Search

検索したいワードを入力してください

2018年05月21日

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

通勤やスポーツ時などイヤホンを使用する人も多いでしょう。イヤホンに溜まる静電気は身体にも影響を与えてしまいます。静電気による痛みを防ぐために、静電気を除去するグッズなどが多数販売されています。日常的にイヤホンを使っている人ほど静電気に目を向ける必要があります。

イヤホンと静電気

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

現在、移動中やスポーツの最中でも音楽を楽しむ人が多くなってきています。以前はCDプレーヤやラジカセなどを使い自宅など屋内で聞くことが多かった音楽ですが、現代ではスマートフォンや携帯音楽機器などを使い音楽を持ち歩ける時代になっています。

音楽や動画がより身近になっている中で、イヤホンは欠かすことのできないアイテムと言えるでしょう。周りの人たちに迷惑をかけずに、自分だけで音楽や動画を楽しむことができます。イヤホン自体もいろいろな種類があり、携帯機器に付属している安価なものから温室にこだわった高価なものまで使う人によって選ぶものも異なってきます。

イヤホンを使用している人であれば、微弱な静電気を感じたことがある人も少なくないでしょう。特に空気が乾燥した冬にはイヤホンに静電気がたまりやすく、それを耳から感じてしまいます。ではイヤホンの静電気を防ぐためにはどのような方法があるのでしょうか。

静電気対策グッズ

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

イヤホンの静電気対策グッズにはいろいろなものが存在します。元から静電気の発生を防ぐものや発生してしまった静電気を除去するものもあります。静電気の溜まりやすさは、空気の乾燥や着ている衣服などの外部の環境に左右されることが多いです。その分外部からの措置で十分対策することができます。

静電気の発生を防ぐ

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

まず根本からイヤホンの静電気の発生を防ぐグッズを紹介します。静電気はものとものとが擦れた時などにどうしても発生してしまいます。そのため、イヤホンの静電気の発生を防ぐためには静電気が発生しにくい環境を整えるグッズが有効です。

ブレスレット

例えば静電気防止のブレスレットなどがあります。手に着用するだけで静電気を防いでくれるグッズです。イヤホンに手を触れる機会も多くあるため、まずは手に静電気がたまらないようにする方法です。同様に、保湿クリームなどを手に塗っておけば乾燥することもなく静電気がたまりにくくなります。

イヤホン装着グッズ

また、イヤホン自体に装着することで静電気の発生を防ぐグッズもあります。クリップタイプでイヤホンのコード部分にくっつけたり、静電気予防効果のあるイヤホンカバーなども販売されています。しかし、どのグッズも100パーセント静電気の発生を防ぐわけではないということを頭に入れておく必要があります。

溜まった静電気を除去する

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

次にイヤホンに溜まってしまった静電気を除去するグッズを紹介します。静電気はものからものへと溜まっていったり流れやすいものなので、イヤホンから静電気を流してくれるグッズが有効です。難しい操作などは必要なく、ワンタッチや簡単な操作で使用することができるものが多いです。

キーホルダー

例えば、静電気除去キーホルダーというものが存在します。イヤホンに当てるだけで静電気を除去してくれるものや、つけているだけで永続的に静電気を除去してくれるものがあります。対象物に当てるタイプのものは、実際に数値などで静電気を計れるので効果がわかりやすい点がオススメです。

除去シート

同様に静電気除去シートもオススメです。本来は精密機器や危険物を取扱う際に使用するグッズですが、現在では一般にも使用されています。スマートフォンのカバーに使用されていたりタッチするだけで簡単に静電気を除去することができます。

イヤホンからの静電気の感電対策・防止方法

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

続いてはグッズを使わずにイヤホンの静電気を防止、除去する方法を紹介します。イヤホン専門店などには便利なグッズが多数揃えてありますが、それらを購入することなく静電気を予防できればそれに越したことはありません。ちょっとした方法や習慣を身につけることで簡単に予防することができます。

イヤホンの管理

まず、イヤホンをどう管理しているかがポイントです。ぐちゃぐちゃにまとめてポケットに入れているという人も多いのではないでしょうか。静電気はものがこすれるときに発生するので、ぐちゃぐちゃのイヤホンを解くときにも多く発生します。着ている服がナイロンなどの化学繊維の場合は特に静電気が発生しやすいので注意が必要です。

乾燥予防

先ほども少し触れましたが、加湿をすることは静電気予防にとても効果的です。保湿クリームを手に塗ることでデイ電気が発生しにくくなります。またイヤホンは顔に近いので、顔の保湿をすることも有効な手段です。

イヤホンで静電気が起きる理由

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

イヤホンで静電気が起きる理由で最も多いのが、環境から影響を受ける場合です。しかし中には、イヤホン自体の不具合により静電気が起きやすくなることがあります。イヤホンは精密機械なので静電気により故障する可能性もあります。予防をしてもイヤホンからの静電気が木になる場合は故障の可能性も視野に入れることが必要です。

故障

イヤホンの故障で最も多いのが、内部配線の故障です。イヤホンは音楽機器からのデータを信号として耳に伝えるため、非常に複雑な内部配線が組まれています。多くのイヤホンがビニール製のカバーで覆われているのは、外部からの静電気を除去する役割と塵や埃から内部配線を守るためです。

カバーが剥がれていたり破れていたりすると、配線が直接外気に触れてしまい静電気が起きやすくなってしまいます。最悪の場合故障してしまい、イヤホンとしての機能が果たせなくなる可能性もあるでしょう。また、ジャック部分が故障しているとノイズが聞こえたり音が聞こえなくなったりすることもあります。

誤作動など

イヤホンを誤った方法で使用してしまうと、正常な動きができず故障する可能性もあります。ジャック部分や内部配線はデリケートなため、乱暴に扱ったり水に触れたりすると誤作動を起こす原因になってしまいます。

音楽機器によってはいろいろなジャック口がついているものもあります。通信をしたり充電をしたりその形状もいろいろですが、イヤホンを挿すジャックを間違えてしまうと抜けなくなってしまったり、故障したりしてしまいます。

イヤホンに静電気が起きる時の症状

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

イヤホンに静電気が流れると身体にはどのような影響があるのでしょうか。頭痛など痛みを伴うものであれば異変にすぐ気がつくことができますが、身体に異変がない影響となると静電気に気付くことができません。

イヤホンは日常的に使うものなので、その異変に気が付きにくい可能性があります。静電気が流れることによる異変も少しずつ大きくなっていくことが多いのが特徴です。しかし一般にはそれがイヤホンの故障なのか、静電気のせいなのか、耳の不調なのかを判断することができないのが現状です。

痛い

手に静電気が走ったように、鋭い痛みを耳に感じることがあります。主には耳につけるときや外すときに感じることが多いですが、何かの拍子につけている最中でも痛みを感じることもあります。静電気を感じたことがない人は少ないでしょう。この場合、静電気による痛みだとわかりやすいので対処も早いでしょう。

耳への痛みを伴った場合は、すぐにイヤホンの使用をやめるようにしましょう。耳の痛みがイヤホンによるものか、音楽機器によるものか、また別のものかを判断するのは難しいですが、この痛みは一瞬であることが多いため、イヤホンを外せば治ることが多いです。

イヤホンを外しても痛みが引かない場合は耳鼻科へ相談したほうが良いでしょう。他の病気である可能性もあります。また慢性的にイヤホンからの静電気が流れることで耳に悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

頭痛

イヤホンの静電気による人体への影響で最も厄介なものが頭痛です。この場合、まず頭痛の影響がイヤホンからの静電気であることに気づけない人が多いでしょう。慢性的に頭痛を伴っている人などは、他の可能性に目を向けてしまいイヤホンが原因であることを視野から外してしまいます。

厄介な理由のもう一つが、イヤホンを外したからといってすぐに頭痛が引かないという点です。イヤホンからの静電気が頭に流れ続けることで徐々に影響を及ぼしています。そのためイヤホンを外してもその影響はすぐには無くならず、しばらくの間頭痛が続いてしまいます。

頭痛の原因がイヤホンであるとわかった場合、すぐに使用をやめましょう。その後痛みが引かない場合は病院にかかったほうがいいでしょう。痛みを完全に取り除くことはできませんが、痛み止めなどで処置することができます。

ノイズなど

イヤホンに静電気が流れると、ノイズが聞こえることがあります。大きなノイズは人体にも悪影響を与えてしまいます。特に高価で性能が高いイヤホンであるほど、周りの音を遮断する能力が高く、その分ノイズも大きくなってしまいます。

ノイズは不快感を感じるばかりか、精神的ストレスを感じてしまいます。明確に症状には現れなくとも体に悪影響なのは事実です。通勤中などイヤホンをつけることが日課になている人も多いでしょうか、自分の体を第一に考えるようにしましょう。

イヤホンの静電気は危ないのか

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

一般に静電気といえばパチッと痛みを感じるぐらいで危険性はそれほどないように思えます。しかし実際は頻繁に線電気が流れることでイヤホン自体が故障したり、人体にも少なからず悪影響を及ぼしてしまいます。イヤホンは音楽機器に繋ぐことが多いため、静電気は音楽機器にも悪影響を及ぼしてしまうこともあります。

例えば、自宅にも音楽機器やパソコンがありイヤホンを使いまわしている人もいるでしょう。静電気により故障してしまったイヤホンを他の音楽機器に挿してしまうと、その機器も故障してしまう可能性があります。少しでも不審に感じたらそのイヤホンは使用しないようにしましょう。

身体への影響は、身体の外で感じるものももちろんですが、耳や頭など身体の中で感じる痛みこそ気をつけるべきといえます。イヤホンの静電気がすぐに痛みとなって現れることは少ないですが、小さな痛みを蓄積させていくのは避けたほうが良いでしょう。

イヤホンの静電気との付き合い方

イヤホンの静電気対策グッズ・感電対策・起きる理由・危ないか

イヤホンを使う以上、静電気を完全に防ぐことはできません。予防したり除去したりすることで軽減できる程度です。便利なグッズや静電気をためないコツなどは日常でもネットでもいろいろな情報を見つけることができます。ぜひそれらを参考にしましょう。

身の回りに電子機器が増え、当たり前のように使用している現代だからこそ、そこに伴う静電気の問題から目をそらさないようにしましょう。

Latests