Search

検索したいワードを入力してください

2017年11月13日

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事はどんなものかご存じでしょうか?世の中にはさまざまな仕事があり、職種がありますが広報はその中でも人気の仕事です。広報=宣伝の仕事と考える人は多いですが、実際の仕事内容を詳しく知らない人は多いです。今回は広報の仕事をご紹介します。

広報の仕事内容は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報はさまざまな業界で存在する職種であり、人気の高い職種でもあります。広報=何かの宣伝をすると漠然としたイメージを持っている人は多いですが、仕事の詳細な内容まで知っている人は少ないです。

広報の仕事は大枠で捉えれば宣伝をする仕事という認識で間違いはありません。ただ宣伝をするだけではなく、宣伝の企画・提案などを行う仕事でもあります。どんな方法で宣伝するのか、あるいはどのように宣伝していきたいのか、宣伝の方針を決め、実際に宣伝活動を行います。

自社のホームページでアピールするのか、あるいは口コミを利用するのか、他社と一緒にアピールするのかなどさまざまな方法があります。広報はそれらの中で最適な方法を選び、かつ会社のイメージや予算なども考慮して宣伝していく仕事です。

広報の仕事で辛い・大変なことは?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事で辛いことや大変なことは、宣伝活動を行っても、一定の効果が得られないこと、あるいは効果があったのかがわからないときです。広報が完璧な仕事をしたからといって必ずしも商品が売れたり、会社のイメージが良くなるわけではありません。

最初は良くても宣伝しているモノ自体が良くなければ宣伝広告は効果を生みません。良い商品、良い宣伝があって初めて世の中に広がっていきますが、どちらかが欠けてはPRは成功しません。宣伝が成功しなかったのはモノが悪いのか、あるいは広報の仕事が悪いのかがわからず、モヤモヤしてしまうこともあります。

またある程度の効果があってもそれが予想を下回るものの場合は広報としての仕事がきちんとできていなかったのではないかと感じてしまうこともあります。

広報の仕事のやりがい・魅力は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事は宣伝対象の商品が売れるなどしたときに感じやすいです。広報で宣伝戦略を考えるのは大変なことであり、簡単にできることではありません。企業のイメージや市場のトレンドの調査、宣伝方法の取り決めや宣伝コンセプトを決めるなどさまざまなことを行わなければなりません。

さらにそれらを決めれた予算の範囲内でしなければならず、宣伝一つとっても膨大な時間とコストがかかります。それらの仕事が実を結んだときに大きなやりがいを感じることができます。

また広報の仕事の魅力としては、さまざまなものに触れられることが挙げられます。広報の仕事は宣伝対象に近づかなければなりません。それは商品の場合、人の場合、企業の場合などさまざまです。普段では知ることができないことを知ることができるのも広報の仕事の魅力です。

広報の仕事で大切なことは?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事で大切なことは宣伝する商品やモノに対してきちんと愛着を持つことです。宣伝対象に愛着がなければ効果的な宣伝をすることはできません。対象を好きになること、そしてしっかりと知ることが大切です。

また知るのは良い面だけではなく、しっかりと悪い面や欠点も知っておくことが大切です。良い面を知っているだけでは宣伝に厚みも出ませんし、幅広いアピールをすることができません。もちろん実際の仕事では悪い面を伝える必要はありませんが、悪い面を知ることでわかる良い面もあります。

物事を深く知るためには一つの視点だけではなく、さまざまな視点から知ることが大切です。厚みのある広報活動を行うためにも物事に対して愛着を持ち、そして良い面と悪い面の両方を知っておきましょう。

広報の仕事に役立つ資格は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事に就くためには特別な資格は必要ありません。そのため無資格であっても広報の仕事をすることは可能ですが、あれば役立つ資格もあります。広報の仕事に役立つ資格としてはPRプランナーや自動車免許が挙げられます。

PRプランナーはPR力があることを示した資格です。必須なわけではありませんが、試験勉強の課程で広報の仕事に役立つ知識などを学ぶことはできますし、資格を持っていれば転職などでも役立つ場合はあります。また広報の仕事ではさまざまな場所に足を運ぶこともありますので、移動手段を一つ増やすためとして自動車免許があるに越したことはありません。

これらの資格は必須ではありませんが、あれば役に立ちますので広報の仕事を目指すのであればぜひ取得しておきましょう。

広報の仕事への転職の仕方は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報は資格が必要な仕事ではありませんし、誰でも転職することは可能です。しかし転職にあたってさまざまな不安を抱える人は多く、特に広報の仕事が未経験などの場合はどうやって転職をすればいいのか、その方法がわからず困る人も多いです。

広報の仕事への転職の仕方としてはどんな方法が考えられるでしょうか。

未経験

広報の仕事に転職する方法としては基本的には転職サイトを利用するなど、通常の転職と変わりません。未経験で転職する場合は、前職で培ったスキルが広報の仕事に活かせないかと考え、アピールしていきましょう。

広報の仕事では物事を宣伝する能力はもちろん、一つの物事を深くまで掘り下げる力やさまざまなことへの好奇心、市場を分析するマーケティング能力や視野の広さなどさまざまな能力が必要です。それらのスキルに当てはまるものを前職で培っている場合はそれを軸にアピールしていきましょう。

志望動機など

広報の仕事の志望動機としては、広告の仕事がしたい、宣伝の仕事がしたいなど広報の仕事に対しての強い意欲をアピールすることが大切です。広報の仕事は業界や企業によって宣伝する対象が異なっていますので、それらの宣伝対象に焦点をあててアピールするのも大切です。

企業の商品や企業のことがどれだけ好きか、それをどうやってアピールしていきたいか、どれだけ多くの人に知ってもらいたいかなど、明確なビジョンを語ることも大切です。

職種別の広報の仕事内容は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報はさまざまな業界、企業にある仕事であり、どこに勤めるかによって宣伝の対象や仕事の内容そのものが違っている場合もあります。何かを宣伝するという大枠では同じ仕事ですが、業界や企業によって仕事の内容は若干異なりますので、職種別の広報の仕事内容を知っていきましょう。

映画

映画の広報の仕事としては、完成した映画の宣伝戦略を考えるのが主な仕事です。映画が封切りになる前にはすでに広告は完成させなければなりませんし、映画のネタばれはしない、かつ観たいと思わせるギリギリのラインを狙わなければなりませんので、大変な仕事でもあります。

映画の広告PRを考える中で出演者を集めなければならないのであれば、それらの出演交渉をしなければならない場合もありますし、単に広告を作るだけではなく、映画全体をアピールできるようさまざまな戦略を練らなければなりません。

市役所

市役所の広報の仕事は市役所の行事などのアピールや市全体でのイベントごとのアピールなどが主な仕事です。市のイメージを崩さないよう、イメージアップとなる宣伝をしなければなりませんので、さまざまな制約がありますし、制約の厳しい中でアイデアを練らなければなりませんので、大変な仕事です。

また宣伝だけではなく、イベントにも参加しなければならない場合も多いので、活動の幅は広いと言えます。

企業・会社

企業・会社での広報の仕事としては、企業の製品などのアピールであったり、社外に向けてだけではなく、社内への広報活動などもあります。社内で起こっていることを社員に伝える社内誌の編集や社内でのイベントなどを企画する場合もあります。

広報の仕事は社外に向けたものであるとは限らず企業や会社の場合は社内に向けたものも多いことを覚えておきましょう。

ホテル

ホテルの広報の仕事としては、ホテルの案内だけではなく、ホテルの関連施設、レストラン、宴会場などの宣伝を行う場合もあります。またホテル内で行われるイベントなどの宣伝を行う場合もあります。

イベントなどの短期的な宣伝だけではなく、ホテル全体の宣伝など中長期的な広報活動が多いことも特徴です。

メーカー

メーカーの広報の仕事は自社製品の宣伝が主です。新しい商品が発売されればそれに向けての宣伝活動を行いますし、既存の商品についても中長期的に広告宣伝の方法を考えることがあります。

また新しい商品の広告と一緒に既存の商品も関連商品として宣伝する場合もあります。企業の製品全体についての高い知識が必要になります。

広報の仕事に関する本の紹介

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事に関する本としては山見博康の「広報・PRの基本」という本があります。この本では広報について、物事のPRについて基本的な知識から解説していますので、入門書としてもおすすめです。

広報の仕事に向いている人は?

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事に向いている人としては、視野が広い人、流行をキャッチするのが得意な人が挙げられます。広報では一つの考えに縛られず、自由な発想で宣伝方法を考えられることが大切です。視野を広く持って、さまざまなことを発見できる人が向いています。

また市場のトレンドを知り、それを宣伝に活かすことが大切ですので、流行をキャッチするのが得意な人も向いています。流行を先取りして考えられる人であれば、広報でも活躍しやすいです。

広報は夢のある仕事

広報の仕事内容・大変なこと・大切なこと・魅力ややりがい

広報の仕事内容や大変なこと・魅力、職種別の広報の仕事などを紹介しましたが、広報は基本的には何かを宣伝する仕事です。宣伝の対象は何であれ、その対象を好きになること、愛着を持つことが大切であり、深く知っていくことが大切です。

広報の仕事の第一歩は対象に対しての強い気持ちを持つことですので、愛着を持つことの大切さを覚えておきましょう。

Related