Search

検索したいワードを入力してください

反省文の書き方・例文・長文がいいのか・書き始め|高校生/ビジネス

更新日:2020年10月02日

学校でもビジネスシーンでも、思いがけずミスをしてしまい反省文を書くことになったら、一体どのように書けばよいのでしょう。シーン別の反省文の書き方から、使う便箋や封筒、縦書きか横書きかなど、反省文に必要なものまでご紹介します。

反省文のフォーマットは、自分で勝手に判断せず提出先のフォーマットに合わせて確認の上作成してください。しかし、手書き反省文が許される場合は、とても反省の念が伝えやすいので手書きをします。

反省文を手書きするときの注意点

手書き反省文を作成する場合には、便せんを使用し、筆記具は黒色ボールペンを使用します。

事前に別の用紙に提出する清書レベルまでの下書き文書を作り込み、その下書きを元に清書の便せんに全体に対しての文字のバランスを取りながら、楷書で一字一字ていねいに縦書きします。

文字を間違った場合には、間違ったところを修正液で直すのではなく、最初から全部を書き直しましょう。

反省文の書き始め

反省文の書き始めには、時候の挨拶や頭語結語は不要です。まず、自分の犯したトラブル、ミスの概要と反省の言葉から書きます。

前置きなしにいきなり内容に入ると性急な感覚を感じるでしょうが、むしろ、最初に主旨を述べることで読み手である上司に陳謝している態度が伝わります。

反省文は縦書きがいいのか

丁寧な自筆で縦書きの反省文ならば、読み手にとって感情的に入り込むことができます。ですから、反省文は便せんに自筆で縦書きがいいのかと聞かれれば、いいのですが、現在は会社の書類の管理上、同じフォーマットの電子媒体の方が都合がいい側面もあります。

すべては会社の基準にあわせて反省文は作成することが重要です。あまり縦書きにこだわらないほうがいいでしょう。

反省文を入れる封筒

封筒に入れる場合には、事務用の茶色封筒を避け、白色封筒を使用しましょう。

反省文を作成し提出しようとするとき、用紙そのままでは失礼に当たるのではないか、反省していないように見られるのではないか、と封筒に入れるべきか迷うこともあるでしょう。特に決まりはありませんので、問い合わせるか前例に従って必要であれば封筒に用紙を入れ提出します。

何を封筒に書けばいいのか?

封筒の表側には中央、縦書きで「反省文」と書き、裏側には左下に所属部署名、本人氏名を書きます。そして、封をせず提出しましょう。

封をしない理由は、封筒を手渡しする場合には慣習として封をしないからです。反省文を渡すときには、直接、提出先の上司に渡すのが礼儀であり、その時には一言反省を添えることも忘れないようにしてください。

反省文は成長の記録と考えよう

反省文を書かなくてはいけない状況は、とても心理的に落ち込みます。損害を与えない状況では、大体において言葉による謝罪ですむのに、反省文の提出を求められるということは上司からの懲罰の意図があります。

場合によっては、あなたの全責任ではなく「あと十秒違えば、あんなことにならなかった」と不可抗力を恨むこともあるでしょう。少しのトラブルやミスはほんの些細な想定外の巡り合わせで起こります。

しかし、重要なことは他人や不可抗力のせいにせず、自分の責任として直視することです。改めて他人に読まれる文章にすることで物事を整理し、冷静に考え、これからどうすればいいのかをまとめることは無駄ではありません。

むしろ、反省文は人間としての成長としてのチャンスと捉えることもできます。必ず反省文はコピーを取り残しておきましょう。何年かして読み返した時、ここで失敗して反省したからよかったと思える日が必ず来ます。

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests