Search

検索したいワードを入力してください

IT業界の平均年収はどのくらい?11の職種の平均年収を紹介!

更新日:2022年04月15日

人材不足のIT業界では平均年収が高いといわれています。そのためIT業界で働きたいという方も多いのではないでしょうか。本記事ではIT業界の年収や仕事内容について紹介します。転職して年収を伸ばしたいという方、未経験からエンジニアになりたい方はぜひ読んでみて下さい。

3:大手企業への転職

中小企業と大企業では、大企業の方が給料の高い傾向にあります。そのためもし大企業に入ることができるなら大企業に勤めた方が良いでしょう。大手に転職して年収が200万円以上変わることも珍しくありません。

その他にも有名な企業ならばその後の転職活動や独立後の営業で役立つでしょう。

4:外資系企業への転職

外資系企業の大きな特徴は成果主義にあります。外資系企業は、福利厚生が少なかったり退職金制度が無かったり、まず終身雇用の考えが無かったりするなどしますが、優秀な人材確保のため年収は高い傾向があります。

自分の実力に自信があるエンジニアに適していると言えるでしょう。

5:知識・スキルレベルを上げる

自分のスキルレベルを上げることによってより一層人材価値を高めることができます。自分にしかできないことが増えればその分年収もあがります。新卒の方や実力がない方はもちろん、年収を上げたいエンジニアにかかわらず、すべての人がやるべきことといえるでしょう。

習得している言語によっても年収は変わるので、今何の需要が高まっているかといった時代の流れも考えながら勉強する必要があります。

6:転職エージェントを利用して転職

7つの中で特にオーソドックスな選択肢がこの転職エージェントを利用しての転職です。

今では転職エージェントのサービスは首都圏を中心にたくさんあります。リモートOKな求人を集めているエージェントや年収約700万以上を基本とするハイクラスの求人を取り扱うエージェントも多数あります。

エージェントに登録して年収の診断をするだけでも良い求人が見つかるでしょう。

7:元請け企業への転職

最後は元請け企業に転職する方法です。下請けは薄給激務の傾向があります。元請け企業で働けば下請けで働くよりも年収は上がりますし、下請けではさせてもらえなかったような大きな仕事をさせてもらえることもあります。

たとえ大きな仕事ではなくてもプロジェクトの根幹に携わることができれば大きく成長できる機会になるでしょう。

IT業界の年収を理解した上で転職先を検討しよう

転職する際は、後悔の無いようにあらかじめきちんと年収を理解したうえで転職することをお勧めします。

また、転職する際は退職してから転職活動をするのではなく、働きながら転職活動をした方がいいでしょう。転職先が決まり、仕事のキリが良くなったタイミングで転職するといいでしょう。

また転職活動にいきづまったときは転職エージェントなどに相談するのが良いでしょう。転職エージェントの知見を活用すれば、転職がうまくいきやすくなるでしょう。

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests