Search

検索したいワードを入力してください

職人の仕事の種類一覧・求人の探し方・女性に職人仕事

更新日:2020年08月20日

「職人になりたい」「手に技術をつけたい」そんな声が多く上がりますが、実際に職人の仕事と言えばどんなものがあるのでしょうか。職人になりたいと思ったら仕事内容を詳しく知り、自分に合った場所を見つける努力が必要です。今回はそんな職人事情を詳しく紹介します。

職人の仕事の種類一覧

職人と言っても世の中は広いもので、たくさんの職人がいます。結構身近なものから、まさに職人技ともいえるほど繊細で細かいものを作り上げる職人もいます。今回は職人の仕事の種類や職人にまつわる内容をご紹介します。

日本にある職人一覧

・大工職人・左官職人・庭師職人・経師屋(表具師)職人・建具職人
・指物職人・鳶職人・畳職人・瓦職人・漆職人・塗装職人・家具木工職人
・硝子職人・飾り職人・蒔絵職人・螺鈿職人・箪笥職人

よく聞く職人を上記に挙げてみましたが、更に調べればまだまだいくらでも出てきそうです。日本の手仕事を集めたニッポン手仕事図鑑というサイトには他にもたくさんの職人が紹介されていますので、気になる方はぜひ一度ごらんください。

車関係の職人って?

たくさんの部品を詰め込んで、いろいろな場面で活躍する車関係の職人もいます。映画で良く目にするスタントのお仕事でも迫力あるカーアクションで見る側にとってはヒヤヒヤと手に汗握る事があります。これも職人のなせる技だと言えるでしょう。また工事現場ではフォークリフトやブルドーザーといった免許が必要な職人でしかできない仕事も多く存在します。

車を作る仕事にもたくさんの職人の技があります。板金職人、塗装職人といった外見から、内装の職人もいます。これらすべての職人がいるからこそ、人々の興味や関心、欲求を満たし、そして日本独自の文化階下へと繋がっていくのだということです。

また、中古車業界には車を査定する目利きの職人が存在します。車一つとってもここだけでは書ききれないくらいの職人が関わっています。

職人の仕事の求人の探し方

自分の中でなりたい職人が決まっている方はそこから探すのが早いでしょう。さらに働きたい工房やお店があれば直接連絡するしかありません。求人を出していなくても採用してもらえるケースがあります。職人の仕事は一般的に後継者が育ちにくいので、常に人材不足といことも少なくありません。

また、職人専用の求人サイトから求人を探す方法もあります。熱意を持ってあなたの思いを伝えればきっと採用されるでしょう。

職人の求人サイト紹介

◆四季の美は、主に伝統工芸職人の後継者を募集しているサイトです。伝統工芸の世界に先に入った諸先輩のインタビューも掲載されています。応募フォームもついていますので、気になったら送ってみましょう。

◆日本仕事百科は、職人だけではなくものづくりに関わる幅広い仕事が探せるサイトです。

◆パティシエントは、パティシエやブーランジェ,和菓子職人といった仕事に特化した求人サイトです。

◆職人さん.comは、建設に携わる職人さんに向けた求人サイトです。建築・建設のお仕事が紹介されています。

女性に職人の仕事

世界の歴史を見ても、昔から女性の職人さんが仕事をする機会は多くありました。特に日本人は細かい作業が得意な事で有名です。世界的に評価を受けている日本の職人仕事を上げていきましょう。職人を目指す女性の皆さんもぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

・書道
書道は、もはや芸術です。それを実現するために筆が必要になります。それには筆を作る筆職人が必要です。墨を使いますので墨職人。硯で墨を擦りますので、硯職人。半紙を作る和紙職人。これだけの職人が関わって芸術たりえるのです。

・陶芸
土を捏ね、形を作り上げて焼き上げる。日本の焼き物は世界でも非常に価値が高いです。

・調香師
香水を作る専門の技師です。女性の方が男性よりも嗅覚が優れていますので、女性に向いている仕事です。

1ついえるのは、女性だからという考えでは職人の仕事は勤まりません。なりたい専門職を見つけて職人として向上心を持ちながら仕事をすることになります。男性ばかりの職場で一人女性が奮闘している職場はたくさんあります。

職人の仕事がないときの対処法

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests