Search

検索したいワードを入力してください

食べるのが遅い人に共通する性格・心理とは?原因や対処方法も解説

更新日:2022年07月14日

食べるのが遅い人には、その人の性格や心理に特徴があるのはご存じでしょうか。食べるのが遅い人は自分で特徴に気づいていないことも多いです。本記事では、食べるのが遅い人の特徴、原因、対処方法などを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

食べるのが遅いと言われたことはありませんか?もしくは周りの人に対して食べるのが遅いなあと思った事はありませんか?食事は生きるうえで欠かせないものであり、とても身近な行為です。また、食事を楽しむということも大切です。

食べるのが遅いと、周りの人を待たせてしまったり、次の予定に進めなかったり、時間が足りないなどの問題がおこります。遅い本人は気づいていないけれど、周りが苛ついてしまうということもあるようです。

この記事では、そんな食べるのが遅い人の特徴や原因を紹介しています。記事を読めば、対処方法を理解しそれを実践することができるでしょう。

自分が遅いと感じている方も、周りに遅いと感じる人がいる方も、お互いが気持ちよく食事をするために知っておきましょう。

食べるのが遅い人の特徴ってある?

食べるスピードは人それぞれですが、ゆっくり食事をする人や食べるのが遅い人には、共通する性格や心理の特徴、原因があります。また、食べるのが遅いことによるメリットやデメリットも存在するのです。

食べるのが遅い人に共通する性格・心理

食べるのが遅い人には、いくつかの共通する性格や心理があります。ここでは、その特徴を7つ紹介しますので、自分の周りの人、もしくは自分に当てはまるか考えてみてください。

焦るのが苦手・嫌い

子どもの頃からゆっくり食べる習慣があった人は、そもそも早く食べることに違和感や抵抗がある人もいます。特に一人っ子の場合は、食べ物の取り合いもないので急いで食べる必要もなく、食べるのが遅い人が多いです。

上品に食べる習慣がついている人もおり、この場合社会人になって食べるスピードの遅さを指摘されてもなかなか改善できない人もいます。

とにかくマイペース

自分の速度、ペースで食事をする人は食べるのが遅い人の特徴です。この場合、本人は自分が遅いことや周囲がどのようなペースで食べているかに気づいていません。そのため、周りのペースに合わせようとすることもないのです。

また、食事だけでなく、仕事など普段の生活の中でもマイペースさは目立つ傾向にあり、時に周囲に気を遣わせたり、イライラさせたりすることもあるため注意が必要でしょう。

真面目な性格

真面目な性格の人は、食べるのが遅いことが多いと言われています。それは、真面目な性格ゆえにしっかりと噛んでから飲み込まないといけないという考えをもっている人が多いからです。

真面目な性格の人は、自分が食べるのが遅いことに気づいており、悩んでいる場合もあります。スピードが遅いことを指摘するなど対処方法を間違えると、食事を楽しめなくなってしまう場合もありますので、工夫してストレスにならない方法をとりましょう。

物事に対するこだわりが強い

食事に対するこだわりが強い人も食べるのが遅い傾向にあります。強いこだわりは、食べる順番やペース、噛む回数など、人によってさまざまです。自分の中で絶対にこうしないといけないというルールを作り、実行する神経質な性格の人にみられます。

この場合は、本人に認識してもらうために指摘していくことも必要です。上手く本人に伝えて、行動の変化を促していきましょう。

周囲のことが見えていない

次のページ:食べるのが遅くなる原因

初回公開日:2022年07月14日

記載されている内容は2022年07月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests