Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月15日

ホームシアター入門におすすめのスピーカー・プロジェクター

自分の家にホームシアターがあるという家庭は少数だと思われますが、ホームシアターが自宅にあったら迫力ある映像や音質で映画やドラマを見ることができます。入門におすすめのプロジェクターやスピーカーをご紹介しますので、入門するにあたっての参考にしてみてください。

ホームシアター入門におすすめのスピーカー

みなさんは、ホームシアター・home theater入門のため、どのようなモノを購入すればいいかかなり迷っている段階ではないでしょうか。ホームシアター入門のため、スピーカーも大事なパーツのひとつです。音響に拘りを持つからこそ、ホームシアター・home theater入門して良かったという気持ちもひときわ高まるでしょう。

音響

ホームシアター入門するためにいろいろなモノも購入しなければならないですが、やはりポイントはみなさんがどの程度音響・画質に拘りを持つかです。

映画を観るという場合、単に、ホームシアター入門すれば、映像が迫力あるものならいいという考え方になってしまうこともありますが、映画自体、映画館へ行けば音質にかなり拘りを持って作られています。

ホームシアター入門して映画館と似た体験をできるかぎりしたいと考えるのなら、音響も欠かせないです。ホームシアター・home theater入門した人たちの中には、テレビの本体についている音響設備そのままという人たちもいるでしょう。

レベルの高さ

しかし、注目して欲しいのは、近年の薄型(液晶)テレビは一部の機種を除いて、オーディオ機能が結構貧弱なモノが結構多いことです。薄型化というものは、有効的にスペース空間を利用できるメリットがありますがそのような問題も抱えてしまっています。

テレビを見ているというのなら、別にそれほど気にならないでしょうけど、ホームシアター入門となれば、音響に対してももう少し、必然的にレベルの高さは要求されることになります。

チャンネル

ホームシアター入門すれば、チャンネルの意味も理解しておく必要があります。チャンネルといえば、「2.1ch」、「3.1ch」、「5.1ch」と言ったモノです。それは、簡単に言ってしまえば、スピーカーの数をあらわしています。

0.1chというものの意味は重低音だけを再生する「サブウーファー」のことです。一般的にテレビの本体にくっついているスピーカーで、ホームシアター入門し、いいというのなら、おおかた2.0chでしょう。

1.0chというのは、ステレオという意味合いです。みなさんが、ホームシアター入門して2.1chを求めているのなら、ステレオ(2.0ch)の音声に対して、プラスα重低音(0.1ch)を加えたということになります。より迫力のある音響を体感することができるでしょう。

セリフ

2.1chは2.1chの左右のスピーカーに、プラスαもうひとつスピーカーが設置されることになります。このスピーカーの役目は、メインとして人間の声を再生させる役目のモノとされています。

みなさんが、ホームシアター入門して、映画を観れば、このようなスピーカーによって、よりセリフを明確に聞くことができるようになるでしょう。

5.1ch

みなさんが、ホームシアター入門して、5.1chのスピーカーを選択すれば、前方左右の3本のスピーカーにプラスα、後方にも左右2本のスピーカーが設置されることになります。

それぞれが映像の動きに合った音を出力し、ここまで追求すれば、まさに、ホームシアター入門で、理想の映画体験ができるのではないでしょうか。

バーチャルサラウンド

スピーカーも、現在、いろいろ進化して、バーチャルサラウンドというシステムも、結構注目されています。ここにはバーチャルという錯覚があり、前方のスピーカーしかないですが、疑似的に5.1chやそれ以上のサウンドを実感させることができる方法です。

ホームシアター入門した人たちが、バーチャルサラウンドに注目すれば、結構安価に理想の音響が追求できる可能性も充分あります。

わからない

いろいろとチャンネルがあって、ホームシアター入門した人たちは、チャンネルの数が多いほどいいという判断をしてしまう可能性はあります。しかし、最近ではバータイプのかスピカーも多く出ていて、見た目チャンネルがわからないというケースも結構あります。

同じような見た目でも2.0chだったり2.1chだったり、いろいろなタイプがあります。

おすすめホームシアタースピーカー

簡単にですが、ホームシアター入門した人たちに、おすすめのスピーカーを紹介しましょう。

まず、パナソニック 2.1ch シアターバーSC-HTB175-Kです。3.1chでは、パナソニック 3.1ch シアターバーSC-HTB690-Kというのがおすすめです。

ホームシアター入門して、5.1chまでトライしたいというのなら、Pioneer 5.1ch サラウンドシステム HTP-S767ではないでしょうか。

バーチャルサラウンドでは、ヤマハ YAS-107 DTS Virtual:Xがおすすめです。パイオニア HTP-CS1 コンパクトフロントスピーカーシステムというのでもいいでしょう。

10年前のテレビのスピーカーが壊れ、メーカー修理出来ず
コンパクトスピーカー試すも音質悪く、買い換えました
最初からこのレベルにしとけば良かった
アイフォーンの音楽も聴けて
映画の音もいい
テレビも買い換えずに済んだ*\(^o^)/*

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RD0TO7WJFN4C... |

ホームシアター入門におすすめのプロジェクター

ホームシアター入門した人たちは、プロジェクターはどのようなものを選択すればいいのでしょうか。はじめてでは、プロジェクターにおいても、何を基準にして購入していいかわからないという人たちは結構います。

コントラスト比だとか、ルーメンだとか難しいことを言われても、それが何かわからないという人たちが多いです。

違い

実際にホームシアター入門して、プロジェクターを購入しようと思えば、「ホームプロジェクター」と「ビジネスプロジェクター」の違いが、わからないのではないでしょうか。

プロジェクターとは、スクリーンに映像を投射する投影機です。ビジネス用はビジネスのシーンで使用されるもののため、投影する映像はテキストやグラフを用いる資料がほとんどなため、それらに対して最適な仕組みが提供されています。

一方でホームシアター用として使用するものは、映画やアニメ、ドラマなどが中心になるでしょう。

楽しむ

そのような意味で、ビジネス用プロジェクターは、アスペクト比が「4:3」程度のものであり、ルーメン(明るさ)の値が大きいものが多く、かつコンパクトな物が多いと言う特徴があります。

一方でホームシアター用プロジェクターは、アスペクト比が「16:9」であり、コントラスト比の値が大きいという特徴があります。

映像をより楽しめるような+αの機能が多くついていたりし、動作音も静かで、よりお家で、映像に集中することができるでしょう。

ホームシアター入門して、注目するものは、ホームシアター用プロジェクターです。そして、ホームシアター用プロジェクターでは、解像度、アスペクト比、コントラスト比、ルーメンと言ったもの、そしてBluetooth対応かどうか程度を意識して購入すればいいです。

解像度

ホームシアター用であれば、基本的にはフルHD以上のものを選択すれば、ホームシアター入門して、ある程度満足することができます。 さらに高画質を求める方には4K対応のプロジェクターというのもいいでしょう。

もちろん、解像度に意識を向ければ、高ければ高いほどいいです。しかしプロジェクターでどんな映像を投影するかによって、ある程度解像度は決まっています。

ブルーレイ:1920 × 1080 そして、Amazon Prime Video:1280 × 720、dTV:720 × 480 〜1280 × 720と言ったレベルが実現できる解像度です。

解像度が、「1920 × 1080」に対応しているのならブルーレイまでは綺麗な画質で観ることができます。

コントラスト比・アスペクト比

コントラスト比アスペクト比は、「16:9」で一択です。コントラスト比は、最も明るい部分(白)と、最も暗い部分(黒)の明るさの比率という意味合いです。

コントラスト比が「35,000:1」と記載されてあれば、黒の明るさが1なら、白の明るさが35,000倍という意味です。コントラスト比は高ければ高いほどいいです。

レベルの高いものを選択すれば、色の違いが明確であり、ホームシアター入門して、鮮やかな映像を期待することができます。

ルーメン

ルーメンという用語は、ホームシアター入門してわからないという人たちも多いみたいですが、ルーメンの意味は、LEDの光の量の単位です。

みなさんが、映画など観る場合、 2000lmもあれば、満足することができます。ホームシアター入門して、おおかた、私達は部屋を暗くして見ることをメインとしているため、プロジェクターは2000lm前後の設定値です。

Bluetooth対応

そして、いまどきホームシアター入門する人たちは、Bluetooth対応か否かも意識したほうがいいでしょう。たいていのプロジェクターは本体にスピーカーが付いています。

しかし、スピーカーの音質とはといえば、それほど良好は期待できないでしょう。だから、ホームシアター入門して多くの人たちが、別途スピーカーを用意して、接続して楽しむという方法を選択しています。

Bluetooth対応はそのスピーカーと接続するときの接続方式のことです。Bluetoothをみなさんが選択をすれば、無線でプロジェクターとスピーカーの接続することができます。

ホームシアター入門におすすめの本

ホームシアター入門におすすめの本をご紹介します。

オーディオも楽しむホームシアター入門

なにをしていいかわからないという人たちは、ホームシアター入門を本から学ぶのもいいでしょう。そのような人たちに、オーディオも楽しむホームシアター入門 (SEIBIDO MOOK) ムック などおすすめの本です。とにかく雑誌的本で、ビジュアル的な学んでみましょう。

ホームシアターの入門機

ホームシアター入門初心者の方々が、どのようなプロジェクターを選択するといいのかといえば、EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350のようなものがいいのではないでしょうか。

EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350は、ホームシアター入門機と言われてますので、はじめての方々が、買って決して間違いのない機械ともいうことができます。

EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350は、ブルーレイも綺麗に見ることができ、高コントラスト比「35000:1」を実現しています。

2200lm(ルーメン)で、スペース空間が真っ暗でなくても大丈夫です。斜め投射に対応しているため置き場にも困らないでしょう。

昔、シャープの液晶ビジョンやEPSONのプロジェクターを持っていましたが、映像が暗く、クレヨンのようなきつい色あいで見づらく、しばらくして使わなくなり、テレビに買い替えました。

今回、久しぶりにプロジェクターを購入しましたが、画像の鮮やかさ、美しさに驚きました。画像が暗いとか色が薄いという意見もありましたが、その人達は、実際には購入していないのではないでしょうか?
店頭での視聴は、明るい環境での視聴が多く、あれではプロジェクターの良さは伝わりません。
実際、購入して視聴したところ、実に明るくまぶしいぐらいです。ブルーレイの画像は、色のりが良く鮮やかで文句のつけようがありません。YOUTUBE等の画像もきれいに映ります。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2LCG4Z2RSPW... |

メリット

Bluetoothあり、Androidスマホのミラーリングに対応もしていてくれています。フレーム補完によって滑らかな映像を実現して、32〜332型まで投影可能です。

つまり、EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350って、ホームシアターらしい要素はしっかりつまっている機械です。

そして、EPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350って結構、インターネットでの口コミの評判も高くて、いろいろ調査をしている人たちは、ついついこの機種を選ぶケースが多いみたいです。

調査

ホームシアター入門して、やはり調査も大事ですが、他の人たちが、いいというものに従うことで、かなり安心感はもたらされるものであり、なにもいきなり冒険をする必要などないのではないでしょうか。

値段は9万弱程度しますが、ホームシアター入門するからには、最初からこの程度の価格は仕方ないものと考えるべきです。

ホームシアター入門として、もう少し安い機種というものも存在します。でも、実際にEPSON dreamio ホームプロジェクター(35000:1 2200lm) 3D対応 EH-TW5350と映像を比較してしまえば、違いが明確なので、やはり劣る映像ではやがて我慢できなくなってしまうでしょう。

ホームシアター入門におすすめのキット

さらに、ホームシアター入門して、AVアンプ+スピーカーシステムのシステムとパッケージシステムの違いについても知っておく必要があります。

ホームシアター入門して、AVアンプ+スピーカーシステムを実現すれば、アンプ(音の設定をする機械)とスピーカー(音を出す機械)をそれぞれ自分で組み合わせて、かなり本格的に向きあう必要があります。

アンプ、スピーカーをそれぞれ自分で選ぶ必要があり、ある程度、ホームシアター入門というものの、知識が必要になって来るでしょう。

ケーブル一本の接続

ホームシアター入門の人たちは、ちょっとハードルが高いと感じてしまうでしょうけど、パッケージシステムなら、アンプと、スピーカーが、一体となっていて、設定や設置が非常に簡単に設計されているのにもかかわらず、クオリティーの高さもより実現することができるでしょう。

ホームシアター入門の初心者からすれば、ケーブル一本の接続でできるという点にも大きなメリットがあります。

安い

できるかぎり、安い価格でホームシアター入門したいと考える人たちもいるのではないでしょうか。ホームシアター入門した初心者は、まだまだいきなり高いモノを購入する必要はないという考えもあるのではないでしょうか。

安い価格で、ホームシアター入門を実現することができるから、感動も倍増します。そして、ハードルも高くなくどんな人たちだって、夢のホームシアターを実現することができます。

まず、ホームシアター入門には、プロジェクターがなくてはスタートできないので、WIMIUSの小型プロジェクターを購入しました。

WIMIUSの小型プロジェクター

WIMIUSの小型プロジェクターは、驚異的な9000円ほどの価格であり、安いことが魅力です。この程度の価格で購入することができるのなら、壊れてもリスクはそれほどないと考えてもいいのではないでしょうか。

そして、せっかくホームシアター入門するのだから、音響にもある程度拘りを持って欲しいです。そこでパナソニックのシアターバーを購入しました。

パナソニックのシアターバーを購入の価格は、 1万7千円程度です。 配線・設定も楽ですし、細長くて場所を取らないのもメリットですし、Bluetoothですぐつながるというのもいまどきな感じです。

サブウーハーという低音のスピーカーがついていて、安いながらもいい音は期待することができます。

寝室にテレビを置きたくて普通のテレビを探していましたが、電気屋でプロジェクターを発見し、場所もとらないし夜にDVDを見るためだけだったのでテレビはもったいなくなり、色々探してこちらで購入しました。結果的にかなり安くすみ、子ども達は映画みたいと大喜びしていてとても得した気分です。買ってよかった(^^)

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R27RDPLPBT5K... |

スクリーン

そして、最後に用意するものは、スクリーンです。スクリーンは、100インチ(220cm×123cm)の大型のものを選択してみました。

値段は3000円程度なので、総合で、なんと3万円程度でホームシアター入門できます。

はじめてという人たちは、とにかくお金を貯めるまで待つというのではなく、すぐにスタートするのもポイントです。そのような人たちは、このようなホームシアター入門程度で充分ではないでしょうか。

私達は、意外と気楽なモチベーションで、生活環境を容易に変えることができるのではないでしょうか。このようなホームシアター入門することで、現代社会の人たちが一杯抱えているストレスも解消することができます。

楽に入門

ホームシアター入門するとき、あれこれ、別々なモノに対してバラバラな発想を持ってしまうことで繋がりをもてなくなって厄介なことになってしまう可能性もありますので、ここはおすすめはキットという考え方です。

アンプという意識も、ホームシアターキットには、入っているので、アンプって何という疑問をいまさら抱く必要はありません。

ホームシアター入門におすすめのアンプ

ホームシアター環境を構築するにあたり、AVアンプも、大事な役割を持っています。アンプは、ホームシアター入門セットに入っていますが、別途購入というのでもいいでしょう。

アンプは、音を増幅する機械のことです。アンプの目的は、映画などを見ているとき、臨場感を最大限に引き出すことです。

アンプによって、低音を強調することができ、ドルビーサラウンド機能で、より迫力を演出することもできます。アンプで、7.1chも3万円程度で実現可能です。

気楽にホームシアター入門

いかがでしょうか。ホームシアター入門実現するためにはお金はもちろんかかるのですが、むかしと比較して結構簡単にホームシアター入門できる時代にもなったのではないでしょうか。みなさんもホームシアター入門してみませんか。

Latests