Search

検索したいワードを入力してください

2017年09月12日

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

現職に満足していますか?誰もが一度は考えたことがあるという転職です。転職する際の志望動機の書き方やポイントをご紹介します。特に金融機関への転職を中心としており、現状金融機関にお勤めでない方でも書ける志望動機マスター法です。

金融機関とは?

金融機関とは、資金の供給・仲介などを行う機関のことです。その中でも代表的な金融機関といえば、 銀行・金融公庫・信用金庫・郵便局・保険会社・証券会社などです。

その中でも毎年就職でとても人気がある金融機関は、日本の三大メガバンクである「みずほフィナンシャルグループ」「三菱東京UFJグループ」「三井住友銀行」などがあります。大手保険会社では、日本生命、第一生命、住友生命、明治安田生命などがあげられます。

金融志望動機の書き方とは?

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

金融機関に応募する際に多くの方が頭を悩ませるのが志望動機です。簡潔に「ここで働きたい」という思いや、やりたいことをまとめたいものです。

ここでは大きくわけて金融関係者が志望動機を書く際と、異業種からの転職にわけてご説明します。ライバルに負けない志望動機を書くには、金融企業のリサーチも大事です。金融機関への求人は多いですがその分ライバルも多いので、書類選考を突破するには志望動機はとても重要な材料になります。

金融機関からの転職

金融機関は同業種からの転職を採用することが多いです。そのため他業種から応募される方よりは有利です。

履歴書を書く際にとても重要度が高いとされるのは志望動機です。金融関連から転職する際は、今までの経験を踏まえアピールすることがポイントとなります。即戦力になることを十分に伝えましょう。ただ過去の実績を語るのではなく、それらをどのように次の職種へ繋げるかをうまく展開させることも大事です。金融機関での知識を取り入れより具体的な内容にすると良いです。最後の文章には「〜なので、志望致しました」と締めくくるときれいに終えられます。

他業種からの転職

他業種からの金融機関への転職はとても難しいと言われています。転職を成功させるコツは志望動機にかかっています。漠然と新たなことに挑戦したいと書くのではなく、より具体的に志望動機を書くことがポイントです。

そのためには、相手と自分のことをよく知ることが重要です。職種に関わらず事前リサーチをしっかり行いましょう。また、他業種ならではの別の視点からの書き出しもアピールポイントの1つになります。また、志望動機を書く際には相手の会社をよく調べて、関連付けた内容を入れ込むとより意欲が伝わりやすいです。

金融機関への志望動機の例文

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

金融機関といっても銀行や、保険会社、証券会社などに振り分けられ、その中でも銀行なら、地方銀行、信託銀行、信用金庫などと振り分けられます。なぜその金融機関を選んだのかという志望動機は必ず入れましょう。

例えば、金融機関のなかでもとても人気のある銀行の中でも地方銀行を選んだ場合、「地域密着性が強い」、「出身地の銀行」などアピールポイントとなります。志望する金融機関のホームページやパンフレットから情報収集もとても大事です。

生まれ育った町で働き、経済を通して地域の発展に尽力したいと考え、志望しました。経済活動は最も地域の発展と関係があると考えています。またその中でも、貴行の経営理念を拝読したとき、お客様と深く長く寄り添うことができると考えました。私は一人一人に深く寄り添い、茶道で培った気配り目配り心配りで、お客様と接したいと考えています。生まれ育った地域とそこに住む人びとのために働きたいと考え、貴行を志望いたしました。

出典: https://gakumado.mynavi.jp/style/articles/43842 | 【例文つき!】金融業界の志望動機の書き方と業界研究コツまとめ | 志望動機例文集 | データで見る就活 | 就活ス...

インターンの志望動機

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

インターンとは雇用というより研修に近い形態となります。短期間のものから長期間の渡るインターンもありますが、そのほとんどがそれらの経験を活かし次のステップとし志望される方が多いです。そのため、志望動機を書く際には、インターン終了後のことも含め書くことも効果的です。

海外では日本よりもインターン制度が多く、海外でインターンをしている日本人もたくさんいます。そのほとんどは、海外での経験を活かし日本でよりキャリアを高めるためのステップとしていることが多いです。

日本でのインターン

昨今では、日本でも多くの企業がインターンシップを取り入れる企業が増えてきてます。その目的の1つとしては、離職率を下げるためでもあります。

そんなインターンでも志望動機は必ず聞かれます。入社してからミスマッチな部分が見つかるより、インターンでクリアにしたいと企業は考えています。とにかく成長したい、今の自分を変えたいなどと、やる気を伝えることです。それから、どの様な自分になりたいのか、何を成長したいのかと掘り下げて考えていくと、志望動機を作成しやすいです。インターンの志望動機としては、興味や関心と自分の体験や経験を基にまとめると良いでしょう。

アメリカでのインターン

アメリカでのインターンのビザのステータスはJビザとOPTがあります。OPTとは、アメリカの大学やカレッジを卒業された方を対象に12か月だけアメリカで働くことを許可するビザです。

Jビザは日本の大学や高校を卒業した方が一度日本で就職し就労経験を得た上で与えられるビザです。ビザを取得するための条件は職種により異なります。Jビザの研修期間は1か月と短期間のものから最長では18か月間、研修として働くことが許可されます。一般的には12か月以上から有給となり、短期間のものは無給となることが多いです。

面接の志望動機

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

既に履歴書に志望動機を記載しています。同じ内容をただ読み上げるのではなく、表現力や相手に伝えようとすることも大事なポイントとなります。

本当にやる気があるのかなど面接官は見ています。緊張するシチュエーションではありますが、まずは落ち着いて自分の思いを伝えましょう。内定を勝ち取るためには、自らのことを相手に好印象に残すことも秘策の1つです。

過去にあったユニークな質問集

1、漫画のキャラクターに例えるなら?

面接官の質問に対して正解はありません。企業は同じキャラクターばかりは必要としていないということです。

2、優しさ+面白さ÷怒り=?

想像力が必要とされます。

3、とてもガラガラの映画館があります。あなたはどの様にこの空間を活用しますか?

企業は新たな発想力を要求します。

新卒・転職の場合

金融志望動機の書き方と例文|インターン・新卒・転職・面接の志望動機

学生の頃に就職活動をした時と、転職では活動の仕方も異なります。中途採用をされる企業は即戦力を求めるケースが多く、過去の職務での実績を問われます。そのため、求人内容と前職が同業種であると有利になりがちです。また、同職種であることも転職をする際の強みです。志望動機にはその点を目いっぱいアピールしましょう。企業はやる気がある求職者を求めています。誰よりも印象深い内容を残し、まずは書類選考に残ることです。

転職のプロに相談しよう。

初めて転職される方は、どの様に転職活動をすればよいのかわからないと言った方も多いのではないでしょうか。迷ったときは、転職のサポートをしてくれる転職サイトに相談することを得策です。

多くの転職サイトではエージェントが履歴書や職務経歴書の作成方法までもサポートしてくれます。また、面接時のフォローアップまでもしてくれる転職サイトもあります。何件もの転職の実績を持つサポートだからこそ、どの様な質問をされるか予測して事前に勉強をすることも可能です。転職希望企業が決まっていない場合も、転職サポート会社で企業の紹介も行っており、業種、勤務地、給与、休日などから適切な企業を紹介してくれます。金融関係の企業も多く取り扱っています。

銀行への志望動機を書くときのポイントとは?

金融機関の中でも人気の高い銀行への転職はとてもハードルが高いものです。その中で、その他の志望者に負けぬようにきっちりと志望動機をまとめましょう。まずは紙に書き出し何度も読み返し練習しましょう。あらゆる企業とお付き合いのある、企業に必要不可欠な資金調整をする銀行は、社会の中心地と言っても過言ではありません。インターネット上でもたくさんの志望動機の例文はありますが、基本要素は取り入れましょう。

1、なぜ志望するかを結論から始めましょう。
2、なぜ「銀行」なのかを伝えましょう。
3、数ある銀行の中でも、その銀行を志望する理由を説明しましょう。

志望動機を書く際に、最低限これらの内容を文章にします。実体験など、例文を入れるとよりわかりやすく伝えやすいです。基本として覚えて、働きたい金融機関に伝わるような志望動機を考えましょう。

あなたの年収、適切ですか?

「こんなに働いているのに、なんでこんなにお金がないんだろう。。。」
そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。

実はその悩み、転職すれば解決できるって知ってましたか?転職をすると今の年収よりも平均15%アップするというデータもあります。

また転職エージェントを使うと、専属のアドバイザーが年収の交渉もしてくれるので、あなたのスキルにあった年収を手に入れることができます。

転職エージェントの比較記事もあるので、合わせて読んで見てください。

Latests