Search

検索したいワードを入力してください

決意表明の書き方と例文|中学生/高校生/新入社員/スピーチ

初回公開日:2017年11月28日

更新日:2020年05月24日

記載されている内容は2017年11月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

さまざまなシーンにて決意表明をする際の書き方やその例文などをご紹介します。中学生や高校生のスピーチ、新入社員スピーチなども含めた、人生の岐路や大切な場面で取り交わされ人々に共感される決意表明の文面についてを言及していきます。

決意表明の書き方

人生の節目で訪れるのが「決意表明」です。特に新しい場所に入った際に、そこでどのようなビジョンを描いているのかを、明確に説明する方法として採用する企業が多いと聞きます。一体どのような表現方法が決意表明として適切なのでしょうか。

その折々で、決意表明のやり方や内容も違ってくるものではありますが、一貫したルールも存在するのでしょうか。以降、決意表明に関しての特集です。

決意表明の基本的な意味

決意表明については、どのような意味が元々あるのでしょうか。決意表明とは信念や考え方、今後の方針などを実現させるために、自分は一体どのような対策や進め方をするのか、主な内容を明示することを指して言います。

例えば、会社内で辞令があって移動や昇進をすることになった場合、そのポジションになって以降、自分はどうありたいのか、どうしたいのかを公式に伝えることを言います。文書化するかスピーチで公言するのかは、その企業や組織によりけりです。

中学生の決意表明から基本を見る

決意表明文を書く際に必要なことは、周囲への影響をおよぼすほどに自分のモチベーションが高く感じることができる文面であるかです。中でも中学生が書く決意表明文はその典型ともいえます。

主に普段の学習態度や受験勉強、部活動、生徒会活動などの学校行事やそれに付随した内容に関わる表明がほとんどです。

概ねの内容は精神論が中心ですが「努力」や「頑張り」というものが前面に出ています。まずはその単純な動機を単語で表現させることは、さらなる可能性を感じさせます。プライベートな習慣について、自助努力を促す内容などを簡潔に書いていく特徴があります。

高校生の決意表明から基本を見る

中学生のものと同じように高校生の書く決意表明文でも、さほど基本的なことは変わりありません。まだまだ対外的に自分をプレゼンテーションすることに慣れていない世代ですから、今後への抱負を感じたまま素直に書くということで、ほとんどは合格点と言えます。

ただし中学生の頃よりも少し進化した決意表明を書きたいのなら、具体的な目標や目的、期限なども盛り込んだ内容を心がけると良いでしょう。

高校生にもなれば思考もだいぶ大人びてきます。決意表明には、いつまでにどんな成果をどのくらいのレベルで達成させるのかをしっかり打ち立てていくことです。

新入社員らしい決意表明とは

社会人になれば学生の頃とは違って約束事が増えてきます。責任や信用がさらに問われる立場になっていきます。それに伴って昇進や新プロジェクトへ参加する際、自分らしい前向きな意思を周囲にアピールすることになるでしょう。

社会人、特に新入社員にとっての決意表明は、そのような職場内での変化に応じたものが中心となっていきます。その際の決意表明文は誰に向けて、どのような立場で書くかがシーンごとに変わっていきます。

決意表明を書く際の順序

決意表明の文章やスピーチの際の原文を作る時には、ある一定の流れや順番を心得ておくと良いでしょう。以下が決意表明を作る際の基本的な順番です。

1.簡単な自己紹介やプロフィール
2.その場における現在の心境、喜びの気持ち
3.将来の決意(抱負)
4.結びの言葉

なお結びの中には、目上の人やお世話になる人への感謝の言葉を添え「ご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします」といった定型句で締めるのが一般的です。

決意表明を書く際の外せないポイント

決意表明の根本には自分の考え方や信念があり、それを踏まえて方針を決めて実現のためにどうすべきかを明確に伝える文脈として成立させることが必要です。これは言い換えると有言実行を果たすという宣誓でもあります。それくらい責任ある姿勢を示しながら、一人の社会人として全うするという意味を含めています。

では一般的な決意表明を文章化する際の、大きなポイントをいくつかご紹介します。

決意表明に欠かせないポイント①やる気と謙虚さ

高校生から社会人にいたるまで、どんな決意表明を作る際に欠かせないポイントの一つは、やる気のアピールと謙虚さです。自分がこれから身を置く場所への期待値は未知数ではあります。しかし前向きな言葉を発することが何よりで、それを聞いた人はそのまま当人のイメージを判断します。善くも悪しくも第一印象に囚われているのが人の世です。

しかし前向きな発言だけをしていても、どこか不自然で作りものっぽく聞こえてしまいます。そこで入れてほしいのは謙虚さを表す表現です。自分を取り巻く周辺の人々の尽力について、お礼を述べることで不思議と場がなじんできます。

決意表明に欠かせないポイント②これからの抱負

決意表明に入れておきたいこととして、時間軸を意識するというものもあります。過去から現在、そして未来に向かっていく中での、自分の気持ちや考え方を時系列に追って話していくと、広がりが出てきます。しかし時間や文字数の制限などを考えた場合、過去や今は抜きにしても、今後の将来については必ず語るように心がけましょう。

未来に描いている自分のビジョン、理念などをしっかり伝えることで、多くの人々と共有できる可能性もあります。過去のわだかまりには誰も興味はなく、今後あなたとどんな仕事ができるかを人々は考えているからです。

決意表明で良い印象を与えるには

決意表明の文章を通常書く理由というのは、職場や学校などで上司や目上の人への自分の想いを伝えるために用いるからです。である以上は、文章の始まり方や結び方などにも考慮する必要性があります。学生はまだしも、仕事上では普通「拝啓」で入り「敬具」で締めます。

仮にその決意表明が社内文だとしても、形式上は恩師へお礼の報告を書いているくらいの感覚が一番良しとされます。新社会人が決意表明文を提出するのは、明らかに上司に宛ててです。その点を忘れないようにしましょう。

決意表明とは抱負のことを指す

今の仕事を続けていいのか不安に感じる

「仕事は楽だし、楽しいけれど、本当にスキルがついているか不安…」と思われる方も多いのではないでしょうか?

じつは、転職の理由として「将来への不安」をあげる人は多く、転職理由としてもポピュラーなものなんです。

「転職すれば解決するのか分からない」「自分に原因があるかも…」

そう考えてしまうあなたには、マイナビエージェントに相談することをおすすめします。

マイナビエージェントなら、あなたの将来のキャリアプランや、習得すべきスキルまで相談にのってくれます。また、あなたのキャリアプランにあった職場の情報やスキルも教えてくれるでしょう。

もちろん、利用や登録は無料なので、悩みを相談するだけでも大丈夫!

まずは無料会員登録してみましょう!

Latests