Search

検索したいワードを入力してください

東京にあるMEO代行を依頼できる会社11選!対策を行う利点もあわせて紹介

更新日:2022年04月15日

MEO代行を聞いたことがあるでしょうか。この記事ではMEO代行を依頼できる会社などを紹介しています。実績のあるMEO代行会社に依頼することで、比較的短期間でユーザーの目に留まるようになり、集客率の向上につながる可能性があります。ぜひ読んでみてください。

MEOってなに?

MEOとは、Map Engine Optimization(マップエンジン最適化)の頭文字をとったものです。

Google検索で表示されるローカル検索結果に、店舗のGoogleマイビジネスの情報が表示されやすくすることを言います。

MEOとSEOの相違点

MEOは、「エリア+業態」などの検索ワードでGoogle検索した際に、ページのトップに表示されるマップ枠に、対象の店舗情報を表示させます。

一方、SEOは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)の略で、検索エンジンの中で「エリア+業態」などの検索ワードで検索を行った際に、検索結果に対象の店舗のサイトが表示されやすくすることです。

費用から見る違い

MEOとSEOにはコスト面で大きな違いがあります。SEO対策を外部業者に依頼した場合、費用はおよそ数10万円~100万円以上かかりますが、MEO対策の相場は月におよそ3万円~5万円でしょう。

特徴から見る違い

MEOの目的は、マップに場所と店舗名、写真などが表示されることですが、SEOの目的は、検索結果の上位にサイトが表示されることです。

またMEO対策では、およそ1カ月でアクセス数の伸びや効果を実感できることが多いですが、SEO対策では、およそ半年以上かかる場合があります。

MEO対策を行う利点4つ

MEO対策を行うことでさまざまな利点がありますが、今回は4つを紹介します。利点を押さえておくことで、MEO対策を取り入れるきっかけにできるでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

1:ユーザーからの視認性が向上する

MEO対策の大きな利点は、ユーザーからの視認性が向上することです。通常の検索では、上位100位に割り込んだとしても、ユーザーはページをめくらなければサイトに到達できない場合があります。

一方MEO対策では、GoogleマップやNAVIGATE、Appleマップなどにお店の情報が掲載され、ユーザーの検索にヒットしやすくなります。

2:クリック率が期待できる

次のページ:MEO対策を行う欠点

初回公開日:2021年12月22日

記載されている内容は2021年12月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests