Search

検索したいワードを入力してください

オーバーワークの意味・オーバーワークの症状・症候群とは

更新日:2020年08月20日

オーバーワークという経験をした事がありますか。そもそも、オーバーワークが必要な場面とは、どのような状況でしょうか。無理な働き方をすれば、心身を疲れさせてしまいます。疲れを癒す事も大事な事です。こちらの記事をご覧頂き、オーバーワークにならない様にしましょう。

オーバーワークとはどういう意味?

「ワーク」とは「働く」・「仕事」という意味の言葉です。人は成人すると、主に1日8時間の労働をします。週に1~2日の休日がある職業や、毎月の休日が数日のみの仕事もあるでしょう。人は1日24時間をどのように過ごすのかで、過労の度合が変わってきます。例えば、仕事で1日10時間や15時間働く事は「オーバーワーク」です。

国の労働基準法で定められている1日の労働時間は8時間です。要するに、この基準を超えた労働時間をオーバーワークとも言えるでしょう。また、時間的な事のみではなく、心情的なオーバーワークも存在します。それでは、その詳細をご覧下さい。

生活する事って仕事なの?

家庭内での家事も同じ労働です。炊事・洗濯・掃除・育児という日常的にやらなければならない事があります。1人暮らしであれば、自分の身の周りの家事のみで良いですが、家族が多い場合ではどうでしょうか。次から次へとやる事があるでしょう。こういった状況の中でも過度な労働という状況が起こります。

人数分の食事の用意は、時に過度な時間を費やすでしょう。1日3回、似通った作業を毎日繰り返します。食事を作るだけならば端的な事ですが、その合間に洗濯や掃除、子育てといった諸々の家事や用事をこなさなければなりません。そのため、時間の使い方によってはオーバーワークとなる可能性がとても高いでしょう。しっかりと順序立てて家事を行う事が最善です。

オーバーワークから顕れる様々な症状とは?

オーバーワークをしてしまった際に身体に顕れる症状とはどのようなものがあるでしょうか。成人した人間は、1日に8時間の労働と基本的に8時間の睡眠が大切ですが、労働が過剰に嵩み、必然的に睡眠時間を削る場合もあります。

数日間のみの残業であれば、身体に大きな症状は出難いですが、長期間での連日をオーバーワークしてしまうと、身体に露骨な影響を及ぼし、疲労も過度に溜まります。睡眠をとる事でオーバーワークをした際でも一時の体力回復が可能ですが、バランスの取れた日々の時間を過ごす事が仕事面にも健康面にも重要な事です。

初期症状とは?

オーバーワークによって起こり得る最初の症状は「めまい」が多いです。これには、睡眠不足や栄養の偏りなどの疲労状態から顕れる症状がほとんどです。立ち上がった際にふらついたり、意識が朦朧とした場合はオーバーワークの症状が出てしまった可能性があります。その時は、無理な労働は控え、心が休まる事を考えたり、リラックスできる場所へ出掛ける事も良いでしょう。

仮に、無理な労働をしてしまい、会社内で倒れてしまえば大惨事になるでしょう。周囲に迷惑が掛からないように、上司や先輩に現状を伝え、早退や休暇を貰い、しっかりと体調と精神を回復させましょう。仕事をするという事は、身体が1番の資本ですので、休養も大事な仕事への段取りです。

疲れは目に見えないの?

オーバーワークをしている最中、本人でも気が付かない事があります。それには「アドレナリン」という興奮物質の分泌による働きで、実際の疲れを脳に感じさせなくするという人間が持つ特殊な機能です。

そのため、過労に気付かずに、余計に働いてしまうという事は往々にして起こります。それが空調の整った室内でのデスクワークであれば良いですが、真夏や真冬の屋外で行う職業の場合は常に懸念が付き物です。

例えば、ビルの外装やガラス窓を清掃する職業です。地上から数十m、高い所では数百mといった高所で行う仕事です。仮に、アドレナリンのせいで蓄積した過労の症状に気付かず、高所での作業中に発作が顕れた場合、とても危険です。命を脅かす危険な場所で働く方は、特にオーバーワークにならないように、日々人一倍の留意をする事が肝要です。

無理は禁物!

ドライバーの仕事をする方の場合も同じです。大人数の命を預かり、バスを運転する仕事ではどうでしょうか。運転という作業は、知らず知らずの内に集中力を使っています。そのため、過労に気付かないケースがあり、実際に年間に数件の事故が起こっています。

少しのミスが大惨事となってしまうとも言い切れません。特に大型バスの場合では、高速道路を走行する事も多いので過労の症状が蓄積する事は乗車客にも大きな損害を与え兼ねません。「自分だけは大丈夫。」と決め付けずに、しっかりと休養とリフレッシュを図り、オーバーワークをする事がないように仕事の段取りを検討する事も必要です。

オーバーワーク症候群とは?

「症候群」という言葉があります。こちらの意味は、特定の要因は断定できないですが、似たような症状を心身に起こす状況の事を差します。要するに、オーバーワーク症候群とは、ある疲れから生じる「めまい」・「耳鳴り」・「発疹」・「活力低下」という症状を招く状態です。

日本人は真面目で勤勉な人が多く、とても素晴らしい国民性です。ただ、それ故に気を遣い、疲れたままの心を隠して、連日オーバーワークを繰り返してしまうケースがあります。無理は禁物です。症候群の症状が出てからでは、その改善に大きな労力もかかります。「備えあれば患いなし」というように、事前に自分の身体をケアする事がオーバーワーク症候群を防ぐ大事な事です。

息抜きが大事

それでは、オーバーワークにならないためへの対象法を挙げて参ります。仕事とは責任を果たす事です。「周囲も頑張って働いているから、自分も休んではいけない。」という考えがつのって引き起こす場合が多いです。

原因が分かれば、その原因となる行いを止めれば良いという事になります。単純に言えば、仕事を休む事や力を抜く事が1番の改善策です。時には、責任を忘れて大きく羽を伸ばしましょう。仕事をするばかりが人生ではありません。

「仕事は楽しむもの」「息抜きを大事にして、段取りの1つと考える」といった発想ができれば、より一層豊かな人生と心が保てるでしょう。

段取りの仕方が悪い?

オーバーワークをしてしまう人は、仕事を終えるのが遅いという見方もできます。周囲と同じ条件で始めた仕事ですが、終えるまでに2倍や3倍の時間が掛かっているという状況もあります。その改善法は、仕事が早い人のやり方を見習ったり、直接相談や質問をする事が1番です。謙虚な姿勢で教えを請いましょう。きっと快く教えてくれるでしょう。このように、少しの工夫次第でも過剰な労働をせずに済みます。

少しの努力と工夫があれば、きっと周囲と同じペースで仕事を終えられる日が来ます。かといって、無理に周囲のペースと合わせようとすると大きなストレスとなり、心身を壊すケースも存在します。何事もほどほどに行う事も忘れてはいけません。

人に任せる事も大事

家庭内や会社内では、仕事という責任が付きまといます。生きている以上、これは仕方ありません。皆が同じ条件で労働を行っています。ですが、場合によっては無理な労働を迫られる場合もあるでしょう。その場合には、しっかりと断る事も必要です。

世の中には、何事でも全てを受け止められる神様のような人物はいません。できない事は仲間に任せたり、謙虚な態度でお願いをして、過剰な労働内容を受け入れない事も段取りという仕事の手法です。

そのスムーズな仕事上の段取りができるようになれば、あなたが歳を重ねる度、その悩みを持った可愛い後輩が相談を持ち掛けて来る事でしょう。その時は、あなたの培った失敗や成功の経験談を交えて指導して、素敵な後輩を育成していきましょう。そうする事で、働く事や人間関係がより面白く、人生の大部分を占める「労働」という時間をも有意義に過ごせる事でしょう。

初回公開日:2017年10月15日

記載されている内容は2017年10月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests