Search

検索したいワードを入力してください

施工管理は激務なのか・理由・ハウスメーカーとの違い|種類別

更新日:2020年08月20日

激務のイメージが強い施工管理の仕事について、施工管理とは何なのか、どうして激務と言われるのかについて企業別・職種別にご説明します。また一方で、施工管理の仕事のメリットについてもふれていますので、施工管理の色々な面が理解できる記事となっています。

種類別施工管理は激務なのか

施工管理が激務と言われているのは、具体的にはどのような理由からなのでしょうか。

まずは「施工管理とは何か」を説明した上で、施工管理業務を層別に分類し激務の理由を探っていきます。

施工管理とは

激務と言われている施工管理ですが、一体何をする職業なのでしょうか。

施工管理を他の言葉に置き換えると、現場監督ということができます。ただ監督するだけではなく、国家資格を必要としますし、重大な責任を負う立派な仕事です。

内装

内装を手がける職人は、人手不足の折りからベテランから新人までがいるため技量がまちまちなのが実情です。ベテランに指揮をとらせ、できるだけ綺麗な仕上がりになるように新人の手も借りながら、綿密に施工していくようにチェックするという大変さが激務につながっています。

また、内装はお客様の一番のこだわりが詰まっている部分であり、お客様がチェックがしやすいだけに、施工を丁寧に行っていかないとお客様の意にかなわずやり直すことになってしまいます。

スピードと綺麗な施工が両立するよう管理していかなければならないので、内装の施工管理は激務と言えます。

しかも内装は、建物を建てる最後の段階にあたるので、納期がおしている中での進捗管理になることも施工管理を激務にしている要因です。

電気

電気の施工管理が激務と言われる理由には、電機配線工事は建物が建ってからの作業になるので、水回りなどすでに出来上がっていてなおかつ細心の注意を要するところを綺麗に処理する大変さが挙げられます。

専門的な知識も必要とされるのに加え、建物内で電気系が上手く動かないと、居住者のライフラインに関わるため、失敗の許されない気の抜けない作業が続くことがあります。

電気工事現場の監督・指導を行うために必要な電気施行管理技士の資格も必要とされることがあります。

プラント

プラントとというものは一般の人には馴染みのない言葉ですが、プラントとは生産工場などの工場設備のことをいいます。

プラント施工管理は、わかりやすくいうと製造工場の建設の管理なので広い土地での危険と隣り合わせの業務であることから激務となります。

また、物が売れなくなってきている現代には、プラント工場の建設自体が少なくなってきています。プラント工場だけの施工管理では、将来性に不安があり新たなタイプの工場建設という動きもあるため、専門知識をより向上させる必要もあり一層激務となっています。

空調

温暖化が年々進行している我が国においては、空調設備はかならず整備が必要となるなど、重要性が高まっています。

施工管理者が電気系同様に配管工事の施工計画や品質の安全管理を行うためには管工事施工管理技士という資格が必要なことが激務といわれる理由の一つです。

需要が多いために、いくつかのの現場を掛け持ちしたり、下請けであるので親会社から納期のプレッシャーなど激務となってしまう要素はたくさんあります。

施工管理とハウスメーカーはどちらが激務なのか

一般的な施工管理とハウスメーカーの施工管理とをくらべると、どちらが激務なのでしょうか。

ハウスメーカーの仕事の特徴を考えながら一般的な施工管理とハウスメーカーではどちらが激務なのか考えてみましょう。

ハウスメーカーの施工管理

ハウスメーカーの施工管理が激務といわれるのは、ハウスメーカーでは個人のお客様を相手としていることにあります。

施工管理を行う担も営業職のようにお客様とじかに接するために、失礼のない対応が必要なため、多様なきめ細かいな能力が必要となります。

お客様との距離が近いことでクレームが届きやすいので、より細やかに施工管理をしなくてはなりません。また、物件が小さい分いくつかの物件を同時に施工管理しなくてはならいこともあります。そうしたことから激務になってしまうのです。

企業別施工管理は激務なのか

企業別にみてどの企業の施工管理が激務なのでしょうか。

企業別に見て、それぞれの施工管理が激務であるのか探ってみることにしましょう。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests