Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】家庭の事情での理由例・休むときの注意点|退職/欠席

更新日:2020年05月22日

会社や会合、講演会などどうしても行きたくない時があります。その時の理由として家庭の事情があります。今回は、退職・欠勤・内定辞退・欠席をする場合の家庭の事情の理由を紹介します。その他、家庭の事情を詳しく聞かれたときの対処法も詳しく説明いたします。

「家庭の事情」について

今回は、退職や欠席、内定辞退や欠勤などといった状況に対して、誰もが一度は使ったことがある「家庭の事情」についてお伝えさせていただきます。会社を退職するときに辞職願の文面にたびたび登場するこの「家庭の事情」ですが、円満退職を目指すためにどのように書けばよいか戸惑います。

そこで今回は、おすすめの家庭の事情の理由と、退職や欠席といった状況別におすすめする家庭の事情での理由例をご紹介していきます。

おすすめの家庭の事情の理由について

会社を退職するあるいは欠勤する場合、今までお世話になった会社に対して悪い印象を与えたまま退職もしくは欠勤するのはよくありません。

一身上の都合と書けばよいところを敢て家庭の事情とするのですから、誤解を招かない書き方が必要です。しかし、いざ書こうと考えてもなかなか理由を考え付きません。

そこでここでは、おすすめの家庭の事情の理由についてお伝えさせていただきます。

退職の場合の家庭の事情の理由

退職をしたいけれども何らかの理由がないと退職できないのが会社です。一身上の都合の場合は退職願を出してもすぐには受理されません。提出してそこから早くて1カ月後の退職となります。せっかく退職しようと決めてもこれでは納得いきません。しかし家庭の事情となると、会社は余程のことだと考え退職を受理します。

それでは、会社が仕方がないとする家庭の事情の理由をお伝えしましょう。

夫を理由にする場合

「夫の転勤が決まり着いていくことになりまして」というのはよくあるパターンです。会社側としては疑うようにも疑うことができません。なぜならば、個人情報なのでそこまで調べることができないからです。

具体的にいついつまでに転勤先へ行かなければならないかを伝えることで、会社は納得せざるを得なくなります。

実家を理由にする場合

「実家の父の介護をしなければならくなりました」というのも有効的です。その父が退院することとなったのですが、介護をするものがいないのでというと、会社は余程切羽が詰まっていると解釈し、退職をあっさりと受理します。

家業を継ぐことになった

「父が病気になって家業を継ぐことになりましたので」というのも退職願を受理されやすい理由の一つです。実家が何をしているかは面接の時に聞かれませんので、初めてその時に上司は知ることになります。それは大変だということで退職願が受理され、数日で退職ができます。

欠勤の場合の家庭の事情での理由

欠勤の場合はどうでしょうか。今度はやむ得ない理由で会社の歓迎会や送別会、得意先の会合や講演会など休日出勤までして出席しなければならないことは多々あります。できることなら理由を付けて欠席したい時もあるでしょう。そのような時は「そういう理由なら仕方ないね」と周りを納得させるだけの理由を準備しなければなりません。

では、どのような理由があげられるでしょうか。

相手を納得させれる家庭の事情の理由とは?

「そんな理由なら仕方ない」や「大変そうだから休んでもいいよ」と逆に相手から欠席を促されるような家庭の事情があれば欠席しても後ろめたさがありません。どのような家庭の事情があるでしょうか。

例えば、「子供が熱を出したので」や「家の壁が昨日の突風で削げ落ちたから」や「下痢と嘔吐と発熱が止まらなくて」など症状を訴えると仕方がないとなります。

内定辞退の場合の家庭の事情での理由

就職活動の時期あるいは転職での内定辞退の場合も、きちんとした理由がないと辞退ができません。咄嗟に思いつかない場合におすすめなのが家庭の事情です。家庭の事情でと言えば、企業も予測できないことなので仕方がないと納得します。

それでは、どのような家庭の事情があるのでしょうか。

父の介護を理由にする断り方

内定の通達をいただいたにもかかわらず辞退をしたいときは、相手に失礼のないような理由を準備する必要性があります。

それでは、家庭の事情を使った断り方を紹介します。「内定の通知ありがとうございます。申し訳ありませんが、父の介護をしなければならなくなりましたので、今回の内定はご辞退させていただきます。」というと、採用しようと決めた人事担当者もそのような理由だと仕方がないということで納得されます。

初回公開日:2018年04月23日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests