Search

検索したいワードを入力してください

2018年02月14日

スカートで座るときのシワの対策方法・パンツが見えない方法

スカートを履いた状態で座る時に、スカートにできるシワや、下着が見えることなどが気になるという方が多くいます。座っている、自分自身だけでなく、周囲に与える印象も大きく違ってきます。スカートで座る時に、どのように気をつけることができるのか注意点をご紹介します。

スカートで座る時ってどうしてる?

トピック1038006/要素3373595
デートの時や仕事中、友達と会っている時など、女性にとっておしゃれに気をつかう場面はたくさんあります。その日によってスカートを履くことを選択することもあるでしょう。しかし、日常生活の中で、常に立ったままだったり、歩くことばかりだったりということはありません。

椅子に座ったり、座布団に座ったりと、立ったり座ったりの動作もあります。この時スカートを履いている場合、スカートのシワや、下着が見えることが気になります。では、スカートを履いていて座るときに、どんな点に気をつけたらいいのでしょうか。

座ったときにスカートがシワになりにくい素材は存在するのでしょうか。下着が見えないように工夫できることはあるでしょうか。今回はスカートを履いていて注意することについてご紹介します。ちょっとした心がけで、気遣いのできる女性になることができます。

スカートで座る時のシワの対策方法ってあるの?

トピック1038006/要素3373611
スカートを履いていて座るときに気になることの一つが、スカートのシワでしょう。せっかく綺麗にアイロンして、ピシッとスタイルを決めてきたはずなのに、カフェなどで楽しい時間を過ごしたあとで、スカートのシワがひどく、その後のデートを楽しむことができなかったという、苦い経験をしたことのある人も少なくないはずです。

大切な会議のプレゼンでスカートがシワになっているのに気がついて、プレゼンに集中できなかったという人もいるでしょう。

なぜスカートにシワができるの?

トピック1038006/要素3375078
椅子や座布団に座っているとき、スカートはお尻に潰された状態になります。その状態で体の体温により温められ、しかも、汗などの水分が加わります。

この状態がしばらく続くと、アイロンをかけているのと同じ環境を作ることになります。それによりスカートにシワができます。

座るときに注意できることって?

スカートのシワになるのが嫌なので、スカートをお尻に挟まずに、お尻を椅子にべたっとつけて座るという人もいます。友達と一緒に過ごすときには問題ありませんが、やはり公共の場で礼儀正しい座り方はスカートをお尻に敷いて座る座り方だとされています。

下着が直接椅子についた状態で座るので、後で座る人の気持ちを配慮するという意味合いもあります。

座るときに、スカートを気にせずそのまま椅子に座る人は少ないですが、手で、スカートが極力シワにならないように気をつけながらスカートを触り、座ることができます。そのちょっとしたしぐさでスカートのシワは大分違ってくるでしょう。

シワ取りスプレーを使ってみる

座るときにできてしまったスカートのシワを簡単に元に戻す方法の一つに、シワ取りスプレーを使うという方法があります。例えば、スタイルガードは、シワがきになるところにスプレーし手で伸ばし、吊るしておくだけという簡単な方法です。

元々は出張先などでできたシワを簡単に治すためのものですが、持ち歩き用サイズもあります。出先でできたスカートのシワに簡単にスプレーし、あとは自然乾燥させるという応用の使い方ができます。匂いも一緒に除いてくれるので、汗などの匂いがきになる方にも強い味方になるでしょう。

シワができにくいようにしっかりとアイロンして収納しておく

元々、シワが多い状態の服を着ているのと、シワがない状態の服を着ているのとでは、見た目にも差が出てきます。それで、洗濯後すぐにアイロンをかけ流などの工夫をしておくことができるでしょう。

またスカートを洗わないときでも、座りジワになりやすいところは水スプレーをかけて伸ばし、しばらく吊るしておく、スチームをかけるなどのちょっとした手を加えるだけでも、スカートにできるシワやできた時の印象はガラリと違います。

疲れているときは、「そんなことをするより早く寝たい。」と思いがちですが、日頃からの気遣いで女子力が大きく変わります。

シワができにくい素材のスカートを選ぶ

トピック1038006/要素3387188
スカートの素材によって、シワができやすいものやできにくいものがあります。例えばコットン100%など植物由来のものは、シワになりやすいという特徴があります。反対に動物性由来のものは、シワになりにくいという特徴があります。

またポリエステルのもの、ポリエステルが混合している素材のものはシワになりにくいという特徴があります。どうしても長時間、座る必要があると分かっている場合は、このような素材のスカートを選ぶことによって、長時間、座るときにシワになりにくい対策をすることができます。

スカートの下に、汗を吸いやすい素材のものを着る

先ほどスカートのシワは、座る時間が長くなるとその時間にかく汗とも関係があるとご紹介しました。一番いい対策は、汗をかかない環境を作ることです。しかし、会議や出先など、自分だけで環境を作るのが難しい場合もあります。

そのときには、スカートの下に一枚、汗を吸いやすい素材のものを身につけておくこともできるでしょう。汗をかいたときに直接スカートが吸うのではなく、その下着が汗を吸ってくれます。その結果、座る時にできるシワは最低限に抑えることができるでしょう。

スカートで座るときに下着が見えない方法って?

トピック1038006/要素3375688
スカートで座るときにスカートにできたシワと同じくらい問題になってくるのは、下着が見えないように対策をすることでしょう。自分の下着を「ぜひ見せたいという人は」おそらくいないでしょう。できれば何らかの形で下着が見えないように注意します。

ではスカートで座るときに下着が見えないようにするための具体的な対策はあるのでしょうか。

さりげなくスカートの前に手を当てる

スカートを履いていて、下着が見える確率が高いのは、立ったり座ったりするときや、足を組み直すときなど、何かの動作をするときです。そのときに何も考えずに足を組み替えるなどの動作を行ってしまうと、自分では無意識でも、下着が見えていることがあります。

それで、何かの動作をする前にさりげなく、スカートの前に手を当て、スカートが広がらないように抑えると下着が見える確率が低くなります。ちょっとしたさりげない動作ですが、その動作によって他の人に気を配ることができます。

スカートの前にカバンさりげなく

トピック1038006/要素3387357
動作をするときに下着が見えないようにスカートを抑えることができますが、それでも心配な方は、スカートの前にさりげなくカバンを持ってくることができます。

立つ、座る、足を組むなどの動作を行うときに、スカートを押さえながらさりげなくカバンを持ってくるという簡単な心遣いです。カバンに隠れて、下着が見えにくくなります。初めは慣れない動作でぎこちないですが、慣れてくると自然に行うことができるようになります。

足を閉じて座る

私たちは電車の中や、カフェなどで座る機会が多いですが、このとき意外と足が開いたままになっている人が多くいます。初めは、緊張感もあり、足が開かないように努力している人もいますが、だんだんと緊張が解け、足が開いてくる女性がいます。

そのような場合、スカートを履いていると下着が見えて来てしまっても仕方ありません。ズボンのときは少々足が開いても下着が見える心配はありませんが、エチケットとして、下着が見えないように足を閉じるなどの気配りをすることができるでしょう。

スカートを履いていても履いていなくても、社会人の女性として、座ったときに足がだらりと開いた状態で、公共の場に出るのはあまり行儀のいいものとは言えません。足を閉じたまま過ごすというのは意外ときつく初めは筋肉痛になります。

太ももを鍛える筋トレと考え、積極的な態度でやってみることをお勧めします。

座っているときにスカーフなどを置く

スカートで座る際、下着が見えないようにするもう一つの方法は、膝にスカーフやハンカチなどを載せておくことです。特にタイトスカートなどを履いている場合、椅子に座るときに、スカートが上がって来ます。思った以上にスカートが上がって来て下着が見えないかヒヤヒヤしたという経験をしたことがある方も少なくないはずです。

そんなときにハンカチかスカーフが一枚あると助かります。さりげなく膝の上に載せておくと、下着が見えるのを防ぐことができるでしょう。

日頃からキレイな姿勢を心がける

もともと、日頃からキレイな姿勢を心がけることによって、自然に足が開いてしまう、などの問題を防ぐことができます。背もたれにだらっともたれかかるととてもリラックスして楽な気持ちになりますが、姿勢が崩れてしまうのも事実です。

だらっとリラックスした格好になるのは家の中だけにして、公共の場にいるときには、椅子の背もたれにもたれかかり過ぎるのを避け、背中をピンと伸ばすなど配慮してみましょう。骨盤がしっかりと椅子に乗るようにし、最中が背もたれにさりげなく当たるくらいの位置がちょうどいいでしょう。

そうすることによって、座る際に足が開いてしまうのを自然に防ぐことができるでしょう。椅子に浅く座り、これでもかというほどに背中をピンと伸ばす仕草はやめましょう。これは美しい座り方の仕草とは言えません。

このように日頃から正しい姿勢を心がけることで、スカート時の座り方も、美しく見えるようになります。

スカートで座るときにきついサイズってあるの?

スカートで座るときに困る別のケースはスーツを着たときだと言えるでしょう。大抵の場合、スーツのスカートはタイトスカートです。タイトスカートをはいた状態で座る場合、思った以上にスカートが上に上がってきます。

では、どのくらいのサイズが良いサイズと言えるのでしょうか。スカートで座るときにきついサイズはあるのでしょうか。ここではスーツのスカートについてご紹介します。

ピリッとカッコ良い女性のスーツ

就職活動だけでなく、人前で立つ仕事をしていると、女性でもスーツを着こなす機会が多くなります。女性がスーツを着こなす場合、気になるのはやはりスカートのことではないでしょうか。

スカートの長さで理想なのは、膝が隠れるくらいの長さです。スーツのスカートは、座る時に、上に上がって着てしまいます。そのため、足が多く見えてしまいます。

スーツを着ている時に、足が多く見えるとだらしない格好になってしまいますので避ける必要があります。

また、スーツのスカートの長さが長くなると、座る時に足が見えにくくていいのですが、今度は立ち上がった時に、スカートが長すぎて、またしてもだらしない印象を与えます。それで、スーツのスカートは膝が隠れるくらいの長さがちょうどいいと言えるでしょう。

スーツのスカートの種類ってあるの?

スーツのスカートには、大きく分けて2つの種類があります。一つはタイトスカートです。ボディラインに沿った形のタイプのスカートです。きちんとした印象を与えますので、ちゃんと決めたい時に、活躍してくれるスーツです。流行にも左右されにくい形なので、一度買うと長年使うことができるというメリットがあります。

もう一つのタイプはフレアタイプのスカートです。スカートの裾が広がっているAラインのスカートです。キリッとしたタイプのタイトスカートに比べ、可愛らしい印象を与えてくれます。ちょっと正装をしたいという時や、仕事で使いたいという時にオススメの形です。

スカートで座る時にきついとサイズは合ってないの?

トピック1038006/要素3439980
スカートのサイズがちゃんと合っているかどうかで与える印象は大きく変わります。見た目はもちろんですが、自分の体のサイズにフィットしているかどうかも考慮して選ぶ必要があります。

まずスカートのファスナーの止まり口がヒップトップと合っているものを選びましょう。ヒップトップに合っているだけで、スカートが綺麗に見えます。

先ほどスカート丈の長さについてご紹介しましたが、スカート丈はジャケット丈の長さによってもジャストサイズが変わります。お尻が隠れるくらいの長いジャケット丈の場合、スカートも少し長めのものが良いでしょう。ジャケット丈が短い場合、スカートも少し短いほうがいいでしょう。

ウエストはジャストサイズのものを選ぶより、少しだけ、ゆっくりとしたものの方がいいでしょう。ビッタリとしたものを選んだ場合、座る時にきつくなってしまいますし見栄えが悪くなります。

座る時にオススメの素材はあるの?

トピック1038006/要素3439932
スーツ姿で座る時、長時間座っているときつくなりますし、シワもできます。それで、座る時に楽なストレッチ素材のものを選ぶのがオススメです。座る時に楽なスーツの素材の代表的なものは、ポリエステル素材のものや、ウール素材のスカートです。

伸びやすくストレッチが効いているので、座る時に、疲れにくくなります。ちょっとしたことですが、素材選びに気をつけることで、後々に座る時の印象が違います。

座る方法に気をつけよう!

トピック1038006/要素3439986
座る時にどうしたらいいだろうかということが気になって、スカートを履くことを諦めていた人います。しかし、せっかく女性なのでスカートのファッションも楽しみたい人も多くいます。そんな時に、スカートを履いた時の座る方法を知っていると、とても便利です。

スカートの素材を気をつける、丈を考える、また、足を開かないなどのちょっとした工夫をすることによって、相手に与える印象は大きく変わります。社会人の女性として、マナーを身につけましょう。

Related