Search

検索したいワードを入力してください

酒癖が悪いのを改善するには|原因や改善策・気を付けることを解説

更新日:2023年09月27日

「酒癖が悪いところを改善するにはどうしたらいいのだろう」と悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、酒癖の悪い人に見られる行動や酒癖が悪さの改善について紹介していきます。気分良く飲み会に参加するためにも、自分の酒癖に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

時々水を飲む

アルコールの摂取量を抑える意味として、お酒の飲み間に水を飲むことがおすすめです。水で満腹感を得れば、飲酒量をセーブできます。そうすることで、悪い酔い方をしないですむため、酒癖の改善にもつながるでしょう。

お酒を頼むときは、一緒に水をもらうようにしてください。水の入ったグラスを常において、お酒と交互に飲むよう心掛けると良いでしょう。

何かを食べながら飲む

空きっ腹でお酒を飲んでしまうと、体内へアルコールの吸収スピードがはやまってしまうため、酔いが回りやすくなります。そのため、大した量を飲んでいなくても泥酔する可能性が高まってしまうでしょう。

この場合の酒癖の悪さを改善するには、何かを食べながら飲むことがおすすめです。乾杯後は食べものから口に入れることを意識してください。飲み会前に軽く何か食べておいても良いでしょう。

度数の低いアルコールを選ぶ

度数の低いアルコールを選ぶことも悪酔いを防止することにつながり、酒癖の改善になるでしょう。ビールやカクテルなどは比較的アルコール度数が低いためおすすめです。ワインや日本酒はアルコール度数が高いため控えた方が良いでしょう。

ただ、お酒の種類によっては、体質によって合う場合、合わない場合があります。自分が悪酔いしやすいお酒を把握しておくことも、酒癖の悪さを改善する方法の1つです。

友人に断酒を宣言する

友人に断酒を宣言して、その通りに実行できれば、宣言することで「やらなければならない」「お酒は飲まない」という意識になりやすいでしょう。断酒によって、悪酔いするような事態は起こらないため、結果として酒癖の改善にもつながります。

有言実行できれば、友人に断酒を宣言する方法は即効性の高い改善方法と言えます。実際に断酒できたときは、友人にも成功を喜んでもらえると、達成感は一層高まるでしょう。誰かが応援してくれていると、モチベーションの持続効果も期待できます。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まった状態では、酔ってしまったときの発言にブレーキがかからず、暴言など羽目を外しすぎてしまうことがあるでしょう。そうならないためには、まずはストレスを溜めない生活に改善していくことが、酒癖の悪さを直すことにもつながります。

ストレスの改善には、日頃からストレッチや定期的に運動したり、日頃の不満を口に出し溜め込まない生活を心掛けたりすることがおすすめです。できそうなことから実践してみてください。

酒癖の悪い人に見られる行動

続いては、酒癖の悪い人に見られる行動について紹介します。酒癖の悪い人と一言で言っても、人によって悪い癖は違います。具体的に、酒癖が悪いというのは、どんなことをしてしまうのか気になる方もいるでしょう。

「お酒を飲んで酔うなんて当たり前、この程度は許容範囲なはず」と思っていても、実は自分が「酒癖が悪い」と言われる対象に当てはまっている可能性もあります。それでは、以下のような行動をとっていないかチェックしてみてください。

けんか腰になる

次のページ:気になる相手の酒癖は?相手の間柄と酒癖の関係

初回公開日:2022年06月23日

記載されている内容は2022年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests