Search

検索したいワードを入力してください

2018年10月24日

耳が痛くならないヘッドホン・メーカー・付け方|ワイヤレス/安い

「耳が痛くならないヘッドホン」あったら嬉しいことでしょう。好きな音楽を好きなだけ楽しんでもらえるように、「耳が痛くならないヘッドホン」のメーカーやヘッドホンを選ぶコツ、メガネをかけてる人にも快適に音楽を楽しめるヘッドホンを紹介してます。

おすすめの耳が痛くならないヘッドホン

耳が痛くならないヘッドホン・メーカー・付け方|ワイヤレス/安い

皆さんは気に入ってるヘッドホンはあるでしょうか。今現在多くの人がヘッドホンは好きだけど、耳が痛くなってしまうと言う悩みを抱えてる人が多くいます。あなたもヘッドホンをしていて耳が痛くなってしまってしまったと言う経験もあることでしょう。

ここでは、そんな悩みを解消する耳が痛くならないヘッドホンを紹介していきます。

ワイヤレス

このワイヤレスヘッドホンは、耳が痛くならないヘッドホンでストレスなく人気があります。より良い音を望む人にはたまらないでしょう。

そして時間のない朝には5分ぐらいの充電で2時間~3時間使えて、色も一色だけではなく多くあるので自分に合ったワイヤレスヘッドホンをおすすめします。

音質がとても良く、重低音の強い音楽を聴いているときは本当にライブにいるように感じることができてます!

出典: https://www.amazon.co.jp/Beats-Dr-Dre-%E3%83%AF%E3%82%A4%... |

安い

正直耳が痛くならないヘッドホンは頭の大きさや耳の大きさでも選ばなくていけないので、価格的には何もこだわらないのであれば、数千円~3万円前後で多くのヘッドホンが選べるでしょう。

でも、長時間使うと耳が痛くなってしまい、耳が痛くならないヘッドホンをこだわりで探したいと言う人であれば数千円~約10万円前後物によってはもっと高い価格のヘッドホンがあります。結果的には、安いヘッドホンもありますが、全体的に少し価格は高いと言っても良いでしょう。

耳が痛くならないヘッドホンのメーカー

皆さんのなかにはヘッドホンのメーカーにこだわる人も多くいることでしょう。 でも、ヘッドホンは好きだけど耳が痛くなってしまうと言う人も少なくないのが現状です。

もっと快適で長時間聴いても耳が痛くならないヘッドホンをメーカー別にみていきましょう。少しでもあなたに合った耳が痛くならないヘッドホンのメーカーがみつかればとおもいます。

SONY

SONYの開放型耳掛け式ヘッドホンは耳が痛くならないヘッドホンです。 耳にぴったり合うので長時間使用したい人には良いヘッドホンです。

そして、耳を当てる部分には低反発性のクッションを使用していて音的にも低音でも心地よさがたまらなく耳が痛くならないヘッドホンのなかでも人気が高いでしょう。

パナソニック

パナソニックは付けているのを忘れてしまいそうなヘッドホンです。すぐ耳が痛くなってしまったり、違和感を感じてしまう人でも一度や二度付けても耳が痛くならないヘッドホンなので、毎日が音楽を聴くのが楽しくなるの間違いないでしょう。

オーディオテクニカ

オーディオテクニカは耳に当てた感じが心地良いヘッドホンです。オシャレなヘッドホンが好きだけど耳が痛くなってしまう人に、あなたの希望に合うヘッドホンでしょう。

耳の痛さを感じなくオシャレも楽しみたいと言う人には、色合いも良く年代問わず音楽ライフを楽しめるおすすめのヘッドホンです。

耳が痛くならないヘッドホンの付け方

あなたはヘッドホンを、装着して暫くして耳が痛くなってしまったと言う経験もあることでしょう。 耳が痛くなる原因は付け方が正しくないと言うこともふまえ、今自分が使ってるヘッドホンの付け方をもう一度見直すことをおすすめします。

では、耳が痛くならないヘッドホンの付け方ですが、イヤーパッドを正しい位置に装着し、左右間違ってないか確認しましょう。これだけなのですが、それで耳が痛いと感じる人は、ヘッドバンドを調整してみると耳が痛いのがおさまります。

メガネの人におすすめの耳が痛くならないヘッドホン

メガネをかけてる皆さんはヘッドホンに悩まされてる人も多いことでしょう。 耳が痛くならないヘッドホンがあれば便利と感じる人もいます。そこで、メガネをかける人にも快適に耳が痛くならないヘッドホンを、今まで以上に楽しんで貰えるように少しでも参考になるようにランキングでみていきましょう。

メガネの人におすすめヘッドホン ランキング3

この商品はSONY ヘッドホン MDR-ZX110です。 メガネをかけてる人でも耳が痛くならないヘッドホンとして人気が高く、長時間利用しても苦にならず軽量で持ち運びしやすいです。お財布にも優しい価格なのでメガネをかけてる人や幅広い年代の人に人気があると言える商品でしょう。

専門家ではないので感覚ですが、音については低音と高音のバランスがとれていて、バンド系の音楽に適していると思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC-SONY... |

メガネの人におすすめヘッドホン ランキング2

この商品はゼンハイザー MOMENTUM i M2 AEiで、シンプルながらも人気が高いヘッドホンです。 なんと言っても魅力なのはメガネをかけてる人がこのヘッドホンと一緒にかけても疲れないのが人気が高い理由でしょう。シンプルなデザインを探してる人にはおすすめの一つです。

その点こちらはボーカルがまるで耳元でうたっているかのようにいきいきと聴こえて、そのうしろでちゃんと低音も十分なっていて、聴いていて楽しい。
価格差の価値は十二分にあると感じました。デザインもごちゃごちゃしてなくて普段使いできそうです

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BC%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%8... |

メガネの人におすすめヘッドホン ランキング1

この商品はaudio-technica ATH-S100になります。 メガネをかけてる人に人気の耳が痛くならないヘッドホンですが、オシャレな色も人気が高い一つでしょう。特に、どんな色のメガネにも合うのが年代問わず、長く利用したい人にはたまらないおすすめの商品です。

アーチのところの長さ調整をして使用し、2時間つけっぱなしでも痛くはなりませんでした。

出典: https://www.amazon.co.jp/audio-technica-MONITORING-%E5%AF... |

ヘッドホンを選ぶコツ

皆さんは何をみてヘッドホンを選びますか。ヘッドホンは数多くあるので音楽を聴いたりオシャレの一部として利用する人も増えていますが、ヘッドホンを選ぶコツとしては場所や目的を持って選ぶようにしましょう。 朝の通勤など人が多い所は向いてなヘッドホンもあるので注意が必要です。

使用する目的を明確に

皆さんのヘッドホンの使用の目的はなんでしょうか。音楽を聴いたりパソコンやゲームなどでも利用する人が増えています。 自分自身でヘッドホンを利用する目的を明確にして、その場や何をするかによってヘッドホンを使いわけておくのもコツです。自分に合った耳が痛くならないヘッドホンを選びましょう。

ヘッドホンを使用する場所

皆さんはヘッドホンをどんな場所で使用していますか。ヘッドホンのなかには公共の場で向いてるヘッドホンや向いてないヘッドホンもあります。 そして、その他にも長時間使用に向いてるヘッドホンもあるので、場所に合わせて耳が痛くならないヘッドホンを選びましょう。

音楽のジャンルに合わせる

あなたは、どんなジャンルの音楽が好きでしょうか。激しい曲やのんびりした曲など好みはわかれるとおもいますが、休日や予定がない日は部屋で1日長時間好きな音楽聴いて過ごしたい気持ちになる事があります。長時間好きな音楽を楽しむと考えた場合、耳が痛くならないヘッドホンがより快適に過ごせる必須アイテムとなります。

ヘッドホンを選ぶコツですが、好きな音楽を楽しみたいのであれば激しい曲、のんびりした曲とヘッドホンを使いわけることをおすすめします。今はヘッドホンの種類も多くあるので音楽のジャンルや自分の好みで耳が痛くならないヘッドホンを選んでみてはいかがでしょう。

ヘッドホンの良い所悪い所を考えて選ぶ

皆さんはヘッドホンの良い所や悪い所を考えて購入をしたことがありますか。耳が痛くならないヘッドホンでも必ず、良い所や悪い所があることを考えて利用しましょう。 それでは挙げていきます。

まずヘッドホンには、クローズド型とオープンエア型があります。クローズド型とは音漏れがしにくいうえに低音にも強いと言う特徴があり、オープンエア型とは音の伸びが良く聞き取りやすいのが特徴でしょう。

クローズド型は外で聞いたり持ち運ぶのにも適しています。オープンエア型は自宅で音楽を聴いて長時間聴いても疲れないと言うのがあるので、良い所悪い所場所に合ったヘッドホンにしましょう。

自分に合ったヘッドホンで楽しみましょう

いかがでしたしょうか。ヘッドホンは、愛着が湧くと長く利用したくなるアイテムです。長く使うには、あなたが自分に合った、耳が痛くならないヘッドホンを選ぶことが良いでしょう。 ヘッドホンは数多くあり、色んな場面で利用できるようにデザインも豊富にあり若い人から年配の人にも人気があります。

ヘッドホンを通勤や通学と利用する人が多くいますが、その他にも自宅でゆっくり音楽を聴いたり、ゲームなどにも趣味に合わせて利用するときもあるでしょう。

長時間利用することを考えたら自分に合った耳が痛くならないヘッドホンで、今まで以上に通勤や通学、趣味を楽しめること間違いないです。

Latests