Search

検索したいワードを入力してください

2018年01月05日

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

「好き」を仕事にするにはどうしたらいいのか悩んではいませんか。そもそも好きなことを仕事にするってどういうこと、自分の好きなことって何だっけ、簡単な診断でまずは自分を見つめなおしてみましょう。好きなことを仕事にすることのメリットやデメリットなどもご紹介します。

好きなことと繋がる仕事を見つけるチェック項目

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

気になる仕事や憧れの仕事を「知っている」方もまだ「探している途中」の方も、好きなことと繋がる仕事を以下のリンクから診断してみましょう。

未来の夢を持って働くことは大きな希望に繋がります。かといって、好きなことを仕事にしなければいけないわけでもありません。ご自身がどのように生きたいか見つめる一つの手助けとしてください。

仕事で好きなことを見つけるには?

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

仕事には4種類あるって本当?

自分自身をよく知るためには、徹底的に自己分析をすることが大切です。自己分析には「人との対話の中から自分の価値観を炙り出す」ことも含みます。仕事には大きく分けて以下の4種類があります。

1.生活のため
2.キャリアアップのため
3.天職としての仕事
4.自己実現のため

幸福度が高いのは4つめの「自己実現のための仕事」であるとされており、これが俗にいう「好きなこと」です。そして「自己実現のための仕事」は、興味・関心、スキル、個性の3つを満たすことができます。

簡単な自己分析ワーク

本項では自分でできる自己分析のためのワークをご紹介します。

1.まず、20歳以前の自分がワクワクしていことを書きだしましょう。
2.いまお金をもらってやっていること、やってきたことは何か書きだしましょう。
3.友達の中であなただけが持っている趣味を書きだしましょう。

自分の興味がある活動が少し見えてきたのではないでしょうか。自己分析は就活をしている学生だけが行うことではありません。自分のキャリアを定期的に見つめなおしてみましょう。

好きなことを仕事にすることに関する本

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

好きなことを自分で見つけるのは、非常に困難です。自分と向かい合っていく間にますます自分が分からなくなってしまうことも多くあります。本当の自分とは、人との対話を通して見つけていくものと言えるでしょう。人に頼るのが難しい場合でも、本の力を借りてみましょう。

お勧めの本4選

「好きなことが分からない」といのは多くの人に共通する悩みであり、やりたいことを仕事にしたいと言ってもどうしたら分からない人は多くいます。そんな方にお勧めしたいのが以下の4冊です。

1.「本当にやりたいこと」を見つける本


この本は押しつけがましくなく、肩の力が抜けるような自然な読後感があります。素朴な自分で読むことで本当にやりたい事を後押ししてくれるような本です。自分は自分らしく生きているのだろうかという疑問を持っている人は少なくありません。本当の自分を見つけるためにぜひ読んでみてください。

2.そんな仕事ならやめちゃえば?

上から目線で自分探しを提示する企画本が多い中で、本書は「仕事」に関する不安と疑問を言語化してくれる本です。自己啓発本もこの世に溢れていますが、本書の特色は不器用な著者の生い立ちをさらけ出しているという点です。なんだか安心できる本書で、自分自身を見つめなおしてはいかがでしょう。

3.最高の自分の見つけ方

本書が他の本とは異なるのは、ワークブックであるという点です。この本は明るく、ご自身の人生を強く肯定してくれる本となっています。

4.やっと見つけた!本当にやりたいこと

「好き」を仕事にしている12人がどのように「実現させたい未来」のために行動してきたのかが詰まっている本です。仕事を充実させることで、より満足感の高い人生を送るためのヒントが詰まった一冊となっています。浅田次郎先生の、45頁にわたるロングインタビューも必見です。

好きなことを仕事にすると辛い理由とは

まず、一口に「好き」といってもどれくらい好きかどうかは人によっさまざまです。仕事にして生きていくとなると、この「好き」の気持ちの強さが大きな差を生みます。「好き」の強さが低い人は、当然起こしている行動量も多くありません。

晴れて「好き」を仕事にしてもその先にはハードルがあります。何しろ「好き」という気持ちが弱いので、困難なことがあっても踏ん張れません。24時間そのことばかり考えているような「好き」の気持ちが強い人たちがライバルになります。

本人は頑張っているつもりでも差は一向に埋まりません。そして差が埋まらないと、努力していないと判断されてしまうことすらあります。結果、仕事がうまくいかずつらくなってしまいます。

好きなことや趣味を仕事にするメリットとデメリット

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

生きていく上で大半の時間を占めるのが「仕事」の時間です。この時間が好きなことをにあてられるのはなんという幸せでしょう。自分のした「好きなこと」で自分が生きていくことには、大きなやりがいがあります。

さらに、自分の労働力を提供することで「好きなこと」の業界や文化は発展し、活気が出る仕組みになっています。この大きなやりがいと充実感こそ、好きなことや趣味を仕事にするメリットです。

逆にデメリットは「好きじゃなくなったときに続けていくのが困難になる」ということです。好きなことを仕事にした場合、「好き」を原動力にしますから、好きでなくなった時には自分を突き動かす原動力を失ってしまいます。

好きなことを仕事にできる人の割合とは

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

「好きなことが仕事になった」と感じている人は意外に多く、60代では50%近くにのぼります。逆に20~40代までは25%~30%とあまり高くありません。しかしこの調査結果では「好き」の気持ちの強さまではかることはできませんから、ご自身が好きなことを仕事にしていない場合でも気にしすぎる必要は全くありません。

好きなことを仕事にすると嫌いになるのか

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

私たちが生活していく上でお金は必須です。好きなことを仕事にするとはいっても、毎月必要な利益を上げ続けるのはとても大変な作業になります。ある程度の規模にならなければ安定的な収入は得られず、不安に襲われることになります。

借金をする覚悟や家庭を犠牲にする覚悟が必要になることもあるでしょう。そのようなリスクを背負ってしまうと「好き」な気持ちが薄れてしまいます。

好きなことを仕事にした人が辞めたくなる理由

利益を考えないうちは純粋な「好き」という気持ちで続けていられたのに、利益が絡んだせいで「好き」だけではいられなくなってしまう場合、やめたいという気持ちに繋がります。

仕事と好きなことが繋がるのは幸せですが、それが経済に絡んでくると一筋縄ではいかなくなってしまいます。

好きなことを仕事にしたくない人の心理とは

好きなことをあえて仕事にしない人の中には、「「好き」な気持ちの純度を失いたくないから」という人も多くいます。好きなままでいたいから、お金を得る手段にしたくないから、という理由で好きなことと仕事を結びつけたくないのでしょう。

好きなことと給料どちらを仕事に優先させるべき?

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

これはご自身の「好き」の気持ちの強さや価値観によって全く異なります。給料が大きな魅力となっていて、好きなことに割ける時間も作れる仕事なのであれば好きなことを仕事にする必要もないでしょう。

好きなことを仕事にするためには、その内容によっては大きな覚悟が必要となります。その覚悟を「大きい」と感じないほど人生を賭けられるならば好きなことに従事しても良いでしょう。自分自身とよく向き合い、価値観を見つめて判断してください。

好きなことを仕事にするのに起業が良い理由とは?

起業のメリットとして、自分自身の責任範囲が広く、その分自由度が高いということです。ただし「好き」なものを「好き」でいる以外に経営のセンスや人事など考えなければいけないことも多くあります。自由度の高さでいえば、企業が最も適しています。

自分の人生は自分で選ぼう

好きなことや趣味を仕事にするメリットと仕事にできる割合

いかがでしたか。まずは生活と心に余裕を取り戻し、自分の「芽」を育てて見つめなおしてみましょう。そして、あなたの芽に栄養を与えてくれる人たちと話しましょう。余計なところで足を引っ張られると、伸びるものも伸びなくなります。

「本当にやりたいこと」が見つからなかった方もいらっしゃるでしょう。しかし、「やりたいこと」は本当にないといけないのでしょうか。やりたいことをやっている人と自分を比べて、自分にダメ出ししていませんか。

「やりたいこと」があろうがなかろうが、どうでもよいことです。どちらが正しいということはありません。やりたいことがなくても、自分を責めないようにしましょう。やりたいことがあろうがなかろうが、あなた自身の価値も人生の価値も変わらず尊いです。

Latests