Search

検索したいワードを入力してください

地方公務員の種類・仕事の種類と給料の違い|大卒/高卒/初級

初回公開日:2018年01月29日

更新日:2020年08月20日

記載されている内容は2018年01月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

地方公務員にはさまざまな種類の職業があり、日々それらの仕事が正確に行われています。警察や消防と言ったヒーロー的職業に憧れている方も多いでしょう。しかし、地方公務員にも知られざる姿や働き方があり、日々人々のために自分たちの知らないところで活躍してくれています。

許認可業務

地方公務員の技術職で特に理系の仕事と言われれば、許認可業務と呼ばれる種類の仕事が多くなってきます。環境や廃棄物などの許認可をとるために作られたこの業務は、非常に仕事の活動範囲が広く、職権による立ち入り検査なども行うため、企業の研究部や工場と言った深い場所にまで立ち入る事が可能な業種です。

警察・消防など

地方公務員で高卒でも受けられることながら、憧れている人も多く地方公務員の花形と言えるような仕事と言えば、やはり消防や警察と言った種類の職種でしょう。体力勝負と言ったメリットにより、勉強が苦手な方でも、熱意と対応能力があれば就く事ができるため非常にです。

他にも、柔道や空手・剣道と言った武道に精通している方は優遇されやすいです。日本武道大学や国士舘大学の卒業生に公安職が多いのはこのためでしょう。

地方公務員の手当てにはどんな種類がある?

地方公務員の種類・仕事の種類と給料の違い|大卒/高卒/初級
※画像はイメージです

公務員ともなってくれば、さまざまな種類の手当てを受ける事ができます。地方公務員になりたい人の中には、手当てが充実しているからと言う理由で志望している方も多いでしょう。

手当ては、就職した地方や環境・職業によって少しずつ変わってきます。中には、寒い地域に住んでいるからと言う事で、寒冷地手当を受けている方もいます。職務状態だけでなく、住んでいる地域の特性に合わせて手当てが受けられるのは、非常にありがたい事です。

休暇手当

病気やケガ・うつ病などの精神病が原因で職務が全うできず、休んでしまった方たちの救済のために、休業付与と言う形で給料が支払われる事があります。他にも、育児・出産・介護などでも応用できるため、地方公務員は非常に福利厚生のしっかりした職業だと言えるでしょう。

期末手当

これは、一般企業における賞与などの特別給にあたります。普段の給与の一定割合を上乗せして支給されるもので、6月1日と12月1日の2つの給与振り込み日で与えられることになっています。

扶養手当

その名のとおり扶養している家族に応じて与えられる手当の事です。扶養手当が支払われるのは、職務者の配偶者や満22歳未満の子、孫や姉妹、満60歳以上の祖父母や心身に障害のある者を扶養している時にのみ与えられます。

地方公務員の給料はどう違う?

地方公務員の種類・仕事の種類と給料の違い|大卒/高卒/初級
※画像はイメージです

地方公務員の給料は、職業の種類で少しずつ異なってきますが、おおよその所平均して約40万円ほどを受け取っていると言われています(年齢により差異あり)。特に40代を超えたあたりからどの職種も給料が高くなっており、公安職は警察が約49万円、消防士が約44万円ほどとなっています。

地方公務員の花形である市役所職員の給料は40代で41万円ほど、小学校教諭は37万円ほど、技術系公務員は約33万円ほどとなっています。どの職種でも比較的安泰の給料目安と言えるでしょう。

安泰の地方公務員を目指そう!

地方公務員の種類・仕事の種類と給料の違い|大卒/高卒/初級
※画像はイメージです

地方公務員と呼ばれる種類の職業は、人々の暮らしを直接的に支える非常に重要な役割を持った仕事です。その仕事の種類にもよりますが、給料が高いもの、低いもの、仕事に就きやすいもの就き難いものなど、さまざまにわかれています。

地方公務員への就職を目指している方は、まず自分のやってみたい職業、自分のスキルに合った職業などを探していきましょう。自分にやってみたいこととマッチするスキルを持っていなかったと言う方も、努力次第でそのスキルを伸ばす事は可能です。その職種を知り、何が必要で何をすべきかを整理する事で、地方公務員への道が開けていきます。

Latests