Search

検索したいワードを入力してください

「いずれ」と「いづれ」の違い・「いずれ」が入った言葉5コ

初回公開日:2017年07月13日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年07月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ビジネスシーンだけでなく、よく使われる「いずれ」という言葉がありますが、「いづれ」と綴る場合もあります。「いずれ」と「いづれ」は、使い方や意味は違うのでしょうか?いざという時に間違えないためにも、正しい使い方や意味を覚えておきましょう。

「いずれ」「いづれ」の意味

「いずれ」と「いづれ」の違い・「いずれ」が入った言葉5コ
※画像はイメージです

「いずれ」「いづれ」には3つの異なる意味が存在します。1つずつ紹介していきます。

意味①「どれ」や「どちら」という意味

「いずれ」「いづれ」は、2つ以上存在するものや場所、時間などのうち、1つを選択する時に用います。「どれ」や「どちら」と似たような意味を持ちます。

例文

いずれかをお選びください。」

意味②「そのうち」という意味

「いずれ」には「そのうち」や「近々」といった意味もあります。

例文

いずれ改めて伺います。」

意味③「結局」という意味

さまざまな過程を経た結果を伝えるときに用います。「結局」と似たような意味で使用されることが多いです。

例文

いずれ後悔するだろう」

「いずれ」と「いづれ」正しいのはどっち?

仮名遣い現在の正しい表記
いずれ現代仮名遣い(新仮名遣い)
いづれ歴史的仮名遣い(旧仮名遣い)

正しい表記は「いずれ」

現在では正しい表記を「いずれ」と定めています。法令・公用文書・新聞・雑誌など、一般の社会生活において文字を書き表す場合は現代仮名遣いを使用することと決められているようです。

現代仮名遣いと歴史的仮名遣い

「いずれ」は現代仮名遣いです。現代仮名遣いは、現代文のうち口語体のものに適用され、現代の国語を書き表すための仮名遣いの基準とされています。

「いづれ」は歴史的仮名遣いです。歴史的仮名遣いは、明治から第二次世界大戦終結直後まで公文書や学校教育において用いられたとされています。

「いずれ」「いづれ」を使った例文5つ

「いずれ」と「いづれ」の違い・「いずれ」が入った言葉5コ
※画像はイメージです

例文①:「いずれか」

Latests