです。IT業界の過酷さを表している映画があります。過酷なSEの世界を著者の経験を元にした映画です。この映画を見ると、SEの仕事には男性が多く女性は1人、2人しか出てきません。

2008年に出版された本なので、現在はどうかわかりませんが、3kの仕事は過酷なので男性の仕事というイメージがあります。
下記にその映画をご紹介します。

システムエンジニアの過酷な世界が良くわかる映画

ブラック会社に勤めてるんだがもう俺は限界かもしれない

小池徹平さんや森本レオさん品川庄司の品川さんなど、個性的なキャストで描かれているこの映画です。

2ちゃんねるの書き込みから生まれたこの映画は、一時期大変話題になりました。この映画でブラック会社という言葉が一般的になったのだと言えます。パッケージでもわかるように、女性の社員が少ないです。この映画をみるとIT業界というのはすごく大変そうにみえます。映画ですのである程度の脚色はあと感じますが、それでもかなりハードに見えました。

個性的な俳優が多く出演するこの作品は、ネット掲示板の書き込みをもとに出版された本を映画化した作品です。妙に説得力があり、見た人を物語の世界に引き込んでいきます。興味がありましたらぜひご覧ください。

映画としてはよくできている。映画は作るからには売れなければならない。ということは売れるストーリにしなければならない。実生活では、ハッピーエンドではない結末の方が圧倒的に多い。そもそもここまでできる人ならニートに陥ってもそりゃ這い上がれるでしょう。実際はここまでできる人間じゃないからニートになるのだ。そしてそこから這い上がるのは決して容易ではない。ここまでできる人なら、1~2年この会社で実績を作ってもっといい会社に転職すればいい。プログラマーの世界なんて実力主義でしょ。この主人公なら充分それがやれる。闇金ウシジマくんなんかもそうだが、最初はリアルに描いていたら、「売れないから」という理由で無理矢理路線変更される。闇金やブラック会社のような世界で夢とかありえない。闇金やブラック会社のような世界では、そこから足を洗うのが夢への第一歩。ハッピーエンドに描かないと映画、ドラマ、漫画は採算がとれない。現実味がないから、ある程度の大人が観ると子供だましに見えてしまう。ただこれを観て勇気をもらう若者もいるはず。これをきっかけに這い上がろうと思う人が現れたなら十分意味はある。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/aw/review/B00352PK6E/R3MJ77N7... |

IT業界の3k・4k・5kの仕事の違いは?

IT業界全体が3kかというと職種によって違うといえます。3k・4k・5kというと一般的にプログラマーなどのSEと呼ばれる職種のことです。現在はSEという職種は3kに+4kして、なんと7kと呼ばれています。

以前の3kは「きつい・帰れない・給料が安い」でしたが、+4kの部分は「規則が厳しい・休暇がとれない・化粧がのらない・結婚できない」の4つがプラスされています。最後の二つは女性のつらい部分が入ってきています。IT業界にも女性の方が増えてきているのことを物語っています。

3kの仕事例 SE(システムエンジニア)

IT業界の3kと言えばSE(システムエンジニア)の仕事です。上記で紹介した映画でもデスマーチやサービス残業と言う言葉がふんだんに使われていました。そういった言葉は、この職業から生まれたという説もるくらいのきつさの仕事です。

3kの仕事の給料

IT業界の3kと言われるSEの仕事ですが、せめて給料はたくさん貰っていて欲しいです。SEの年収はいったいどのくらいなのでしょうか。

SEの仕事の年収

平成27年の給与統計によりますと、SEの平均年収は592万円となっています。実力が物を言う世界ですので、優秀なエンジニアになりますと、20代であっても年収は800万を越えるケースもあります。

SEの仕事はあまり景気に左右されることがないようで、不況の中においても他の業種のように、年収やボーナスのカットなどの憂き目に合うことが少ない傾向があります。実は人気の職種です。実力の無い人間にとっては、地獄のような仕事になることを覚悟しなければなりません。

SEの収入には個人差が大きい

SEの仕事は仕事内容や時期によってきつい場合と楽な場合があります。具体的に言いますと、残業が多くなったりします。そのために、企業によってはSEの残業が膨大な時間になってしまい、コストがかかり過ぎることを恐れてか残業手当などが少なくてすむ「裁量労働制」の年棒制にしているところがほとんどです。

そうなってきますと、仕事内容によって給与や年収が異なるのはもちろん、給料を時間給として見たときには大きく個人差が出てきます。仕事の早い人はそれだけ少ない時間でたくさんの給料を得ることができます。

SEのひとつの終着点というか目標とされているものがフリーランスになることです。経験や実績のあるSEは、フリーランスになって企業と契約をして仕事をしたり、独立して働く人もいます。フリーランスとして成功している人では、年収1000万以上の高収入を得ている方もいます。

SEって以外と高収入?

SEの仕事は実力主義。能力のある人間は収入も高いです。しかし、これほど高額な収入を得ることは決して簡単ではありません。エンジニアとしてのさまざまな知識やスキルが必要ですし、経営やビジネスに関する知識や能力を持ち合わせる必要もあります。

それだけの能力のある人ですから、SEという仕事にこだわらなくてもビジネスで成功することもあるでしょう。優秀な人材ですので大規模プロジェクトのトップを任されたりします。その責任の重さが待遇、給料に反映されます。

しかし、責任が大きければ必ず年収が高いというわけでもないところが仕事の難しいところです。中には不遇に嘆いている人間や人から見れば辛い作業も楽しんで行っている人もいます。
感じ方や考え方は人それぞれ違うので前向きに考えることが大切になります。大抵の場合は年収は責任の大きさに比例します。

3kの仕事を辞めたいときの対処方は?

実力主義の世界と前述しましたが、頑張っていても評価されない人間、頑張っていて実力も伴っているのに評価されない人間というのはどこの世界にもいます。そんな人達が「もう頑張れない」「この仕事は自分に向いていない」と考えた時に辿り着くひとつの答えが退職することです。

3Kの仕事ですから辞めたところで責める人間はいません。無理して続けて体調を崩してしまったらそれこそ大変です。良い辞め方を考えてみましょう。

ブラック会社を退職するときは?

自己都合で退職する場合は、通常ですと1ヶ月か、遅くとも2週間前には会社に届ける必要があります。しかし、3kの仕事に関しては、会社の方に問題があることが多いので、辞める前日に退職届を出したり当日に帰ってそのまま来なくなるという方もいます。

通常の手順を踏むのが理想的ですが、ブラック会社に関しては退職する意思を伝えてから他の従業員や雇い主の態度が一変したりして、辞めずらくなる可能性もあるのでその辺は臨機応変に自分のタイミングで辞めるようにしましょう。

ブラック会社に一矢報いたいと考えている方の方法としましては、サービス残業をしていた証拠や暴言を吐かれた証拠など、ひととおり集めてから辞めるようにしましょう。辞めてから職業安定所などに相談すると良いでしょう。

しかし、相談して何らかのブラック会社から何らかの賠償を得たとしても、その後どうなるかに関しては職業安定所では責任を取らないので注意が必要です。

IT業界の3kの知識を深めよう

今回の記事ではIT業界の3kについて紹介してきました。IT業界の3kと言われる仕事は大変な仕事だと感じます。しかし、大変だからこそやり遂げた時の達成感も大きいはずです。

実際にSEの仕事を楽しんでしている方も多いです。3kと言われている仕事でもやってみるとそこまで悪い仕事ではなかったりします。せっかく3kの仕事を始めたならば、まずは文句を言わずに、就いた仕事を一生懸命に頑張ってみましょう。

Related