Search

検索したいワードを入力してください

職人の仕事の種類一覧・求人の探し方・女性に職人仕事

更新日:2020年08月20日

「職人になりたい」「手に技術をつけたい」そんな声が多く上がりますが、実際に職人の仕事と言えばどんなものがあるのでしょうか。職人になりたいと思ったら仕事内容を詳しく知り、自分に合った場所を見つける努力が必要です。今回はそんな職人事情を詳しく紹介します。

職人は素晴らしい技術の仕事ができるから職人と言われます。当然ながら、職務のほとんどの時間をものを作ったり専門の仕事に従事してきた方々ばかりです。なので、営業力が圧倒的に弱いです。仕事をしていない職人なんて、本当になにもできないものです。小さな事でも構いません。地域の人が集まるところで仕事をもらう努力をしましょう。

恥ずかしがっていたり、意地を張っている場合ではありません。職人の仕事は仕事が果たされてからの後払い制が多いです。仕事をもらい続けるために積み重ねが必要になります。

職人が仕事を辞めたいと思う時

職人は「職質」という言葉があるように、職人の世界だからこそまかり通っているようなことが多々あります。そのため、そういった世界へ何も知らずに足を踏み込むことが職人の世界に踏み込むということなんです。これを理解していなければ生半可な気持ちで職人は務まりません。

ここでは、職人が仕事を辞めたいと思うときについてご紹介します。これらはどんな職人の世界にも共通しておりますので、職人を目指している人であれば一度は目を通しておきましょう。

体がついていかない

建設業界の職人、例えば大工なんかが当てはまりますが思った以上に重労働で体がついていかず辞めたいと思うことが多いです。その理由としては資材も重いものが多く、そして季節関係なく外仕事です。それまで極寒に耐えたことがない人にとってはかなりの労働力が必要となります。

これは建設業界だけに限らずどんな職人にも当てはまると言っても良いでしょう。思ったよりも作業内容がハードだということ、これは体力だけでなく精神面も削るため気持ちも弱くなってしまう、ということです。

給料が安い

職人を辞めたいと感じる理由には給料が安い、ということも挙げられます。職人ということは見習い期間ももちろんありますし、一人前になるにはかなりの時間を要します。そのため、初心者の給与は著しく安く、家庭を持っている男性であれば生活に支障をきたすことも考えられるでしょう。そのため、辞めていく人も多いのが現状です。やりたいという気持ちだけでは務まらないということです。

見て覚えろの世界

職人の世界は「職質」の方が多く、大手企業のように1からマニュアルを教えるようなことがほとんどありません。「見とけ」と言ったっきり教えてもらえないことも多く、思うように作業をさせてもらえないことも多くあります。そのため、見て覚えろといった効率の悪さにうんざりしてしまったり、やる気はあっても気持ちがついていかなくなることが多いです。

自分に合わない

これは一番に多い理由と言っても過言ではありません。見ている分にはやりたい、という気持ちを強く持っていたものの、いざその世界に飛び込んでみると全く自分に合わなかったというケースです。自分に合わないと思うと続けようとも思いませんし、職質の世界に合えて身をおく必要がなくなります。そのため辞めたいと感じてしまう人も多いです。

職人はなぜ仕事を教えないのか

職人には「見て覚えろ」精神の人が多く、実際に職場に入っても仕事を教えてもらえないことも多くあります。こんなことをされると、意気込んできた新人にとってはいやがらせのように感じてしまうことも少なくありません。もちろん中にはいやがらせを行う人もいるでしょう。しかし、ほとんどの場合「見ることで自分の感覚を掴んで欲しい」と思っている職人が多いです。

料理やガラス工芸、陶芸と様々な職人がいますが、これら全て、目で見て耳で聞いて舌で味わってといった研ぎ澄まされた感覚が必要だということは言うまでもないでしょう。しかしながらどんな理由があったにせよ、現代においては効率の悪さを嫌う傾向にあるので、親身に教え、そのうえで「見て覚えろ」と言った方が正しいと言っても良いでしょう。

職人の定着に繋げるためにはお互いに努力が必要になるということです。

未経験でもできる職人の仕事

ほとんどの職人が未経験から応募して、見習い期間を経てプロへと育っていきます。そのため、昔は特に中学卒業と同時に職人の世界に飛び込む人が多く、早くから料理や建設のプロとして経験を積んでいきます。しかし、近年は職人になるための学校も数多く開校されています。

未経験であっても学校卒の人も増えているため、何もなくして職人の世界に飛び込むには敷居も高いと言えるでしょう。しかしながら、どんな職人の世界も1から育てるのが当たり前なので学歴が必要になるようなものでなければ未経験でも歓迎してくれるでしょう。

例えばそれは、料理の世界であったり、パティシェや大工、飴細工やガラス職人などどれにでも言えたことなのです。

職人の世界は広い

今回は職人の世界について詳しくご紹介しました。職人の世界は非常に幅広く、日本には多くの職人が毎日腕を振るっています。職人の世界に飛び込むのであれば、どんな世界が自分にあっているのかきちんど吟味して諦めずに尽力していきましょう。

初回公開日:2017年12月19日

記載されている内容は2017年12月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests