Search

検索したいワードを入力してください

仕事を休む際のメール文例集|ビジネスメールの書き方・テンプレート

更新日:2020年06月02日

会社を休みたい時のメール連絡の例文と、その書き方についてビジネスの場面ごとに紹介しています。体調不良のため、子どもが熱を出して休むなど起こりうるシーンを想定した例文を紹介していますので、実際にメールを送る際の参考にして下さい。

基本的にビジネスメールの場合は、件名をみて書いてある内容や優先度を判断できるようにします。
件名をみれば内容が分かるようにしておけば、相手がメールの本文も読みやすくなります。

また、件名に重要度の分かる書き方も入れると目に付きやすいので埋もれたりするリスクが軽減されます。重要度は、件名の最初に【重要】または【緊急のご連絡】などを入れるとわかりやすいでしょう。

目上の人や上司にメールを送るときの基本マナー3:正しい敬語を使う

目上の人や上司にメールを送る際に非常に気をつけなければならないのは、敬語の使い方です。自分では正しい敬語だと思っていたものが、間違った言い回しになっているという場合もあります。

メールの文章を書く際に敬語表現に不安がある場合は、敬語表現を調べて正しい表現か確認した後に送信するようにしましょう。

仕事を休む際のメール作成のポイント

  • 仕事を休む際のメールは早めに
  • 必ず休む理由と謝罪の文を入れる
  • 仕事の引継ぎ内容も含む
  • 最後も謝罪の文で締める

仕事を休む際のメールを作成する際はこれらのポイントを押さえておきましょう。
仕事を休むということは、他の同僚や上司など周りの人に迷惑をかけてしまうことになるので、必ずそれに対して謝罪をしましょう。

仕事を休む際のメール件名のコツと例文

基本的には「メール件名:申し訳ありません、本日欠勤させて頂きます」でよいです。メール件名の書き方のコツは、実際に会社を休むことがはっきりとわかる内容にすることです。

メールはタイミングや相手、伝える内容に留意する必要があります。

仕事を休む際のメール件名の例

  • 申し訳ありません、本日欠勤させて頂きます
  • 【欠勤連絡】本日、休みをいただきます
  • 本日、休ませていただきます

仕事を休む際のメールの宛名の書き方

基本的なビジネスマナーとして、仕事を休む際のメールに限らずビジネスメールの最初に宛名は必須です。
仕事を休む際の連絡は、基本的には自分の所属する部署の事業部長になるでしょう。
その他にも仕事上で関わりの強い上司や同僚がいれば併せて連絡を入れる方が良いです。

また、社外の方との打ち合わせなどが入っていた場合は社外の方への連絡も忘れずに行いましょう。

仕事を休む際のメールの宛名の例

  • 社内の場合:○○部長、○○課長、○○さん、など
  • 社外の場合:株式会社△△ ○○様など

仕事を休む際のメールの締めの文章

仕事を休む際のメールの締めの文章は、仕事を休んで迷惑をかけてしまうことに対しての謝罪等で締めるのが良いでしょう。

また仕事を引き継ぐ場合には、緊急の連絡先としてメールもしくは電話番号を添えておくようにしましょう。

仕事を休む際のメールの締めの文章の例

  • ご迷惑をおかけし申し訳ございませんが、何卒宜しくお願い致します。
  • ご迷惑をおかけします。何かありましたらメールまたは電話にてご連絡をお願いします。

仕事を休む際のメールの本文の書き方

それでは、実際に仕事を休む際のメールは具体的にどのような文章にしたら良いでしょうか。
ここからは、仕事を休む場合のメール本文の書き方を解説していきます。

どんなに体調がすぐれなくても、会社を休む連絡はしっかりとした文章・内容で書かなければなりません。押さえておくべきところを逃さぬよう、下記ポイントを確認しておいてください。

仕事を休む際のメールの本文の書き方1:いつ休むのかと理由を明記する

仕事を休むことが事前に分かっている場合は、いつ休むのかとその理由を必ず明記しましょう。事前に休む期間が分かっていれば仕事の引継ぎもしやすくなるでしょう。

また、インフルエンザなど複数日の休養が必要な場合も、休む期間を必ず伝えるようにしましょう。特に社外の方にはその期間とその間の引継ぎ担当や連絡先を伝えるようにしてください。

仕事を休む際のメールの本文の書き方2:仕事を休むことに対しての謝罪を入れる

初回公開日:2018年10月23日

記載されている内容は2018年10月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests