Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月24日

実習のお礼状の例文|書式/実習目的・出す時期別の書き方と注意点

誰もが書き方に戸惑う「お礼状」の書き方。特に学生の実習の場合はどう書けばよいか分からず大変苦労することでしょう。この記事では実習のお礼状の書き方について、本文はもちろん手紙の形式や季節の挨拶まで細かく解説。これを元に相手に喜ばれるお礼状をかいてみましょう。

実習のお礼状の書き方と実際の例文

実習のお礼状の例文|書式/実習目的・出す時期別の書き方と注意点

実習のお礼状を書く際には、必ず書くべき要素をしっかり入れることが重要になります。これからその要素と書き方を一つ一つ見ていきましょう。

最初に宛名を明記する

お礼状の一番最初には、必ず宛名を明記しましょう。いきなり本文から書き始めてはいけません。具体的にはお世話になった担当の先生の名前、先生の肩書を書きましょう。そうすることで、このお礼状が誰に向けて書かれたものかがはっきりします。誰に書いたか分からないお礼状は失礼に当たります。

頭語と結語を正しく使おう

「頭語」「結語」とは、いわゆる「拝啓」「敬具」のことです。お礼状だけでなく、お手紙などでもよく用います。しかしこの頭語・結語の書き方をよく理解しないと、間違った書き方をしてしまう可能性があります。

まず頭語と結語は必ずどちらも書かなくてはなりません。どちらか一方だけで良いというものではありません。

また、拝啓・敬具の他に謹啓・敬白もありますが、基本的に意味は同じです。しかしどれを使うかにはルールがあります。拝啓なら敬具で、謹啓なら敬白で結ぶ、というように書き方が決まっています。お礼状を書きなれていない人にありがちな間違いなので気を付けましょう。

他にも「前略」という言葉がありますが、お礼状で使うのは絶対にやめましょう。「前略」というのは、「失礼を承知で全文でのご挨拶を省略させていただきます」という意味です。つまり相手に対して失礼に当たる行為になってしまいます。

自己紹介と季節の挨拶を書こう

それでは本文の書き方に入ります。まずは自己紹介をしましょう。この手紙はどこの誰が書いたのかをはっきりさせなくてはなりません。そのためあなたの肩書を明記しましょう。

次に季節の挨拶を書きましょう。この挨拶の書き方は非常に複雑で難しいものではありますが、コツをつかめば誰でも書けるようになります。詳しい書き方は後ほど解説しましょう。

お礼と実習で学んだことを明記しよう

実習のお礼状の例文|書式/実習目的・出す時期別の書き方と注意点

お礼状ですから、実習をさせてもらったことへのお礼を書かなくてはなりません。お礼の書き方としては、まずはお世話になった担当の方について言及しましょう。実際に名前を挙げてお礼を書くことで、気持ちが伝わりやすくなります。

次に実習で学んだことを。具体的に書きましょう。書き方のポイントとしては、今回の実習でどんなことを感じたのか、どんなことを学んだのか、実習前と後でどんなところが変わったかなど、実習でのあなた自身の変化を前向きに書いていきましょう。

結語で結んだ後の書き方

結語(敬具や敬白)で結んだ後の書き方は難しくありません。

まずはお礼状を書いた日付を明記しましょう。その次にあなたの肩書を書いて終わりです。

最後に、お礼状のすべてを書き終えたら必ず見直しをしてください。誤字・脱字はないでしょうか。特に相手方の名前や肩書を間違えることは大変失礼です。気を付けましょう。また言葉の言い回しや書き方はおかしくないでしょうか。相手が読みやすい文章を心がけましょう。

内容以外で気を付けたいお礼状の書き方

お礼状の書き方においては、お礼状自体の内容の他にも気を付けなくてはならないことがあります。

一つ目は、実習が終わったらすぐにお礼状を書くこと。実習が終わると、報告書やレポートに追われることも多いですが、お礼状が遅れてしまうと、相手方に不快感を与えてしまいます。実習が終わったらすぐにお礼状を書き始めましょう。

二つ目は、実習の報告書を必ず送ることです。これはお礼状よりも後に書くことになるでしょうから、お礼状とは別にでき上がったものを送りましょう。実習で関わった人に、その実習の報告書を提出することは、基本的な礼儀になります。相手方としても、この実習がどのように書かれたのか把握しなくてはなりません。

お礼状の書き方例

〇〇病院
看護婦長 〇〇様

拝啓
○○大学○○学部○○科〇年佐藤一郎と申します。中秋の候、○○様におかれましてはますますご健勝のことと存じます。さて先日は〇〇日間に渡り、病院実習をさせていただきありがとうございました。実習の間はあらゆることが新鮮でたくさんの学びを得ることができました。特に担当していただいた○○様には大変お世話になりました。
さて、実際に実習を経験して感じたことは、医学的な知識だけでは現場では通用せず、あくまでも患者さんとのコミュニケーションが重要だということでした。どれだけ知識があっても、患者さんに上手く伝えられなければ意味を成しませんし、患者さんとの間に信頼関係が築けなければ、スムーズに仕事を進めることもできないということが、私にとって今回の実習で得た一番の気付きでした。
最後になりますが、至らぬところばかりの私を優しく、分かりやすくご指導してくださった○○様、様々な場面でお世話になった看護婦の皆様に再度御礼申し上げます。今回の実習で得た経験を、今後の学業と将来の仕事に生かしていく所存でございます。
それでは○○様の益々のご活躍を祈念いたします。                  
敬具
平成○○年○月〇日
大分県○○市○○○○
○○大学○○学部○○科〇年
佐藤一郎

書式別お礼状の書き方の注意点

縦書き、横書きの書き方

まず縦書きの書き方からご紹介します。縦書きの際に気を付けるポイントは、各項目でどのくらいマスを開けるか、ということです。

まず頭語は一マスも開けません。そのまま書きます。次に前文(挨拶)は頭語の次の行に、一マス開けて書き始めましょう。そして本文に入るときにまた行を変えましょう。そして一マス開けて書きだします。また最後のお礼、締めの挨拶も行を変えて、一マス開ける必要があります。

次に結語は、一番下から一マス開けて書きます。その次は日付を二マス開けて上から書きます。そして差出人の名前を一番下から一マス開けて書きます。最後に宛名を上からマスを開けずに書けば完成です。

次に横書きの書き方です。基本的なマスの開け方は縦書きの書き方と全く同じです。しかし宛名を書く位置だけ変わります。縦書きの際は宛名を最後に書きますが、横書きでは宛名を一番最初に書きます。間違いやすいポイントですので注意しましょう。

封筒、手紙、はがきの注意点

お礼状を出す際には、本文以外の部分にも注意が必要です。

まずはお礼状を入れる封筒の書き方についてです。封筒の表に書く宛名と住所の書き方にも決まりがあります。一つ目は、宛名は必ず封筒の真ん中に書くこと。二つ目は、住所が宛名より上にも下にも出ないこと。どちらも間違えると相手方に失礼に当たります。

次に手紙についてです。お礼状の手紙は必ず手書きで、できれば万年筆で書きましょう。ワープロの方が楽だという人もいますが、お礼状は感謝の気持ちです。感謝はそれにかけた労力に比例して伝わります。面倒だと思ってもお礼状は必ず手書きで書きましょう。

最後にはがきについてです。基本的にはがきは簡易的なお便りになるので、お礼状ではがきを使用することは避けましょう。相手に対して失礼になる場合がほとんどです。

宛名の書き方

宛名の書き方で注意しなくてはならないのは、名前を絶対に間違えないこと、誰に向けて書くか、宛名の並び順の三つです。

実習では担当していただいた方の他に、病院や保育所の院長、他の指導員の人などお世話になった人がたくさんいるはずです。今回のお礼状でどこまでの人に向けて書くかを事前に決めておきましょう。また宛名の並び順は、肩書が高い順に並べることも重要です。

日付の書き方

日付の書き方は非常に簡単です。必ず平成などの年号を用いること、投函する日付にすることの二つを意識しましょう。

実習目的別の注意点

病院、理学療法の実習の場合

病院や理学療法施設での実習の場合は、担当の指導員の方以外に手伝いをする看護婦さん、スタッフ、実際に治療を受ける患者さんなど、たくさんの方と関わることになります。そのためお礼状の書き方の注意点としては、担当の指導員と現場の責任者に向けて書くことを意識しましょう。

ただし、実際にお世話になった方がその他にもいることは間違いないので、本文中で一度それらの方々にも触れることを忘れてはいけません。

薬局の場合

薬局の場合のお礼状の書き方としては、ぜひ自分の知識が実践できたかどうかについて書いてみましょう。実際に知識を得てはいても、患者さんに説明する際の言葉選びであるとか、瞬時に知識を取り出すことができたかどうかといったことはなかなか難しいものです。もしそれについて対処法を教えてもらっていたら、その対処法を実践してからどのように変わったかも書くと、相手方に喜ばれるお礼状になります。

栄養士の場合

栄養士の場合のお礼状の書き方としては、自分が普段メニューを作っていた時と、実際にプロの方が作る時とで、どんなことが違うのか、どんなところを意識しているかの違いを書くと良いです。実習でどんな経験を得たのかは、相手が最も気にする部分です。できる限り具体的にプロと自分との違いで気が付いたことを書きましょう。

保育所、幼稚園の場合

保育所や幼稚園での実習の場合は、自分が子供たちと接して気が付いたことだけに終始しないように気を付けましょう。自分のことばかりにならず、実際に指導員の方からどんなことを学んだのかを明記しないと、相手からしたら教えたことを覚えていないと捉えられてしまいます。

施設、介護の場合

施設や介護関係の実習の場合には、自分の取り組み方と、要介護者の方々の視点とのずれについて書けると良いです。このずれは実習を行わないと分からないことです。またこうしたずれにプロの介護福祉士の方がどのように対処しているのか教えてもらっていたら、そのことについても書きましょう。

保健所の場合

保健所での実習の場合は、動物に対する悲しみや慈しみの感情に終始しないようい気をつけましょう。基本的にお礼状は実習でお世話になった方に向けて書きます。自分のことばかりではなく、実習でお世話になった方からどんなことを学んだのか書けるようにしましょう。

お礼状を出す時期別の挨拶の注意点

夏の場合

夏の季節の挨拶の書き方には、他の季節よりも注意しなくてはならないことがあります。それは、立秋の前後かどうかです。立秋前なら「暑中」、後なら「残暑」となります。これを間違えると非常に恥ずかしい思いをするので気をつけましょう。

秋の場合

秋の場合の書き方の注意点としては、季節が移ろう速度が速い季節ですので、寒暖の面でずれが生じないように気を付けましょう。まだまだ暖かいのに、冬の訪れを感じさせるような挨拶をしてはいけないといった具合です。

2月の挨拶

2月の挨拶の書き方ですが、ぜひ暦の上で立春を迎えたにも関わらず、実際はまだまだ寒いことに触れてみましょう。以下例文です。

春寒の候、立春とは言えどもまだまだ身に染みて寒い日々が続いております。

3月の挨拶

3月の挨拶の書き方としては、季節の境目になるので、まだ冬が去っていないことを書くのか、春の足音を感じることを書くのかはっきりしましょう。そうするとより季節感が出るので、相手にも好印象を与えることができます。具体的には、冬の寒さ残るころ、早春の候、寒さ緩むころ、などの使い分けです。

6月の挨拶

6月の挨拶では、梅雨について触れてみましょう。今が梅雨の真っただ中で憂鬱な季節なのか、梅雨明けして晴れ晴れとした季節なのか、それを意識した書き方をするだけで、あなたの挨拶はとても美しいものになります。具体的には、入梅の候、梅雨も明けて初夏を感じるころ、などです。

9月の挨拶

9月の挨拶では、秋の訪れを意識した書き方をしましょう。具体的には爽秋や秋分など、秋を意味する言葉を積極的に入れていきましょう。

10月の挨拶

10月は実りの季節です。お礼状の挨拶でもぜひ実りを意味する言葉を入れていきましょう。具体的には、田畑の実りが輝く季節になりました、などと書けるととても良いです。できる限り秋の豊かな雰囲気を出せるようにしましょう。

11月の挨拶

11月は非常に寒いですが、まだ暦上では秋か冬かを意識しておかなくてはなりません。秋であれば晩秋、深秋、冬であれば初冬、立冬を用いましょう。

12月の場合

12月の初頭の場合は、厳しい寒さや冬の訪れを意識した言葉を用いましょう。初冬や初雪といった言葉が良いです。また年末の場合は、師走の候や年の暮れといった言葉を用いると、季節感のある使い分けができます。

お礼状が遅れてしまった場合

本来あってはなりませんが、お礼状を出すのが遅れてしまった場合の挨拶の書き方は注意する必要があります。まずは遅れたことを謝罪しましょう。謝罪なくしてお礼状を書いてはいけません。それからお礼状が遅れた理由を正直に述べましょう。正直にちゃんと説明することがポイントです。失った信用は簡単には戻りません。誠意をもって謝罪しましょう。

お礼状では形式と感謝が大切

最後になりますが、お礼状においてはまずは形式をしっかり守ること、その後に感謝の気持ちを伝えることが大切になります。形式を守ることは、相手への敬意を示すことと同義です。まずはしっかり敬い、それから感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。そうすれば、あなたのお礼状は相手の心に残る大切な一枚になるでしょう。

←前の記事へ

引用文献の書き方・参考文献との違い・書誌情報の書き方

レポートや論文での「出典」の書き方|図やWebからの引用の場合

Latests