Search

検索したいワードを入力してください

【サイズ別】タブレットの使い道|高齢者/ビジネス

更新日:2020年08月28日

タブレットを使う状況や場所が、あまり想像できないという人も多いでしょう。スマホやパソコンで足りてしまうと、考えがちですが、タブレットを使うのが、ベストな使い道もあります。本記事では、タブレットならではの使い道について、種類・用途別にご紹介します。

メーカー別タブレットの使い道

タブレットは、その機種によって搭載されているオペレーティングシステム(OS)も、機能も異なります。使えるアプリも、共通して使えるものもあれば、いずれかのOSでしか使えないものもあります。

タブレットのOSによって得意分野があったり、不得意分野があったりもするので、自分が目的としている使い道に最も適したタブレットを選べるようになりましょう。まずは、タブレットに搭載されている主なOSの種類と、OSを開発している会社、そのOSを搭載している代表的なタブレットの名称をご紹介します。

OSの名前開発元代表的なタブレット(名称)
iOSAppleiPad Air
AndroidGoogleNexus
WindowsMicrosoftSurface Pro
fire OSAmazonKindle/Fire

タブレットの使い道は?

「外出時に、ちょっとしたことを確認するのなら、スマホがあれば用が足りるし、バリバリ仕事に使うなら、パソコンでキーボードをしっかり使いたい、いったいタブレットはどういう状況で使うものだろう」とタブレットの使い道を疑問に思う人も多いでしょう。

確かに、スマホやパソコンがあれば用は足りるのですが、タブレットサイズだからこそ便利に感じる使い道もあります。特に、タブレットのOSに特化した機能の場合は、そのOSだからこそタブレットを使いたいと思える使い道があります。

iOSやAndroidを搭載したタブレットは、汎用的な使い方に適しています。ここでは、OS独自の使い方をするWindowsタブレットとKindle fireについても、ご紹介します。

Windowsタブレット

Windowsタブレットの大きな特徴は、Windowsパソコンとの親和性です。Windowsの資産が使えるので、Windowsパソコンで行なっている作業やゲームをタブレットで持ち出すことができます。

現在では、iOSやAndroid端末でも、Excelなどの、Microsoft Office製品を利用できるので、あまりほかのOSと差別化できる点がなくなってしまいました。Flashが動作するタブレットOSは、Windowsのみです。Windowsパソコンで楽しんでいるゲームをそのままタブレットに持ち込むとしたら、選択肢はWindowsタブレットのみということになります。

Kindle/Fire

電子書籍に特化して作られたのが、fire OSです。電子書籍を読むことを目的に、作られているのがKindle/Fire端末です。Kindle/Fire端末は、電子書籍を読むという使い道に特化して考えられているので、ほかのタブレット端末に比べ、読書しやすい構造になっています。また、価格も、一般的なタブレットに比べると、安価で提供されています。

Fire端末は、一般的なタブレットと同じカラー端末ですが、Kindle端末は、ほかのタブレットとは異なるモノクロ画面です。漫画専用端末もあります。バッテリー持続時間も長く、スマホで問題となっているブルーライトをゼロにしたモデルもあります。電子書籍に特化した使い道であれば、もっともタブレットといえます。

iPadとAndroid

iPadやAndroidタブレットは、何かに特化するのではなく、個人個人の使い道に応じてどのようにでも使えます。双方とも、公開されているアプリが多いので、自分としてのタブレットの使い道を考えたときに必要となるアプリを探し、インストールして使います。

【個人としての使い道】
・ゲーム:スマホより大きな画面で、パソコンより手軽に使える
・ノート代わり:スケッチブックやノートの代わりに、ちょっと書き留めるときに使用
・電子書籍リーダー:電子書籍アプリを入れ、電子書籍端末として使用

【業務での使い道】
・プレゼン:保険のセールスなど、1対1のプレゼンで、相手に画面を見せるため
・データ入力:複雑な入力でない場合、現場で即時入力し、データは通信で送る

高齢者向きのタブレットの使い道

高齢者になると、老眼も進み、本も読みづらくなります。自由自在に文字のサイズを変えられるタブレットは、高齢者の読書に適しているように感じます。しかし、高齢者になると、最新機器に、嫌悪感や劣等感を抱いている人が多いのも確かです。こういった背景を考えたときに、高齢者に適したタブレットや使い道には、どのようなものがあるのでしょう。

ここでは、高齢者のタブレットの使い道としてものと、その際に使うタブレットのについて、ご紹介します。

高齢者のタブレットの使い道

高齢者がタブレットを使う状況を考えてみましょう。タブレットは、かさばることもあり、あまり外出時に持ち歩くことは想定されません。地図や乗り換えの検索は、スマホに任せましょう。高齢者こそ、タブレットを使うべきと言える一番の使い道は、電子書籍です。手に入れるのも簡単で、何よりも、自分の視力に合わせて、文字サイズを変えることができます。

ネットサーフィンとしての使い道も、高齢者にとっては、パソコンを起動させるよりも手軽です。文字入力も、キータッチを覚えなくてもソフトウェアキーボードから「あいうえお」を拾って入力できるので、手軽だといえます。

メールのやりとりもパソコンよりも簡単に行えます。孫や子供から、写真付きのメールを受け取るのも、添付された写真をみるのも、パソコンより手軽でスマホより見やすいので、です。

高齢者にタブレット

高齢者になのは、iOSのタブレット端末であるiPadです。機種・サイズは使い道によって決めます。高齢者にとって大切なのは「感覚的に使える」ということです。初心者にタブレットOSは、iOSであると言われています。Androidの方が、初心者が使うのには、操作が複雑で難しいと言われています。

また、AndroidやWindowsに比べ、iOSの方が、セキュリティに過敏にならなくても良いという点も、高齢者にするポイントです。使い道として、電子書籍の閲覧を考えている場合は、多機能のタブレットではなく、電子書籍に特化したKindle端末をします。

iPad mini 4

「Apple iPad mini 4」は、直感的に使えるのが売りの、iOSを搭載したタブレットのなかで、一番小型の機種になります。iPadは、ハードディスクを搭載しているため、ほかのメーカーのタブレット端末に比べると、重量があります。価格も、搭載しているハードディスクのサイズに応じて、高額になります。

使い道によっては、iPad miniでは、小さすぎる可能性もあります。使い道として考えていることが、ネットサーフィンや電子書籍を見開き状態で閲覧することの場合は、miniではない大きめの機種の方が、高価ですが、使いやすいでしょう。

口コミ:
Amazonで買うのはどうだろう?と悩んでいましたが、レビューを読むと高評価だったので思い切って購入することに決めました!レビュー通り梱包も丁寧でしたし、完全に新品なので大満足です!もし迷ってる方おられたら、一意見として参考にして頂けたらと思います!

出典: http://amzn.asia/cQkqSPs |

初回公開日:2018年02月19日

記載されている内容は2018年02月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests