Search

検索したいワードを入力してください

イラストの仕事の種類とイラストの仕事がみつかる求人サイト

更新日:2020年08月20日

イラストは身近なものですが、実際の仕事のやり方は知らない人が多いでしょうか。そんな人のことを対象に、イラストの仕事の種類や、イラストで収入を得る方法を紹介しています。イラストで少しでも報酬を得たい人は参考にしてください。

イラストの仕事の種類

イラストの仕事はいろいろあります。ポスターにイラストを描く仕事もあれば、ホームページのイラストを描く仕事もあります。変わったイラストの仕事では、裁判の様子をイラストで伝える法廷画家という仕事もあります。

出版業界では、本の挿絵のイラストを描く仕事もあるでしょう。他には一般の会社でも商品を製作する前に、モデルのイラストを描く仕事もあります。地域に根ざしたフリーペーパーでも、イラストレーターの求人を見ることがあります。

イラストの仕事がみつかる求人サイト

イラストの仕事はフリーランスでしている人はいますが、最初は会社に勤めて、イラストの仕事をするのが一般的でしょう。イラストの仕事を探すにはハローワークを利用するのも一つの方法ですが、インターネット上のサイトからも探せます。

下記のサイトではイラストに特化した、仕事の求人内容を掲載しています。会社によっては在宅での勤務も認めていますが、業務の流れを覚えるためには最初は、会社内でイラストを描く仕事をした方がいいでしょう。

イラスト関係の仕事内容

イラスト業界で働いたことがない人は、イラストの仕事があることが分かっていても、実際の仕事内容は分からない人がほとんどでしょう。趣味のイラストレーターであれば、好き勝手にイラストを描いても構わないでしょう。

しかし仕事でイラストを描くときは、クライアントの要望に忠実なイラストを描く必要があります。下請けのゲーム業界であれば、クライアントから描いてほしいイラストの内容を伝えられますが、クライアントによっては要望が曖昧なことがあります。

クライアントの要望が曖昧であれば、何回も修正する羽目になります。会社によっては修正回数は一定回数までは無料としていますが、一定の回数を超える修正は別料金を徴収しているケースもあります。

イラストの仕事は初心者でもできるのか

まったくの未経験のケース

まったくの未経験のイラストレーターを、採用する例はあります。しかし作品の提出を義務付けられていることが多いです。たとえイラスト専門学校を卒業していても、仕事に通用するレベルでない人がいるからです。作品の質は見るべき人が見たら、キチンと判断できます。

若ければ未経験でも、イラストレーターの職に就くチャンスはありますが、就職または転職用に完成度の高い作品を作ることをお勧めします。作品の内容は何よりも説得力があり、面接の合否に大きな影響を与えます。

少しは経験があるケース

会社側から見てまだ未経験の域を脱していないが、少しはイラストを描く経験があった場合は、専任のイラストレーターのアシスタントとして働ける可能性はあります。しかし、会社によってはアシスタントを採用しないケースも多いので、面接前に会社の規模や求人内容をよく吟味した方がいいでしょう。

運良くアシスタントになれたら、それからの精進次第では専任のイラストレーターへの道の可能性は大いにあります。アシスタント時代も辛いことは多いですが、将来の目標に向かって歯を食いしばり頑張りましょう。

イラストの仕事は副業に向いているのか

イラストの仕事は副業でも可能ですが、なかなか仕事がないのが実情です。イラストの仕事を発注してくれる得意先のコネがあれば別ですが、実績が分からないイラストレーターにまともな仕事をくれる、クライアントはかなり少ないでしょう。

それでもイラストの仕事を副業にしたい場合は、下記で紹介しているイラストACというサイトを利用すればいいでしょう。自らの作品がダウンロードされたら、報酬がもらえる仕組みです。

かなりのダウンロード数がなければ、まとまった収入にはならないですが、自らの作品に自信があれば挑戦してみましょう。

趣味のイラストを仕事にする方法

次のページ:絵心がなくてもイラストは制作できるか

初回公開日:2017年12月12日

記載されている内容は2017年12月12日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests