Search

検索したいワードを入力してください

酒癖が悪いのを改善するには|原因や改善策・気を付けることを解説

更新日:2022年06月23日

「酒癖が悪いところを改善するにはどうしたらいいのだろう」と悩む方も多いのではないでしょうか。本記事では、酒癖の悪い人に見られる行動や酒癖が悪さの改善について紹介していきます。気分良く飲み会に参加するためにも、自分の酒癖に悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

いつもは性格が穏やかな人でも、お酒が回ってくると別人のように荒い口調になり、けんか腰になる人がいます。酒乱の人に多い特徴です。乱暴な言葉で相手を罵ったり、言いがかりを付けてけんかを売りはじめてしまったりするでしょう。

アルコールが入ると本性が出るということでもありませんが、普段から性格が温厚で、理性が強い人ほど、お酒に酔ったとき心の内側をさらけ出しすぎてしまい、乱暴な人柄になってしまうことがあります。

突然泣き出す

悲しい話をしていないのにもかかわらず、突然泣き出してしまうような酒癖もあります。シクシク静かに泣くには留まらず、大声で文句を言いながら号泣する人は、一般的に泣き上戸と言われるタイプです。

楽しく飲みたい席で泣いてしまうため、周囲からは「めんどくさい」「収拾がつかなくてもう一緒に飲みたくない」と思われる可能性が高いでしょう。

普段から寂しさやストレスを強く感じていると、お酒が入ったことで、ネガティブな感情が出てきやすい特徴があります。

周りに飲酒を強要する

お酒が入ると、急に周りに飲酒を強要しはじめるタイプも酒癖の悪い人です。このタイプは、お酒を飲むペースは人それぞれであるのに、「どんどん飲もう」「飲むスピードが遅いよ」などと言って、相手を酔わせようと大量にお酒を飲ませようとしてくるでしょう。

相手が「もうこれ以上は」と断ると、「自分がついだ酒が飲めないのか」と怒り出すこともあります。お酒が弱くてあまり飲めない人からは、敬遠される存在になるでしょう。

愚痴をこぼす

酒癖が悪い人には、酔いはじめると愚痴をこぼし出す人もいます。普段心の中で我慢していることが多いほど、お酒が回った瞬間、ここぞとばかりに不平不満を口にするでしょう。

愚痴を言っている本人は、言いたいことを言ってスッキリした気持ちになれることもありますが、自分のネチネチした部分を他人に披露しているだけに過ぎません。話を聞かされる方は、お酒の場を楽しめず、気分が下がって迷惑している可能性が高いでしょう。

説教をはじめる

お酒が回ってくると、普段言い足りないのか、言わずに我慢しているのか、説教をはじめる人も酒癖の悪い行動です。

特に、部下など自分よりも下に見ている相手に対して「お前のこういうところがだめだ」「まだまだ経験不足だ」など、くどくどと言いはじめることが多いでしょう。

お酒によって説教をはじめる人は「もっと自分を敬え」という意味も含んでいることが多く、場の空気は一気に悪くなってしまいます。

気になる相手の酒癖は?相手の間柄と酒癖の関係

最後に、気になる相手の酒癖とどう向き合っていくと良いか、紹介していきます。気になる相手の酒癖が悪い場合、どこまでなら許容できるのか考えてみたことはあるでしょうか。

どんなに素敵な相手だと思っても、お酒が入るとスイッチが入ってしまい、人が変わったようになってしまうケースも少なくありません。どうしても許容できなそうな場合は、交際前に一度お酒を飲む機会を作って様子を見ておいた方が良いでしょう。

恋人

恋人であれば、酒癖が悪くてもそれを超えて魅力を感じるものがあれば、交際自体は問題ないでしょう。

たとえば、「酒癖は悪いけれど相手の仕事に対する熱意は尊敬している」「酒癖が悪くてもアルコールが入っていないときは本当に優しい」などです。

酒癖の点でマイナスに感じる部分があっても、「ここは認めている、こんなところが好き、一緒に居て幸せを感じる」などあるか考えてみましょう。

配偶者

次のページ:酒癖が悪いと自覚したら早く改善しよう

初回公開日:2022年06月23日

記載されている内容は2022年06月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests