Search

検索したいワードを入力してください

2018年04月12日

【特徴・用途別】おすすめのマイク付きイヤホン・使い方|ソニー

皆さんはマイク付きイヤホンを使っていますか。最近はハンズフリー通話などが人気なので、マイク付きイヤホンを使ってみたいという人も多いのではないでしょうか。そこで今回はマイク付きイヤホンのアレコレについてご紹介していきます。

特徴・用途別おすすめのマイク付きイヤホンは?

皆さんはどういったイヤホンを使っているでしょうか。最近では各メーカーが特色を出すために色々と機能を追加したイヤホンが発売されていますが、今回はその中でもマイク付きイヤホンに注目していきます。

マイク付きイヤホンは普通のイヤホンとは違い、ハンズフリーで通話をする事ができるので車での移動中や細かい作業中など中々手が離せない場面でもスマートフォンを取り出さずに対応できます。

またマイク付きイヤホンと一概に言っても実際には装着タイプや通話の音質、マイクの位置などは商品毎に大きく変わってくるので、事前に自分が求めているスペックや仕様を把握しておかないと購入してから後悔する事になってしまいます。そこでそれぞれの特徴や用途別におすすめのマイク付きイヤホンをご紹介しましょう。

android用のマイク付きイヤホンは?

マイク付きイヤホンに限らず最近のイヤホンはiPhoneでの使用を前提にして作られているので、androidでの動作保証がされていない場合も多いです。とはいえ動作保証がされていなくとも、規格に対応さえしていれば普通にマイクもイヤホンも使用できます。

一番確実なのは商品の説明欄などを見てandroid対応の文言を探す事ですが、それ以外でもレビューや口コミでandroidでの使用報告があるマイク付きイヤホンなら問題はありません。

Pioneer SE-CE511i-K

「Pioneer SE-CE511i-K」は日本の電機メーカーであるPioneerのマイク付きイヤホンです。本来はiPhoneやiPadなどのApple製品に対応したマイク付きイヤホンですが、androidでも動作します。ただ音楽の再生や音量調整ができるコントローラーはiPhone専用なので注意が必要になります。

日本製のマイク付きイヤホンとしてはとても安価なものの、音質や装着感は値段以上に優れていているという評判です。カラーバリエーションもブラック・ホワイト・ピンク・ブルーの4色と豊富で、コストパフォーマンスの面からもおすすめのマイク付きイヤホンです。

音質は非常に良いイヤホンだと思います。ドンシャリ気味ですが、音楽鑑賞にもゲームなどの用途にも向いていると思います。解像感もかなり高く、価格を考えると素晴らしい製品だと思います。低音が鳴らないという方もいらっしゃるようですが、この製品は少し大きめのため、耳にしっかりと装着できていないのではないかと思われます(一般にイヤホンは、しっかり装着できていないと低音がスカスカになります)。しっかり装着すれば、低音はやや強めなほどです。この「大きさ」が、たぶんこの製品の最大の欠点で、耳の小さい人には向いていないと思います。それを除けば素晴らしい製品で、開放型のイヤホンはすっかり少なくなってしまったので貴重な存在だと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3UEIDELPWEO... |

SoftBank SE-5000HR

日本の三大キャリアであるSoftBankが開発に参加したマイク付きイヤホンが「SoftBank SE-5000HR」です。見た目から高級感が溢れる作りになっていますが、ECサイトによっては3000円程度で購入する事も可能で非常にリーズナブルといえるでしょう。

iPhoneだけでなくandroidにも公式に対応しており、どんなスマートフォンでも使用する事ができます。そして携帯キャリアが開発に関わっているだけあり通話の品質も良好で、45kHzのハイレゾ音源も再生可能と値段以上の機能性を備えています。

ハイレゾのイヤホンが欲しいなら取り敢えずこれにして問題ないと思います。ハイレゾの中では安い方ですか性能は充分です、高音が割れること無くしっかり出ています。通常のイヤホンとは違う伸びやかな高音が素晴らしいです。一方低音は少し弱いですかね、でも値段やハイレゾの特性上とくに大きな欠点ではないですね、もっと高いのをこれを試したあとで買う、みたいにするといいと思います。とてもおすすめです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R8NH4O3NUZ8G... |

iPhone用のマイク付きイヤホンは?

日本ではiPhoneが圧倒的にシェアを維持しているために、iPhoneに公式対応しているマイク付きイヤホンも数多く発売されています。価格も数千円から数万円と幅広く音質にこだわっている物や、装着感に優れている物など各メーカーによって特徴も異なるので、自分に合ったマイク付きイヤホンを見つけれるでしょう。

Skullcandy J2FXGM-396

「Skullcandy J2FXGM-396」はSkullcandyのマイク付きイヤホンの中でもWomen'sシリーズといって、女性のために設計されたマイク付きイヤホンになっています。そのために見た目も女性が喜ぶポップでキュートな仕上がりになっており、カラフルなイヤホンポーチも付属します。

性能面では音に敏感な女性でも長時間使用できるようにクリアな低域が強調され、ボーカルはナチュラルにチューニングされているのが特徴です。また耳に装着するイヤーパッドにはPURECLEANという独自で新開発したシリコンが採用されているので、メイクなどが付着して汚れる心配もありません。

価格は約5000円程度しますが、女性向けに作られたマイク付きイヤホンとしては非常に質が高いのでおすすめです。

オシャレなディテールで、音に関しては若干ソフトな感じです。重低音のパンチは弱いですが、上品でソフトって感じです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3VRBK6IR9BA... |

PS4用のマイク付きイヤホンは?

マイク付きイヤホンの中にはPS4でも使える物がありますが、当然スマートフォンとPS4では規格が異なっているので品揃えは少なくなりますし、有名メーカーでPS4に公式対応したマイク付きイヤホンを発売している所はほとんどありません。なので数はあまり多くありませんが、その中でもおすすめの商品をご紹介していきます。

Hellodigi G30

「Hellodigi G30 」はPS4に対応しているマイク付きイヤホンです。通常のイヤホンと異なり3.5mmコネクタが2本備わっているので拡張性が高く、PS4以外にもXBOX ONEやNintendo Switchでも使用する事ができます。

またゲームをする上で重要なノイズキャンセリング機能もしっかりと搭載されており、クリアなコミュニケーションを可能にしているというのも「Hellodigi G30 」が高い評価を受けている理由の1つです。

正直値段がとても安かったので、そこまで期待していなかったのですが・・・。
実際に商品が手元に届いて、いい意味で期待を裏切られました。
今までヘッドセットを使わずにノートPCのスピーカーのみ使っていたというのもありますが、こんなに音が変わるとは思いませんでした。
よくPCで通話をするのですが、音質も非常にクリアで大満足です。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2PAB4W8OHU3... |

PC用のマイク付きイヤホンは?

PCはスマートフォンとはプラグの数が違うので、スマートフォン用のマイク付きイヤホンを使おうと思うと変換ケーブルや変換コネクタが必要になります。そういった物を使いたくない場合は3.5mmプラグが2本付いているマイク付きイヤホンを探しましょう。

Voimakas ゲーミングヘッドセット

こちらはVoimakasという会社が販売しているマイク付きイヤホンです。ゲーミング用途での使用が想定されているので、2本の3.5mmプラグを標準装備しておりスマートフォン以外のPCやゲーム機でも利用可能になっています。またノイズキャンセリング機能や10mmハイファイのラウドスピーカーといった特徴によって快適な音声体験を実現しているという事からもPC用のマイク付きイヤホンとしておすすめです。

ヘッドホンでは重く
ゲーム中にずれて落ちてしまうことがあるので
こちらに変更しました
音質などはこだわらなければ問題ないです
マイクもしっかり相手に音が聞こえます
カラーもなかなかかっこよく
ゲーミングpcに合いました

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RACL0C1KK85P... |

安価なマイク付きイヤホンは?

マイク付きイヤホンが欲しいけど安価な物で十分という人も中にはいるでしょう。実際にマイク付きイヤホンのボリュームゾーンは比較的低めなので、探せば安価な物はたくさん見つかります。

AGPTEK Z02E

安いマイク付きイヤホンといえば「AGPTEK Z02E」が挙げられます。多くのマイク付きイヤホンが2000円以上なのに対して、こちらは約1200円とダントツで安く入手する事が可能で安いマイク付きイヤホンを探している人には特におすすめです。その分機能性や耐久性は他に比べて優れていないので、壊れたら買い替えるぐらいの軽い気持ちで使いましょう。

1,170円と格安イヤホンです。急にクリップマイク付きのイヤホンが必要になったので試しに購入しました。
正直安すぎてそれほど期待してなかったのですが予想以上にマイク感度が高くてびっくりです。小さな音も拾ってくれます。もちろんノイズもですがこの値段でこの製品出せるてすごいなて思いました。安いのに全然雑な感じがないです。
AGPTEKのオーディオプレイヤ持ってますが安いのに優秀です。
コスパへのこだわりを感じますね。良いと思います。
少し高音硬いですが千円前半でこのクオリティはすごいです。あと耐久性があればうれしいですね!買い替えもしやすい価格なので自分のようにお試しでも入りやすいイヤホンかと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2CS9AVCCO4R... |

高音質なマイク付きイヤホンは?

マイク付きイヤホンはどちらかというと、ハンズフリー通話のためのコントローラーやノイズキャンセリング機能を売りにしているメーカーが多く、音質にまで拘っている所は少ないです。とはいえ大手メーカーが発売している高価格帯のマイク付きイヤホンならば、値段に見合った音質を提供してくれるので音質にも拘りたい人にはおすすめです。

SHURE SE215m+SPE-A

「SHURE SE215m+SPE-A」はSHUREの人気イヤホンである「SE215 Special Edition」にマイク付きのケーブルを新しく装備したモデルになります。元々、音質には定評があった「SE215 Special Edition」を基礎としているのでマイク付きイヤホンの中でもトップクラスの音質を誇っており、非常に質の良い製品になっています。

音質はSE215speそのまま。特に音質がいいわけではないが悪くもない。BAに慣れている人には高域が物足りないかも。しかし、この価格帯で遮音性を求める人にはこれ一択。また、shureを使った事がない人にはフォームチップの出来の良さを体感してほしい。リモコンの位置が本体側に寄り過ぎて使い難いため星一つマイナス。デザイン、装着感は上位のSEシリーズと同等で素晴らしい。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2JAVCZ51I6C... |

マイク付きイヤホンの使い方は?

一昔前のマイク付きイヤホンといえばマイクとイヤホンが分離しており、大型で扱いづらい物でしがたが、最近のマイク付きイヤホンは技術の進歩によって小型化しています。なのでスマートフォンで音楽や動画を視聴している最中に電話がかかってきても、一々スマートフォンを耳元に持ってくる必要がありません。

このようにハンズフリーかつノンストレスに電話に対応できるというのはマイク付きイヤホンの大きなメリットでしょう。

またマイク付きイヤホンには別の使い方もあります。例えばiPhoneなら一部のマイク付きイヤホンを使えばSiriを音声で操作する事もできますし、Googleの音声検索なども簡単に利用できます。

音楽や動画を視聴する用途でしかイヤホンを使っていない人は多いですが、実際にはマイク付きイヤホンにすればできる事の幅は一気に広がります。

おすすめのマイク付きイヤホンのメーカーは?

ハンズフリー通話などに対して世間の注目が集まると同時に、最近では色々なメーカーがマイク付きイヤホンの開発に乗り出しています。

特に低価格帯では中国や東南アジアを拠点とする新興メーカーが矢継ぎ早に新商品を発売してシェアを獲得しているので、ソニーやBeatsなどの有名メーカーは中価格帯以上で高品質かつ多機能なマイク付きイヤホンを発売する事によって対抗しています。

なのでマイク付きイヤホンを発売しているおすすめのメーカーとしては、低価格帯ならIQIYIなどの新興メーカーが安い上に最低限の機能を搭載しているので使いやすいでしょう。逆に中価格帯以上になるとソニーやBeatsといった名前が知れているメーカーの方が、品質だけでなく耐久性や保証の面でも優れているといえます。

ソニーのマイク付きイヤホンは?

イヤホンやヘッドホン業界を代表する日本のメーカーといえばソニーですが、実はソニーは「MDR-EX15AP」や「WI-C300 」などのマイク付きイヤホンも多数発売しています。

「MDR-EX15AP」は千円程度とマイク付きイヤホンの中でも比較的安い部類ではあるものの、400kJ/m3高磁力ネオジウムマグネットを採用していたりするので他のメーカーよりも品質やコストパフォーマンスの面で優れています。

また「WI-C300 」はソニーが得意とする中価格帯のマイク付きイヤホンで、最大8時間のワイヤレスリスニングやマルチペアリングにも対応しており、6000円程度のマイク付きイヤホンとしてはトップクラスで質が良いといえるでしょう。

何よりソニーのイヤホンは歴史が長く、どんな価格帯でもしっかりと作り込まれているので、どれを選んでも十分な満足感を提供してくれます。

自分に合ったマイク付きイヤホンを見つけよう

ここまでマイク付きイヤホンのアレコレについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。最近はハンズフリーで通話をする人も増えてきましたし、それに伴いマイク付きイヤホンもずいぶんと普及してきています。今までイヤホンを音楽や動画の視聴でしか使ってこなかった人も、コレを機にマイク付きイヤホンに変えてみるのも良いのではないでしょうか。

とはいえマイク付きイヤホンは価格にしろ機能にしろ、各メーカーによって色々と異なってくるので最初の内はどれを選べばいいのか分からない場合もあります。そういった時にはこの記事を参考にしながら、自分が出せる金額や欲しいと考えている機能を列挙してみて、それに合ったマイク付きイヤホンを選んでみましょう。

Latests