Search

検索したいワードを入力してください

「気をやる」の意味は?使い方と類語・英語表現や花魁言葉も紹介

更新日:2022年04月22日

何気なく使ってしまいがちな「気をやる」という表現ですが、どのような意味をもっているかご存じでしょうか。「気をやる」は花魁言葉で、江戸時代の遊女たちの間で使われていました。他にも、様々な花魁言葉を知ることで、当時を偲ぶことができます。

気を遣う、気を回す、気にかける、――「気」を使った言葉は数多くあります。しかし、どれをどんなときに用いればよいか、社会人であれば理解しておきたいものです。

何気なく使った言葉でも、そのシーンに適さないものだったら、相手の心象を悪くしてしまいます。中でも、「気をやる」がその一つです。「気を配る」「思いやる」と同じように使ってしまいがちなこの表現は、ビジネスや冠婚葬祭の場にふさわしいものでしょうか。

本記事では、「気をやる」の意味と由来、その使い方を分かりやすく説明していきます。また、「気をやる」と似た言葉や、英語での表現方法、他にも知っておきたい様々な日本語を紹介します。

この記事を読むことで、不適切な場で「気をやる」を使うことがなくなります。また、関係する様々な言葉を知ることで、昔の女性たちの思いを偲ぶことができるでしょう。

履歴書や自己PRの文章を考えている方は、ぜひ一読をおすすめします。

「気をやる」はどのような意味の言葉?

「気をやる」は性的な表現の一つといわれています。性的絶頂、オーガニスムに達するという意味で使われていたようです。快感のあまり、失神や気絶してしまうこともあり、そうした「限界を超える」という印象もあります。

また、「やる(遣る)」の意味の一つとして、「すっきりしない心やふさぎがちな気持ちを、何かでまぎらす」というものがあります。現代でも、ニュアンスとして通じるものがあるようです。

「気をやる」の意味とは?

次のページ:「気をやる」の使い方と英語表現

初回公開日:2022年04月22日

記載されている内容は2022年04月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests