Search

検索したいワードを入力してください

高級イヤホンメーカー3・違い

更新日:2020年08月28日

皆さんはイヤホンにこだわっていますか。最近では数万円以上するイヤホンを各メーカーが販売していますが、どういった基準で選んだらいいのか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで今回は高級イヤホンについてご紹介していきます。

高級イヤホンメーカー3は?

皆さんはイヤホンにこだわっていますか。

今となっては多種多様なイヤホンが発売されており、blootooth対応やヘッドホン式などを売りにしているメーカーも出てきています。また中には数万円以上するイヤホンもあり、価格帯が非常に幅広いのもイヤホン業界の一つの特徴です。それゆえに高級イヤホンに手を出してみたくても、何を基準にして選べば良いのか分からない人は多いのではないでしょうか。

そこで今回は高級イヤホンに焦点を絞ってご紹介をしていきます。

3.BOSE

第三位は尖った商品が多い事で有名なBOSEです。元々はアメリカで創業し、スピーカーを主製品としていたのですが、現在ではヘッドホンやイヤホンなどにも幅広く展開しています。

BOSEといえば、11.5cmフルレンジドライバーやアコースティック・ウェーブガイドなどの独自技術であり、これらはMITで確立された理論を用いて開発されたというのは有名な話です。またそれによって小型ではあるものの高音質な商品を実現しており、各方面からは高く評価されています。

BOSEのイヤホンは色々と種類がありますが、基本的には1万円以上するモデルばかりであり、まだ高級イヤホンを買った事がない人は少し手を伸ばしづらいでしょう。とはいえ日本法人があるので困った事があっても素早くサポートを受けられますし、公式ストアでの購入には30日間の返金・返品保証も付いてくるので最初に買うメーカーとしてはです。

2.BEATS

第二位はあのスタイリッシュなロゴで有名なBEATSです。街中を歩いていると、BEATSのロゴが入ったヘッドホンをしている人をよく見かけますが、実はBEATSは高級イヤホンの方面でも有名です。

BEATSの高級イヤホンは1万円~1万5千円の範囲に収まるので、価格でいえばBOSEよりも手を伸ばしやすいでしょう。

またカラーバリエーションも豊富で、機能面だけでなく見た目にも気を使っている事から、イヤホンにスタイリッシュさを求めている人にとってはBEATSの高級イヤホンが最適です。

1.SONY

栄えある一位は日本が誇るメーカーであるSONYです。SONYのイヤホンはラインナップが豊富ですし、bluetoothやハイレゾといった技術にも対応している事から日本のみならず海外でも非常に高い評価を受けています。特に一万円以上するモデルは高~低まで全ての音をカバーしており、再生する音楽のジャンルなどに影響される事なくパフォーマンスを発揮してくれます。

海外製の品質や耐久性が少し信じられない人は、まずSONYの高級イヤホンから試してみましょう。

高級イヤホンの違いは?

高級イヤホンが安物イヤホンと明確に違う点は、その音質の高さです。高級イヤホンはメーカーにもよりますが、安物イヤホンよりも高品質のドライバーを使用しているのでよりクリアな音や広がりのある音を表現する事ができます。

また最近よく耳にするハイレゾのような高音質音源にも対応しているモデルが多いので、音質を追求したいユーザーにとっては高級イヤホンは必須アイテムになっています。

そして高級イヤホンは独特な形状をしている事が多いですが、これは人間工学に基づいてもっとも耳にフィットする形状を算出しているからです。当然、耳の形は人によって異なりますが、なるべく多くの人に合うようになっているので、安物イヤホンよりも長時間使用した時の負担を軽減する事ができます。

高級イヤホンの寿命は?

通勤・通学時に毎日、イヤホンを使用する人にとってはイヤホンの耐久性も選ぶ際に重要なポイントになるでしょう。その点に関して言うと、高級イヤホンは問題ありません。

安物イヤホンはコストカットのために、安価な部品を寄せ集めて作っている場合がありますが、高級イヤホンは基本的に一定の水準を満たしているパーツしか使わないので、初期不良以外で直ぐに壊れる可能性は低いです。

また高級イヤホンを販売しているメーカーは修理を含めた保証が手厚いので、断線などの故障が発生しても店舗に持ち込んだり、窓口に送ったりすれば修理をしてくれます。ただし、その際に修理費や送料が必要になるので、修理に出す前に新品に買い直す案も一応考えておきましょう。

特徴別高級イヤホンは?

一昔前までは高級イヤホンといえば高音質を売りにしている商品がほとんどでしたが、最近ではイヤホンも多機能化しており、さまざまなユーザーニーズに対応しています。例えばbluetooth技術に対応しているモデルだとノンケーブルになるので、一般的なイヤホンより取り回しのストレスが少ないです。

また珍しいタイプだとヘッドホン式を採用しているモデルもあり、こういった商品では外部の雑音を遮断できるので、外出時でも集中して音楽などを聞きたい人にとっては重宝します。

bluetooth対応の高級イヤホンのは?

bluetooth対応の高級イヤホンは多数ありますが、その中でも一押しなのがSONYが発売しているWF-1000X Nです。この商品はbluetoothに対応しているので完全ケーブルレスですし、独自のノイズキャンセリング機能によって外でも周囲の雑音を全て聞こえなくする事も可能です。

価格は2万円以上するので安い買い物ではありませんが、その分長く使える一品になっていますので、bluetooth対応の高級イヤホンを探している人には特にです。

ヘッドホン式の高級イヤホンのは?

高級イヤホンの中にはイヤーピースが大きく、ヘッドホンのようになっているモデルもあります。特にOnkyoが販売しているW800BTB は、ヘッドホン式なので密閉性が高く人混みの中でもキチンと雑音を遮断してくれます。

また6Hz~22kHzという幅広い再生周波数帯域に対応しているので、完全ケーブルレスとは思えないほどの高音質を実現しているという事もこのモデルの特徴です。通勤・通学時に周りが煩くて音楽や動画を聞けない人は、この商品の購入を検討してみましょう。

いくらから高級イヤホンになるのか?

高級イヤホンに厳密な定義は存在しませんが、一般的には1万円以上を超すモデルを高級イヤホンと呼称する事が多いです。これぐらいの値段になると誰でも聞き分けれるレベルで音質が変わってきますが、逆にそれ以上は大きな違いが現れにくいです。

よほどオーディオに精通していない限りは、1万円のイヤホンと5万円のイヤホンを識別する事は難しいので、高級イヤホンを買う際には家電量販店などで試し聞きをしてから買う事をします。

初回公開日:2018年03月18日

記載されている内容は2018年03月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests