Search

検索したいワードを入力してください

新入社員が辛いと思う原因は?対処法や身につけるべき心得についても解説

更新日:2022年06月21日

新入社員が辛いのはなぜなのか、原因を知りたいという人はいませんか。この記事では、新入社員が辛いと感じる原因や辛い時の対処法のほか、身につけるべき心得について解説しています。新入社員の辛さを解決したい人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

「新入社員が辛いと感じる原因にはどんなものがあるの?」
「新入社員が辛いと思った時の対処法や身につけておきたい心得を知りたい」
新入社員として頑張って働いている人の中には、このような疑問や興味を持っている場合もあるのではないでしょうか。

本記事では、新入社員が辛いと思う原因という基礎的な情報とともに、新入社員が辛いと思った時や帰宅しにくい時にできる対処法や新入社員が身につけておきたい心得について解説しています。

この記事を読むことで、ほかの新入社員がどのような時に辛いと感じるのか、どうすれば気持ちを解消できるのかを把握することが可能です。この知識をもとに、自分が辛いと思う気持ちを受け入れることができ、状況に応じた適切な対処ができるでしょう。

新入社員で辛い気持ちを抱えている人や身近にそのような人がいる場合は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

新入社員が辛いと思う時期

新入社員には、辞めたいと感じるほど強く辛いと感じやすい時期は3つあるとされています。このため新入社員や企業は、多くの同じ境遇の人が辛いと感じる時期に当てはまっているのかどうか考えてみることも大切です。

ここからは、新入社員が辛い・辞めたいと感じやすい時期を3つに分けて解説します。

入社1ヶ月くらい

入社して1ヶ月目はまだ新しい環境や人間関係、仕事に馴染めていない場合が多く、緊張感もあって新入社員にとって一番ストレスがかかってくる時期です。

ある程度馴染めてきたという人でも、仕事のミスや失敗が目立ちやすい時期なので、そのような状況から精神的に辛いと感じやすくなっています。

入社から3ヶ月くらい

会社の試用期間が終了する入社3ヶ月目は、働く環境の変化によるストレスが大きく影響してきます。五月病などの季節的な要因もありますが、ミスや失敗を容赦なく指摘されることが多くなるためです。

このため仕事へのプレッシャーや責任が重くのしかかり、キャパオーバーになる人が増えてきます。

入社から6ヶ月くらい

入社6か月目になると仕事や人間関係にも慣れて落ち着いてくる反面、一人で仕事をこなせるようになることを求められることで新しい悩みやストレスを抱えやすくなります。

同期と比較して仕事ができないと不安を感じる、このまま今の仕事をやっていていいのかなど、辛いと苦しむ新入社員は少なくありません。

新入社員が辛いと思う理由

新入社員が辛いと感じる時期やそれに伴った理由はある程度理解できたものの、具体的には些細な理由や状況が積み重なることで仕事を辞めたくなるほど辛いと感じやすい傾向があります。

ここからは、そんな新入社員が辛いと思う理由について、時期を問わず要因となりやすいものを具体的に解説していきます。

社会人の生活リズムに慣れていない

社会人になると、入社前の学生だった頃とは生活リズムが変わってくるという人は少なくありません。特に昼夜逆転の生活を送っていた場合、急に日勤帯での生活リズムに切り替えるのは容易ではないです。

このように社会人の生活リズムに慣れていないと、体がついていけずに辛いと感じやすくなっています。

上司や先輩との関り方がわからない

次のページ:同期とうまくいかない

初回公開日:2022年06月21日

記載されている内容は2022年06月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests