Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】家庭の事情での理由例・休むときの注意点|退職/欠席

初回公開日:2018年04月23日

更新日:2020年05月22日

記載されている内容は2018年04月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

会社や会合、講演会などどうしても行きたくない時があります。その時の理由として家庭の事情があります。今回は、退職・欠勤・内定辞退・欠席をする場合の家庭の事情の理由を紹介します。その他、家庭の事情を詳しく聞かれたときの対処法も詳しく説明いたします。

data-max-num-ads=8 data-matched-content-rows-num="2" data-matched-content-columns-num="4" data-matched-content-ui-type="image_stacked" data-ad-format="autorelaxed">

「家庭の事情」について

今回は、退職や欠席、内定辞退や欠勤などといった状況に対して、誰もが一度は使ったことがある「家庭の事情」についてお伝えさせていただきます。会社を退職するときに辞職願の文面にたびたび登場するこの「家庭の事情」ですが、円満退職を目指すためにどのように書けばよいか戸惑います。

そこで今回は、おすすめの家庭の事情の理由と、退職や欠席といった状況別におすすめする家庭の事情での理由例をご紹介していきます。

おすすめの家庭の事情の理由について

会社を退職するあるいは欠勤する場合、今までお世話になった会社に対して悪い印象を与えたまま退職もしくは欠勤するのはよくありません。

一身上の都合と書けばよいところを敢て家庭の事情とするのですから、誤解を招かない書き方が必要です。しかし、いざ書こうと考えてもなかなか理由を考え付きません。

そこでここでは、おすすめの家庭の事情の理由についてお伝えさせていただきます。

退職の場合の家庭の事情の理由

退職をしたいけれども何らかの理由がないと退職できないのが会社です。一身上の都合の場合は退職願を出してもすぐには受理されません。提出してそこから早くて1カ月後の退職となります。せっかく退職しようと決めてもこれでは納得いきません。しかし家庭の事情となると、会社は余程のことだと考え退職を受理します。

それでは、会社が仕方がないとする家庭の事情の理由をお伝えしましょう。

夫を理由にする場合

「夫の転勤が決まり着いていくことになりまして」というのはよくあるパターンです。会社側としては疑うようにも疑うことができません。なぜならば、個人情報なのでそこまで調べることができないからです。

具体的にいついつまでに転勤先へ行かなければならないかを伝えることで、会社は納得せざるを得なくなります。

実家を理由にする場合

「実家の父の介護をしなければならくなりました」というのも有効的です。その父が退院することとなったのですが、介護をするものがいないのでというと、会社は余程切羽が詰まっていると解釈し、退職をあっさりと受理します。

家業を継ぐことになった

「父が病気になって家業を継ぐことになりましたので」というのも退職願を受理されやすい理由の一つです。実家が何をしているかは面接の時に聞かれませんので、初めてその時に上司は知ることになります。それは大変だということで退職願が受理され、数日で退職ができます。

欠勤の場合の家庭の事情での理由

欠勤の場合はどうでしょうか。今度はやむ得ない理由で会社の歓迎会や送別会、得意先の会合や講演会など休日出勤までして出席しなければならないことは多々あります。できることなら理由を付けて欠席したい時もあるでしょう。そのような時は「そういう理由なら仕方ないね」と周りを納得させるだけの理由を準備しなければなりません。

では、どのような理由があげられるでしょうか。

相手を納得させれる家庭の事情の理由とは?

「そんな理由なら仕方ない」や「大変そうだから休んでもいいよ」と逆に相手から欠席を促されるような家庭の事情があれば欠席しても後ろめたさがありません。どのような家庭の事情があるでしょうか。

例えば、「子供が熱を出したので」や「家の壁が昨日の突風で削げ落ちたから」や「下痢と嘔吐と発熱が止まらなくて」など症状を訴えると仕方がないとなります。

内定辞退の場合の家庭の事情での理由

就職活動の時期あるいは転職での内定辞退の場合も、きちんとした理由がないと辞退ができません。咄嗟に思いつかない場合におすすめなのが家庭の事情です。家庭の事情でと言えば、企業も予測できないことなので仕方がないと納得します。

それでは、どのような家庭の事情があるのでしょうか。

父の介護を理由にする断り方

内定の通達をいただいたにもかかわらず辞退をしたいときは、相手に失礼のないような理由を準備する必要性があります。

それでは、家庭の事情を使った断り方を紹介します。「内定の通知ありがとうございます。申し訳ありませんが、父の介護をしなければならなくなりましたので、今回の内定はご辞退させていただきます。」というと、採用しようと決めた人事担当者もそのような理由だと仕方がないということで納得されます。

給料が少なかったときの理由

いくつかの就職の内定が決まり、給料の提示がある中で内定を断らなければいけない時もあるでしょう。そのような場合は、どのような家庭の事情でお断りすれば良いのでしょうか。ここでも採用してくれた企業の方に仕方ないと納得させれるような理由を述べることが必要です。

給料が理由で断る場合

「給料が安いから内定を辞退させていただきます」というのはあまりにも失礼で、折角採用してくれた会社に対して申し訳ありません。

そこでうまく断る理由として「主人が転職したため経済状況が変わり、より給与や福利厚生の面でもシビアな視点で就職活動をやり直さなければならなくなりましたので、今回の内定はご辞退させていただければ」などと伝えます。

欠勤の場合の家庭の事情での理由

仕事を続けていく中で何らかの理由で仕事が続けられなくなることは多々あります。1日あるいは2日休む場合は病気を理由に休むことも可能ですが、1週間以上欠勤する場合はそれなりの事情がないと会社は休ませてはくれません。

そこでおすすめなのが家庭の事情です。どのように伝えれば長期欠勤できるのでしょうか。

一番有力な家庭の事情とは

欠勤の場合の家庭の事情で会社がノーと言えないのが両親をネタにする事情です。例えば「兄夫婦の転勤に伴い、実家の父の介護をしなければならなくなりました」というのは非常に切羽詰まった理由です。会社も仕方がないと言わざる得なくなるからです。

遠縁の親戚の法事を理由にする場合

なるべくなら会社が介入できない遠縁の親せきを理由に持ってくるのも良い理由になります。「父の弟の妻の祖母が亡くなりました。小さいころに非常にお世話になったので、どうしても法事に出席したく、申し訳ありませんが次の会合はお休みさせてください。」と言うことができます。

なぜ遠縁にしなくてはいけないの?

遠縁にしなければならない理由はあります。あまりに近い関係だと、会社側がお香典や弔電を準備してしまう可能性が高いからです。会社側が予測できない範囲での法事だと安心です。自分の言ってしまった言葉に墓穴を掘らないように、誰の法事であったかをどこかに記憶しておくことをお勧めします。

妻を理由にして休む場合

どうしても会社に行きたくない時もあります。その時の理由に妻を用いることも良いでしょう。妻が朝起きたときに倒れていましたと伝えれば、会社はそれでも出勤しなさいとは言えません。ただし、会社に対して心配をかけているのは事実ですので、夕方頃に電話で病院へ連れていきめまいと診断されたことを伝えれば、バレることもありません。

家庭の事情で休むときの注意点

退職や欠席、欠勤の時にただ闇雲に家庭の事情ばかりを言って休むのは避けたほうが良いでしょう。本当に介護が必要になった、あるいは家族の転勤が本当になった時に信じてもらえない可能性がでてくるからです。同じ理由を使ってばかりいると信用問題にも発展する可能性がありますので、何度も同じ理由で休むのは避けたほうが良いでしょう。

夫を理由に出した時の注意点

内定辞退の時の家庭の事情での理由として夫を理由に断る方法もあります。しかし、企業の人事担当員はどこでどのようなつながりがあるかわかりませんので、できるなら身近な人を登場させるのは避けましょう。

例えば夫が転勤となり、3日後には引っ越しをしなければならなくなりましたとすると、その会社が夫の取引先だとしたらばつが悪いです。なるべく避けたほうが良いでしょう。

家庭の事情を詳しく聞かれたときの対処法

退職や欠勤の理由を伝えるときに、場合によっては上司に家庭の事情を詳しく聞かれるときがあります。その時はどのように対処すればよいのかお伝えさせていただきます。

言った言葉は忘れないで記憶しておく

主人の転勤でという理由はよくありがちなので、理由を聞かれることは然程ないでしょう。退職や長期欠勤などでよく聞かれるのが、「実家の父の介護をしなければならくなったので」という理由です。尋ねられた場合は、なぜ介護が必要なのかを具体的に伝える必要があります。そこで注意をしなければならないことの1つに伝えた内容は記憶しておくことです。

なぜ記憶が必要なの?

人は誰しも時がたつと言った言葉を忘れてしまいます。父の介護で退職となった、あるいは長期欠勤となった場合でも自分の中で言った家庭の事情を整理していないと、つじつまが合わなくなってくる場合が多いからです。記憶に自信がない場合は、人目につかない携帯のメモ帳などに上司に言った言葉の一部を記憶しておくと良いでしょう。

事前準備が必要なワケ

退職するための家庭の事情の理由に「父の介護」を使う場合はあらかじめ事前準備が必要です。上司と話をする機会があったときに「先日父が脳梗塞で倒れまして」と父の様子を少しだけ伝えておくと、いざ本当に介護が必要になった場合でも信ぴょう性があります。

有休をいきなり申請する

一体どうしたのと相手に考えさせてしまうような有給休暇を取ると、家庭の事情で退職をする場合に有利です。そう言えば、ここ最近有給休暇を取ることが増えたのはそういう理由だったのねと、相手を納得させられるからです。

時には女優になることも大事なわけ

家庭の事情で会社を退職、もしくは何らかの会合を欠席する場合は女優になることが必要です。淡々と父の介護が必要になりましたと言っても何の信ぴょう性もありません。本当に大変なことになってしまったというように困惑している表情や、声のトーンなどをあらかじめ練習して、本番に臨むことが必要です。

家庭の事情により仕事を辞めるときの手続き方法

会社の環境になじめずに逆にストレスになり、会社を辞めたくなる時は誰にでも訪れます。そのような時一身上の都合でと言うとなかなか会社は辞めさせてはくれません。しかし、家庭の事情によりというと意外にすんなりと辞めさせてくれます。

そこで今度は、家庭の事情により仕事を辞めるときの手続き方法について紹介します。

退職日を伝えるのはいつまで?

家庭の事情でやむなく退職する場合は、希望する退職日の2週間前に上司に退職の意思を表明する必要があります。一般的に訪問してというのが原則ですが、やむを得ない理由で会社へ行くことができない場合は電話でも可能です。ただし、いきなりの退職届を郵送するのは避けたほうが無難です。

退職理由はなんて言えばいいの?

いきなり何の理由もなしに退職をさせてくださいと言っても、企業はわかりましたとは答えを出しません。そこで伝える理由として、家庭の事情で退職をするとしても一身上の都合でと答えます。万が一詳しく聞かれた場合は家庭の事情を詳しく説明します。

具体的な理由を聞かれた場合の対処法

上司に具体的な理由を聞かれた場合は、家庭の事情でと言ってもなかなか納得してもらえません。そこで具体的に「家業の農業の引き継ぎで~」や「実家の父の介護で帰省~」と伝えます。

万が一拒否された場合はどうしたらいいの?

家庭の事情を伝えたにもかかわらず、上司から拒否された場合はどうしたら良いのでしょうか。疑って信用してもらえなくても、家庭の事情を押し通してください。そして退職日の2週間前までに上司に退職の旨を伝えてあるので、退職日には堂々と退職願を出してください。

拒否されても退職願は受理されるの?

退職日に堂々と退職願を出すのはわかったけれども、本当に受理されるかどうかは不安です。しかし、退職願を退職日に出すことで退職の真実性が増すほか、会社が疑っている場合でも仕方なくなり、退職手続きを進めるほか手段がなくなります。

退職の引き留めが激しいのはどうしたらいいの?

退職の引き留めが激しい時はどう対処すれば良いのでしょうか。その時は「退職願」ではなく「退職届」を提出しましょう。

誤解されないための家庭の事情でもう安心

誰しも会社を急に退職したくなる時もありますし、行きたくない飲み会に出席しなければならない時もあります。そんな時適切な家庭の事情があれば、会社は引き止める方法よりも仕方ないと納得します。しかし嘘をついているとわかってしまえば、それまでの信用が一気に崩れてしまいます

退職、欠勤そして内定辞退や欠席の場面では時には嘘も方便です。ですが、嘘をつくときは堂々と女優になり、あたかも本当に困っていることをアピールすることも大切です。

また、退職の場合は転職先を決めてしまうのが一番効果的です。どちらにしろ退職後はまた仕事を探さなければならないでしょうし、会社側としても断ることができません。

Latests