Search

検索したいワードを入力してください

ICT教育のメリット・デメリットの事例|問題点/課題/効果

更新日:2017年11月11日

近年、タブレットやパソコンを授業に導入したり、それらの活用の仕方を学んだりするICT教育が注目を集めています。この記事では、ICT教育のメリット・デメリットや実際の教育現場での活用例、ICT教育に関する論文や書籍を紹介しています。

ICT教育のメリット・デメリットとは?

近年、パソコンやタブレットを使ったICT教育が注目を集めています。ICT教育とは「ICT機器を活用した教育」と「ICTをうまく活用するための教育」に大きく二分されます。タブレットなどを授業に取り入れるのが前者、プログラミングなどを学ぶのが後者です。また、ICTとは Information & Communication Technologyのことであり、「情報通信技術」と訳されます。これらの活用により、従来以上に質の高い授業の提供が期待される一方で、ICTによる弊害も指摘されています。

ICT教育のメリット

授業が効率よく行える

先生が板書をする間、生徒たちは何もすることがなく、時間を持て余してしまいます。パソコンとプロジェクターを導入し、パワーポイントなどを用いた授業をすると、その時間をなくすことができ、他のことに時間を使えます。また、先生も授業のスライドの準備さえすれば、授業はスムーズに行うことができるでしょう。これは、事務作業に追われている先生にとっても、少しのことで集中が切れてしまう子どもたちにとっても、好ましいことです。

他にも、普通なら先生は教室を歩いて回って、生徒たちの課題への取り組みの度合いを見ますが、ここにもICT教育を応用できます。生徒たちが先生に出された問いの答えをノートでなく、タブレットに書くようになったら、先生は手元の端末で生徒たちの理解度を知ることができます。また、消極的で進んで発表しないがゆえに理解していないと思われてしまうこともなくなるでしょう。

授業が楽しくなる

小学校高学年くらいになると徐々に勉強を苦と感じる生徒が増えてきます。紙の教科書を眺めているだけでは、どうしても眠くなってしまうという生徒も少なくありません。彼らに勉強をさせるには、勉強は楽しいと思ってもらうことが重要になります。

特に小中学生は、紙の媒体とむきあうよりもデジタル機器のほうが楽しむことができます。楽しい授業は生徒たちの意欲を向上させ、自発的な学習に結びつきます。自分から勉強すると成績が上がり、それがうれしくてまた勉強するという正の循環にはまる生徒も出てくるでしょう。

授業が分かりやすくなる

例えば、数学の立体の問題で、空間的に捉えられずに苦労する子は一定数います。デジタル機器を用いてその図形を動かすことで、彼らも平面にあらわされた立体を空間的に捉えられるようになります。

他にも、社会のような暗記が求められる教科ではICT機器を用いて、写真や動画を生徒たちに見せるといった工夫ができます。こうすることで、話題をより身近なこととして捉えられるので、記憶の定着度を高めることができます。

座学だけでなく、体育では動画撮影によって運動技能の向上を促進することができます。自分の動きとお手本の動きを比較し、どうすればうまくいくかを考えることは体育の授業で求められる力に加えて、分析力を養うことにもつながります。

ICT教育のデメリット

考える力がなくなる

日本人は考える力が劣っていると言われているため、近年の教育では自ら考え、それを伝える力を養うことがしばしば目標とされてきました。考える習慣、話し合う習慣をつけさせることで考える力を高めようとするアクティブラーニングが流行ったのもこのためでしょう。しかし、ICT教育を用いるとその逆のことが起こりえます。

これまでは自分で考えるしか答えを得るすべはありませんでしたが、端末を用いたICT教育ではかんたんにインターネットで答えを知ることができます。それにより、生徒たちの自分で考えるという習慣がなくなる恐れがあります。そうすると、自分の頭で考えるという能力が損なわれてしまうでしょう。

活字離れが進む

最近の若者は本を読まなくなった、とよく言われるように、若者の活字離れが重大な問題として指摘されています。活字離れとは、新聞や書籍などの紙に印刷された文字媒体の利用率が低くなることです。これによる問題点としては、話を読んで理解する能力の低下などが挙げられます。

ICT教育が導入され、デジタル教科書が普及すると、ますますこの活字離れが進むことは想像に難くありません。教科書すら読まなくなれば、印刷された紙の媒体を使うことはほとんどなくなるでしょう。デジタルの媒体にも優れたところはありますが、紙媒体を完全に捨てることのないように対策を練るべきでしょう。

文部科学省はICT教育をどうみるか?

文部科学省はICT教育を推進する立場をとっており、実際にICT教育の効果などを実証しています。文部科学省はICT教育の展開を推進するうえで、以下のような理由を述べています。

・分かりやすい授業を実現するため
子どもの学力低下が叫ばれる中、「確かな学力」を育成するためにはICTを効果的に活用した授業が必要であると文部科学省は考えています。

・情報活用能力を身につけるため
情報化が急激に進んでおり、情報に対し主体的に対応する力が求められるようになっています。現代日本のような情報があふれた社会の中で、情報や情報手段を取捨選択できるような力の育成を目指しています。

・校務の効率化をはかるため
教員が事務作業に追われ、生徒一人一人と向き合う時間がないことは大きな問題点とされてきました。その解消のため、ICTを活用することで校務の負担を軽減し、子ども主体の教育を取り戻そうとしています。

・情報社会において適切な行動をとれるようにするため
インターネットは匿名を基本とするため、犯罪に使われることもあります。学校でその側面や対処法をあらかじめ学ぶことで、コミュニティサイトに起因する犯罪などを回避することができます。また、情報がたくさんあるがゆえに、生活習慣が乱れるほどインターネットを使う人も出てきましたが、事前に知識があれば防ぐことができるでしょう。

ICT教育の問題点・課題とは?

先生に対する教育が必要

情報機器は、近年急速に普及したものであるため、40代、50代の先生の中には扱いに慣れていない人もたくさんいます。また、彼らは紙の教科書と黒板での授業スタイルを長年かけて完成させてきていますが、ICT教育に関しては全くの初心者であると言えます。

生徒にICT教育の恩恵を受けさせるには、まず第一に先生たちがどのようにすればよいかというICT教育のノウハウを学ぶ必要があります。年配の先生の中には抵抗を示す方もいるでしょうし、先生の教育にも大きな費用が掛かります。ICT教育において先生の教育というのは一つの大きな問題になっています。

機械が不具合を起こすかもしれない

ICT教育においては、機械が不具合を起こさないというのは前提条件にすぎませんが、機械の不具合を100%なくすことは不可能です。機械の不具合によって、授業のために用意したデータが消えてしまったり、プロジェクターに映し出せなかったりすると、その授業はスムーズに行えず、その後の授業でも予定の変更を余儀なくされてしまいます。

機械の不具合を毎回考慮するくらいなら、ICT教育を導入しないほうがはるかに効率的です。ICT教育を導入する際は、不具合を考慮した授業準備は不要でしょうが、万が一不具合が起こった場合の対応について事前にマニュアル化しておく必要があるでしょう。

教育格差が生まれてしまう

初回公開日:2017年11月11日

記載されている内容は2017年11月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests