Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月13日

転職エージェント比較時の選び方・着目するポイント(評判/情報量)

転職活動で転職エージェントを活用するケースは多く見られます。転職エージェントは数が多く、比較や選び方はどうすればいいのか、気になる方も多いでしょう。この記事では、転職エージェントの比較時の選び方やポイントをご紹介します。転職活動にぜひ役立ててみてください。

転職エージェントとは?

トピック1003459/要素1204999
転職エージェントの比較と選び方を考えるにあたって、まずは転職エージェントとは何かということを見ていきましょう。

転職エージェントとは何か?

転職エージェントは、転職に必要な手続きについて一体化したサポートを受けられるサービスです。転職の求人紹介、応募、面接まで、一体化したフォローが行われます。転職エージェントに登録すると、担当のコンサルタント(アドバイザー)がつき、面接日程の調整などの手続きがスムーズに行われます。また、これらの転職エージェントのサービスは無料です。

転職エージェントの活用は、コンサルタントによる転職相談に大きな特徴があります。転職活動では、その人の現職、これまでの職歴、さらには今後のキャリアプランなど、様々な点を考慮することになります。これらを転職相談として面談で総合的に判断し、その人に合う求人の紹介が行われる、ということに転職エージェントの特徴があります。

転職サイトとの違い

転職活動では、転職サイトを活用するケースももちろんあります。転職サイトを活用する場合、転職サイトに掲載された求人情報をもとに転職活動を行うことになります。自分で求人を探し、面接の日程や進め方なども自分で決め、進めることになります。

このような転職サイトを活用するケースと比較すると、転職エージェントは、転職活動の一連の流れを一体化したサポートが大きな特徴です。転職エージェントを活用すれば、転職における相談や面接対策などもあり、自分一人で転職活動を行うよりも客観的な視点を持つことができます。

また、転職エージェントを経由した転職では、年収交渉がスムーズに進むケースもあります。さらに、転職エージェント側から企業へ推薦が行われることもあります。

このような手厚いサポートが、転職エージェントの特徴です。

転職エージェントの比較と選び方の重要性

トピック1003459/要素1205001

多くの転職エージェントを比較する

転職エージェントには、手厚いサポートが受けられるという特徴がありますが、比較と選び方には注意点があります。

転職エージェントは数が多く、それぞれで様々な特徴が見られます。やみくもに転職エージェントを使用すればよいというわけではありません。複数の転職エージェントをきちんと比較したうえで、十分に検討を行った選び方をする必要があります。

それぞれの仕組みを理解しておくこと

また、転職エージェントの仕組みをきちんと理解しておくことも、比較と選び方の重要なポイントです。人によっては転職エージェントが合わないといったケースも見られます。

転職エージェントは確かに手厚いサポートが受けられますが、ある程度自分で決めたいという人には向いていない場合もあります。転職エージェントの中でもそれぞれで特徴があるため、きちんと仕組みを理解して比較したうえで、上手な選び方をすることが重要です。

効果的な選び方につなげる

転職エージェントを比較すると、それぞれに特化した内容が見えてきます。例えば、転職全般で柔軟に対応している転職エージェントもあれば、第二新卒に特化した転職エージェントもあります。

特定の業界、業種、職種に特化しているものもあります。それぞれの転職エージェントで特化している内容、特徴などを十分に比較して検討することは、転職エージェントの選び方の重要なポイントです。

転職エージェントを利用した事がない場合、その仕組みなどについて不明瞭な点もあるかと思います。最初は転職エージェントの内容や仕組みを理解し、複数の転職エージェントを比較することが、効果的な選び方につながります。

転職エージェントの仕組み

トピック1003459/要素1205017
それでは、転職エージェントの比較や選び方を検討するために、まず一般的な転職エージェントの仕組みや、活用方法を見ていきましょう。

無料で行われるサービスの仕組み

転職エージェントのサービスは基本的に全て無料です。別途手数料などを払うことなく、転職相談や面接日程の調整などの手厚いサポートを受けることができます。無料でサービスを受けられるのには理由があります。

転職エージェントは、転職希望者が転職に成功した場合、その転職先の企業から報酬を受け取ります。これは、転職エージェントが希望者を企業に紹介したことによる紹介料、仲介手数料の意味があります。金額としては、その転職者の年収の約3割程度を報酬として受け取ります。これが転職エージェントの収益構造になります。

つまり、転職希望者側からすると、別途手数料などを支払うことはありません。転職希望者は無料でサービスを受け、転職に成功したら、転職先の企業側がお金を支払うことになります。

登録から面談まで

転職エージェントの活用は、まずは登録と面談が重要になります。これは次のような手順になります。

まずは転職エージェントに登録します。複数の転職エージェントに登録しておくことが効果的です。それぞれサービスを比較したうえで転職エージェントの選び方を考えることになりますが、自分に合わないサービスになるおそれもあります。

その際に、他のサービスを使用できるようにするため、複数の転職エージェントに登録することが理想的です。登録事項としては、学歴や職歴、希望条件などを詳しく記入します。

転職エージェントの特徴は、コンサルタントときちんとした面談ができることです。ここで全般的な転職相談から、その人に向けた求人紹介までが行われることになります。その際には、登録時の情報が重要になります。転職希望者の職歴や希望条件などを登録情報から把握し、面談を行い、実際に転職希望者の希望に沿った求人紹介が行われます。

選考の具体的な流れ

登録と面談の後は、具体的に選考の流れになります。

面談によって求人紹介が行われ、応募する企業が決まれば、具体的な応募手続きが行われます。ここでの日程調整などはコンサルタントが行い、全面的なサポートを受けることができます。

また、日程調整だけでなく、面接対策、応募書類の添削なども行われます。これらをもとに、具体的に選考への対策が進みます。

そして選考での面接が終わった後も、転職エージェントを通して面接のフィードバックが行われます。実際に応募先の企業からフィードバックの情報を得ることができるのは、転職エージェントの特徴になります。

これにより、自分の良い点悪い点の確認ができます。転職エージェント側としても、フィードバックによって転職希望者と応募先の企業が合っているかの確認ができます。また、全般的な転職の流れの確認にもなります。

フィードバックの内容によっては、応募者が他の企業や他の転職エージェントの活用を考えることがあります。その際にも、転職エージェントの比較や選び方が重要になります。

内定後

内定が決まった後も、転職エージェントによるサービスは重要な意味を持ちます。

内定後に条件や待遇についての面談が行われる場合、その場で疑問点について確認することができます。

一方で、転職エージェントを通して内定通知書をもらう場合でも、疑問点があれば転職エージェントを経由してすぐ確認をすることができます。また、転職エージェントによっては、現職の退職時のポイントや退職交渉についてのアドバイスといったサポートを受けることもできます。

特に現職を辞めるタイミングなどで悩んでいる場合、このようなアドバイスがあるかどうかは、転職エージェントの比較と選び方の一つの目安になります。

転職エージェントを選ぶメリット

トピック1003459/要素1205007
転職エージェントの比較時の選び方には、転職エージェントのメリットとデメリットを把握しておくことも重要です。ここではメリットについて見てみましょう。

転職サイトと比較したメリット

上記でも少し触れましたが、転職サイトとの比較で転職エージェントのメリットを考えてみます。これも転職エージェントの比較と選び方の重要なポイントです。

転職サイトは、一般的に幅広く求人を掲載しています。転職エージェントの場合、求人の種類や数だけでいえば、転職サイトと比べ少ない傾向があります。より幅広く求人情報を知りたい場合は、転職サイトを活用することが効果的です。

一方で、非公開求人については、転職サイトより転職エージェントの方が有利になる場合があります。詳しくは後ほど見ていきます。

また、転職エージェントの特徴は手厚いサポートにあります。転職サイトから自分で判断して転職活動をする場合と比べ、転職エージェントではコンサルタントによる客観的な視点が入ること、手続きがスムーズに進むこと、などのサポートがメリットです。

非公開求人の充実

転職エージェントは、一般的に非公開求人が充実しています。そして、非公開求人のために他の転職サイトなどで公開されていない場合、転職エージェントを活用しなければ応募できないことになります。

転職エージェントを経由した応募者は、単なる応募者と異なる視点で企業にアピールをすることができます。企業側としては、転職エージェントを通した応募者はある程度自分の企業にマッチしているのではないか、と判断しやすくなります。

これは、転職エージェントのコンサルタントが応募者の希望や適性などを判断して企業に紹介するため、企業にしてみれば応募者への期待が上がる傾向があります。

そのため、転職サイトへ求人を掲載するのではなく、あらかじめ非公開求人として転職エージェントに求人情報を渡しておくケースは十分に考えられます。転職希望者からしても、転職エージェントに登録して多くの非公開求人についての情報を得ることは、結果として幅広い求人情報を把握できることにつながります。

情報量の多さ

転職活動全般に対する情報量の多さもメリットになります。転職エージェントのコンサルタントは転職市場のプロです。プロのコンサルタントと相談するだけでも、自分一人では見えなかった転職事情、転職に関する情報を確実に入手することができます。

情報量の多さは、転職エージェントの比較と選び方の重要なポイントです。転職エージェントによって情報量には違いが見られますが、一人で転職活動をする場合と比べると、より多くの情報を入手することができます。

手続きのサポート

転職エージェントの特徴は手厚いサポートになりますが、これは転職活動における複雑な手続きに対するサポートを受けられるというメリットがあります。

転職活動の場合、応募先の企業との面接の日程調整など、様々な手続きが必要です。また、現職との調整も必要です。一度現職を退職してから転職活動を行うケースもありますが、現職として仕事をしつつ転職活動を行うことは、とにかくスケジュールの調整が重要になってきます。

いくら転職を考えているといっても、あまりにも現職をおろそかにすることは好ましくありません。現職での仕事の様々なスケジュールを考えたうえで、転職の日程を調整する必要があります。

その点で、転職エージェントを活用すると、応募先の企業との日程調整がスムーズに進みやすくなります。自分一人で調整するより、自分の都合の良い日を知らせてコンサルタントが調整してくれるのであれば、複雑な手続きもスムーズに進みます。

転職エージェントのデメリットは?

トピック1003459/要素1205009
転職エージェントを比較と選び方を考えるには、転職エージェントのデメリットも把握しておく必要があります。デメリットだからといって悪い側面としてだけ捉えるのではなく、転職エージェントの上手な比較の仕方、上手な選び方につなげるため、デメリットを把握しておくことが重要になります。

求人数について

転職エージェントは、転職サイトと比較して非公開求人が充実していることがメリットになります。一方で、単純な求人数としては転職サイトの方が充実している傾向があります。

例えば、転職活動について少し考えているものの、具体的な求人の情報がわからないとき、まず大まかにどのような求人があるのかが把握できると便利です。その際には、まず転職サイトで求人情報をチェックすることが効果的です。

転職サイトは幅広い分野の求人が掲載されているため、どのような業界や業種に転職したいかを考える段階では、多くの求人を確認しておくことは有意義なことです。その点で、転職エージェントは求人数の面でややデメリットになるおそれがあります。

柔軟性に欠けるおそれがある

自分で転職サイトなどを活用して転職活動をする場合、自分の予定に合わせて柔軟に転職活動を進めることができます。確かに自分一人で行うことは大変ですが、自分である程度柔軟に判断したい場合は、転職エージェントの使用がかえって窮屈になるおそれもあります。

その点、転職サイトは自分で柔軟性をもって活用することができます。一通りの手順は自分でこなすため、ある程度自分の予定や現状を考えて気兼ねなく進められるというメリットがあります。

また、掲載された求人をもとに判断するだけなので、気軽にサービスの利用ができます。転職エージェントの場合、登録や面談などの手続きがやや面倒になり、この点でも柔軟性に欠けるというデメリットがあります。

内定が複数出た場合のデメリット

転職エージェントとしては、転職希望者が転職に成功することが一番の目標になります。転職に成功してその転職者の年収の何割かが、報酬として転職エージェントに支払われるからです。そのため、転職エージェントは内定成功率を上げることを考えます。すると、複数の転職エージェントを利用して複数の内定を獲得した場合、デメリットが生じるおそれがあります。

転職エージェントにしてみたら、転職者に内定が出れば、そのまますぐに決めてほしいと考えることになります。複数の内定を獲得して検討することを転職者が希望した場合、転職エージェント側にデメリットとなってしまいます。その際に内定を急かしてくるようなケースも見られ、転職者側で検討する時間が取れなくなるおそれがあります。

無理な入社を薦められるおそれがある

転職エージェントといっても、それぞれの転職エージェント、または転職エージェント内のそれぞれのコンサルタントによって、求人紹介に差が生じるケースがあります。自分と相性の悪いコンサルタントが担当になってしまうと、自分の思うように転職活動が進まないおそれがあります。

また、本当は自分に合っていない企業でも、コンサルタントに無理に薦められ、入社した後で後悔した、などの危険性もあります。転職エージェントは確かに内定成功率が上がれば実績になりますが、そのために無理な入社を薦められたというケースもないわけではありません。

上手な選び方でデメリットに対処する

転職エージェントにも確かにデメリットはあります。ただ、やはりトータル的なサポート、情報量の多さといったメリットが魅力です。そのため、転職エージェントをうまく活用して転職活動に活かすことが重要になってきます。その際には、上手な比較方法と選び方でデメリットに対処することが大切です。

例えば、大まかに求人を確認しておきたい場合は、まず転職サイトを参考にしつつ、転職エージェントを徐々に使用するなどの方法があります。こうすれば、求人数が少ないというデメリットに対処できます。

また、自分にとって相性がよく、柔軟性のある転職エージェントが見つかれば、それが理想的です。より自分に合った転職エージェントを探すために複数の転職エージェントに登録し、自分に合ったものに徐々に絞るといった方法も、転職エージェントの上手な選び方になります。

転職エージェントを比較する際の選び方

トピック1003459/要素1205011
それでは、転職エージェントを比較する際の選び方のポイントを見ていきましょう。

転職エージェントの大まかな分類

転職エージェントには、大まかに「総合型」か「特化型」かで分類することができます。まずはこの分類に分け、比較と選び方を考える必要があります。

総合型の転職エージェントは、幅広い求人に特徴があります。基本的に特定の業界や業種、職種に特化せず、多くの企業の求人紹介を行っていることに特徴があります。一方で、特化型の転職エージェントは、特定の業界や業種、職種に特化した求人紹介を行っています。

転職エージェントを比較して効果的な選び方につなげるには、自分の転職活動にとって総合型と特化型のどちらが良いかを検討することが重要です。

総合型の転職エージェント

総合型の転職エージェントは幅広い分野の求人があり、大手の転職エージェントも多く見られます。広範囲に渡る業界を検討できるため、異業種への転職を考える場合などでメリットが多くなります。例えば、異業種への転職を考えていても、実際に自分に合った分野がどこかがわからない場合、コンサルタントとの面談の中で自分に合った分野を客観的に決めることができます。

業界が固定されていない分、担当のコンサルタントがその業界に通じていないおそれもあります。しかし、特に大手の転職エージェントでは、幅広い分野ごとに特化したコンサルタントがいるケースが多いので、その業界に詳しいコンサルタントの担当を受けることができます。

特化型の転職エージェント

特化型の転職エージェントは、特定の分野に特化した求人紹介が行われます。転職で自分が行きたい業界が固まっている場合、特化型の転職エージェントを活用すると、より専門的な情報を入手して転職活動を進めることができます。

これには、現職と同じ業界に特化して転職活動をしたい場合や、異業種への転職で志望する業界が決まっている場合など、それぞれに特化した転職活動をすることができます。

一方で、特化型はその分野以外での転職向けではないため、幅広い分野を検討したい場合には不向きとなります。

状況に合わせた選び方を

総合型か特化型かの比較と選び方は、自分の志望業界が明確か明確でないかで判断することができます。

現職と同じ分野でも、異業種への転職でも、自分の志望業界が明確であれば、特化型の転職エージェントを活用することはメリットが大きくなります。

その業界、分野に特化したコンサルタントから、より精通した情報を仕入れることができるので、その分野での仕事の進め方など、具体的なイメージを強く持つことができます。自分の志望業界が明確で、さらに詳しい情報が知りたい場合にメリットがあります。

一方で、特化型のデメリットとしては、転職活動中に自分の志望業界が変わってしまった場合に、それまで転職エージェントを活用したことによる情報が無駄になってしまうおそれがあることです。

もう一度他の業界に特化した転職エージェントや、総合型の転職エージェントを選ぶことになるため、明確に志望業界が決まっていないのであれば、総合型の転職エージェントを活用する方が、効果的な選び方になります。

このように、自分の志望状況に合わせ、総合型か特化型かを比較し、選び方を考えることになります。

複数の転職エージェントに登録すること

トピック1003459/要素1205014

複数の転職エージェントへの登録

転職エージェントの比較と選び方の注意点としては、一つだけの転職エージェントを活用しないことです。先ほども述べましたが、複数の転職エージェントを比較し、まずは活用してみて、そこから自分に合った転職エージェントを選ぶことが理想的な選び方です。

特に転職エージェントは、コンサルタントとの相談など、手続きに多くの時間がかかります。多くの時間がかかったにもかかわらず転職活動がうまくいかなかったというおそれもあります。最初から一人で転職活動をしていた方がもっとスムーズに進んだ、という状態は避けたいところです。

この点で、まずは複数の転職エージェントを活用してみて、自分に合ったものを比較するという選び方が大事です。活用する転職エージェントを絞っていくことも、転職エージェントの比較と選び方のポイントになります。

総合型と特化型の両方を選ぶことも

転職エージェントの比較と選び方においては、特化型と総合型の両方を活用することもあります。特に大手の総合型の転職エージェントでは、その分野にきちんと特化したコンサルタントがいる可能性が高いので、志望業界が明確でも総合型の転職エージェントを利用するメリットはあります。

また、自分が考えていなかった業界でも、意外な点で自分に合うこともあるかもしれません。そのような異業種の情報も総合型の転職エージェントで入手することができます。

特化型の転職エージェントと総合型の転職エージェントに登録しておき、その特化分野で志望が変わりそうになければ、引き続き特化型を利用し、変わりそうであれば総合型で異業種を検討するなど、やり方は様々です。

ここでも、複数の転職エージェントを比較して登録しておくことが、転職エージェントの選び方のポイントになります。

登録前だけでなく登録後の比較も重要になる

トピック1003459/要素1205016
転職エージェントを比較して効果的な選び方を考える場合、登録前だけでなく登録後にもきちんと検討を行うことが重要になります。

転職エージェントに登録する前に、十分な比較を行うことももちろん重要です。しかし、いざ登録してみたら自分と合わなかったというケースがあるのも事実です。

きちんとした選び方をするには、複数の登録を行った後でも、より自分に合っているかどうかを比較して検討することになります。登録したからといって安心するのではなく、引き続き比較を行うことが、より自分に合った転職エージェントの効果的な選び方です。

比較する際に着目するポイント

トピック1003459/要素1205026
それでは、転職エージェントを比較する際のポイントを見ていきましょう。これらを考慮し、良い選び方につなげることが大切です。

評判

転職エージェントを比較して効果的な選び方をするには、評判が重要になります。そして、評判を考える場合、やはり大手の転職エージェントの方が安心感があります。

選び方の一つとして、大手の転職エージェントを最低でも一つは登録しておくという方法が挙げられます。

例えば、「リクルートエージェント」、「DODA」、「マイナビエージェント」、「パソナキャリア」といった大手の総合型の転職エージェントを一つは登録しておくと、自分の中でも安心感を持って転職活動を進めることができます。

もちろん、大手の総合型の中でもそれぞれの転職エージェントのサービス内容などをあらかじめきちんと比較することが、重要な選び方になります。上記で挙げた転職エージェントは、いずれも評判が比較的良いものになります。選び方を考える際に参考にするといいでしょう。

情報量

情報量の多さも、転職エージェントの比較と選び方における重要なポイントです。転職エージェントのメリットは情報量の多さですが、転職エージェントやコンサルタントによっては、やはり情報量に差が生じます。これを比較や選び方を考える際に考慮しなければなりません。

情報量においては、転職エージェントが保有する案件数も大事ですが、コンサルタントによるサービスの質も選び方のポイントです。

例えば、案件数が若干少ないとしても、コンサルタントの持つ知識や情報量が豊富であれば、少ない案件数だとしても、紹介された企業への信頼度が増加します。逆に、案件数が多かったとしても、担当したコンサルタントの知識や情報量が少ないのであれば、やみくもに変な案件を紹介されるおそれもあります。

このように、案件数以外でも、サービスの内容やコンサルタントの知識など、それぞれきちんと比較することが効果的な選び方につながります。

対応

対応は、やはりコンサルタントによって違いが生じる部分になります。いくらコンサルタントに情報量や知識があっても、対応がずさんであれば、良い企業を紹介されることは困難です。なげやりな対応をされれば、とりあえず結果を出すために良くない案件を紹介されるおそれもあります。

一方、対応が丁寧であれば、転職希望者の希望や志望内容に合った案件を出してもらえる可能性が高まります。

転職エージェントで対応が重要なポイントになるのは、良質な案件かどうかに深く関わる問題だからです。先ほども見たように、転職エージェントとしては内定成功率が上がることが実績となります。そのため、適当な案件を紹介され、無理に入社を薦められることもあります。

このように、コンサルタントの対応が丁寧かどうかは、転職エージェントの比較と選び方を考える際の目安になります。

年齢や世代で転職エージェントの選び方は変化する?

トピック1003459/要素1205029
転職エージェントの比較と選び方は、年齢や世代で異なる点があります。

例えば、第二新卒は最初の転職活動になることが多く、トータル的なサポートを受けられる転職エージェントの活用はメリットが強くなります。

ただ、最初の転職活動ともなれば、転職エージェントの比較や選び方にまだ慣れていないという面もあります。一方、第二新卒ではない20代の転職で、これまでに転職経験があれば、転職エージェントの比較や選び方に慣れているケースが多くなります。

30代や40代で転職をする場合にも、転職エージェントを活用するケースは考えられます。一方で、年代が上だとしても、これまで転職をしたことがないケースもあります。特に転職エージェントを活用したことがなければ、30代や40代でも転職エージェントの比較や選び方は十分に考慮しなければなりません。

年齢や世代によって、転職エージェントの比較や選び方は変わります。それぞれの年齢、世代に分け、効果的な比較と選び方を考える必要があります。

20代での転職エージェントの比較と選び方

トピック1003459/要素1205033

第二新卒に特化した転職エージェント

第二新卒で転職エージェントの比較と選び方を考える場合、第二新卒に特化した転職エージェントを選ぶという選択肢があります。第二新卒に特化した転職エージェントの例としては、「ハタラクティブ」、「ジェイック」、「アデコ」、「マイナビジョブ20's」などがあります。

もちろん通常の転職エージェントを使用することも、選び方の一つです。例えば、第二新卒に特化した転職エージェントを活用しつつ、総合型の転職エージェントも登録しておくなど、それぞれの比較や選び方が重要になります。

第二新卒での転職エージェントの比較と選び方

第二新卒での転職は、初めての転職活動になる場合も多く見られます。その際には、転職エージェントの比較や選び方がより重要になります。

一つの目安としては、厚生労働省の認定が挙げられます。これは、「職業紹介優良事業者」として厚生労働省から認定を受けるもので、転職エージェントの中にはこの認定を受けているものがあります。厚生労働省の認定などの指標は、第二新卒で初めての転職活動となる中、安心して比較や選び方を検討できる目安となります。

また、総合型の転職エージェントと比較すると第二新卒に特化した転職エージェントの方が、より専門的な情報を得る可能性もあります、ただ、やはり相性の問題もあるため、総合型も併せて登録しておくといった方法も、効果的な選び方になります。

第二新卒以外の転職

第二新卒以外での20代の転職では、すでに転職エージェントを活用したことがある人も見受けられます。しかし、前回の転職がうまくいかなかった場合、転職エージェントとの相性が悪かった場合などは、再度転職エージェントの比較や選び方を見直す必要があります。

転職エージェントの比較や選び方は、一般的な転職として、転職先の志望業界が固まっているかいないかで大きく異なります。20代は30代以降と比較すると、異業種への転職も十分に考えられます。

その際に、異業種についての知識が少なければ、その分野に特化した転職エージェントを比較し、十分に検討することが効果的な選び方です。そのうえで、まだ自分が考えたことがない業界へ向いている可能性もあるため、総合型の転職エージェントで様々な業界の情報もカバーしておくことも、選び方の一つになります。

異業種への転職がまだ多く行われる20代だからこそ、転職エージェントの比較や選び方は特に注意したいポイントになります。

30代、40代以降での転職エージェントの比較と選び方

トピック1003459/要素1205037

30代、40代での転職エージェントのメリット

30代以降は異業種への転職というより、キャリアアップを念頭に置いた転職が比較的多くなります。これまでの自分のキャリアを踏まえ、より自分に適したステージにキャリアアップするため、転職活動を行うケースが多く見られます。その際にも転職エージェントの比較や選び方は重要な要素になります。

転職エージェントの非公開求人の中には、キャリアアップに特化した非公開求人がある場合があります。企業側がより高度な人材を求めて非公開求人として掲載することもあるため、このような情報を仕入れる場として、転職エージェントは効果的です。

また、非公開求人としてでなくても、高度な人材について直接転職エージェントに相談するケースもあります。このようなケースもあるため、30代や40代でも転職エージェントの比較や選び方を考えることは重要な意味を持ちます。

キャリアアップにつながる転職エージェントの選び方


キャリアアップを念頭に置いた転職では、これまでに自分が培ったスキル、経験を、いかにうまくアピールするかが重要です。転職エージェントを活用する際にも、業界の情報というより、アピールの仕方、キャリアアップのための情報などを入手することが重要です。

そのため、転職エージェントの比較や選び方を考える際に、自分のPRに特化したサービスが受けられるかどうかが一つの目安になります。

30代や40代では、異業種への転職を行わない限り、その業界の情報にはある程度精通しているといえます。その中で、よりアピールポイントに特化したサービスや情報を受けられるかどうかが、転職エージェントの比較と選び方において重要なポイントです。

十分な比較と効果的な選び方で結果を出す!

トピック1003459/要素1205040
今回は、転職エージェントの比較と選び方のポイントについて、ご紹介しました。

転職エージェントの比較と選び方を考えるには、まず転職エージェントの仕組みやメリット、デメリットについて把握しておく必要があります。仕組みやメリット、デメリットを把握しておけば、自分に合うか合わないかを判断できます。また、合わないと思っても、情報量やサービスには魅力があるため、少し活用してみようと思えるかもしれません。

選ぶ際には、自分の転職状況や志望業界、年齢や世代と照らし合わせ、より適した転職エージェントを選んでみましょう。複数の転職エージェントを登録しておくことが大切です。比較をする際には、評判や情報量、対応に至るまで、いろいろな面を検討してみましょう。

転職は、自分の可能性を新たに引き出すことにつながります。その際に、自分に合った転職エージェントを見つけることは非常に有意義なことです。そのためにも、転職エージェントの比較や選び方について、検討してみてください。

あなたの年収、本当に適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
実は、頑張って働いているのにこういう状況になってしまう人は、少なくないんです。

そしてその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?
転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータがあるんです。

また、転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが転職先の企業と年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

あなたに合った転職エージェントが見つかるはずなので、読んでみてください!

Related