Search

検索したいワードを入力してください

面接で泣く人の理由とは|泣きそうな場合の対処方法・泣くと落ちる?

更新日:2020年08月20日

「面接で泣く人」をテーマにピックアップして、面接で泣く理由・原因や、泣いてしまった時の対処法などをご紹介しています。また、面接中に泣いてしまった場合、結果に影響があるのかどうかについても考察しているので、ぜひ就職活動・転職活動の参考にしてみて下さい。

どうしよう、泣けてきた…!面接で泣く人について

就職活動や転職活動をしていると、採用されるまでに必ずと言って良い程、1回は面接を受けることになるでしょう。面接の形式は、その時によってさまざまですが、どのような形式やタイプであっても、緊張するという方がほとんどだと予想できます。

中には、面接中に思わず泣いてしまう人もいらっしゃると言われています。面接中ということは、企業の採用担当者や面接官と顔を合わせている可能性が高くなりますが、人前で泣く自分に対して、ショックや恥ずかしさを覚える方も、いらっしゃると予想できます。

そこで今回は、「面接で泣く人」をテーマにして、面接で泣く理由や泣きそうな時の対処法などをご紹介していきます。

どうして泣いてしまうのか?面接で泣く理由

まず始めに、面接で泣く理由についてご紹介していきます。

面接で泣く人も、最初から「面接では泣こう」と思っているわけではありません。意図していなくても、ふと涙が流れたり泣いてしまったりすることは、あるものです。しかし、面接で泣くきっかけとなりやすい理由を把握しておくことで、面接時でも心の準備ができたり、面接で泣いてしまった自分を自分自身で責めずに済んだりする可能性もあります。ぜひ、面接で泣く理由について、考えてみて下さい。

面接で泣く理由【1】:自分で納得できない回答をしてしまった

面接中に泣いてしまう理由の1つとして、自分の回答に納得できなかった為というケースが挙げられます。面接前、志望動機や自己PRなど、ある程度の質問に対する回答をあらかじめ考えておき、練習しておく方は、多いと予想できます。

しかし、本番で思ったような回答ができなかったり、自分でも予想外の回答をしてしまったりすると、誰でも焦りを覚えるものです。その焦りがあまりにも強く、用意していた回答ができなかった場合、ショックを受けて思わず泣いてしまうのでしょう。

また、繰り返し回答の練習などをしていた方の場合は、「あんなに練習したのに」と、自己嫌悪に陥って泣く場合もあると予想できます。準備していたことや用意していたものを発揮できないことは悔しいことですが、気持ちを切り替えて、他の質問でベストな回答ができるよう、努力するようにしましょう。

面接で泣く理由【2】:面接官の言動がきつい

面接には、「圧迫面接」と呼ばれる種類の面接もあります。「圧迫面接」とは、敢えて厳しい質問や意見を言い、面接を受けている人の思考やストレス耐性を見る選考のことです。上記のような圧迫面接の場合は、面接官の言動が厳しいものになる為、思わず泣く人も少なくありません。

また、圧迫面接でなくとも、きつい態度の面接官も存在します。自分が気にしていることやコンプレックスにしていることなどを指摘されてしまい、思わず泣く方もいらっしゃるでしょう。

面接だからと言って、人格や人柄を否定するような発言をするのは、NGとされています。あまりにも酷い発言をされた場合は、泣くだけでなく、抗議をしたり対応している機関へ相談したりするのも、1つの方法と言えます。

面接で泣く理由【3】:強いプレッシャーを感じる

中には、自分の回答にも、面接官の言動にも問題がなくても、思わず泣いてしまう方もいると言われています。

重要な面接や志望度が高い企業の選考となると、プレッシャーや緊張も強くなります。そのプレッシャーや緊張に耐え切れず、面接の内容や手応えとは関係無く泣いてしまう方もいるのです。

緊張に弱い方やあがり症の方は、緊張やプレッシャーで思わず泣く可能性もあることを、あらかじめ頭に入れておきましょう。

面接で泣く人の対処法

上記では、面接で泣く理由について考察しました。上記のような理由や原因があることを踏まえて、続いては面接で泣いてしまった時や泣きそうな時の対処法をご紹介していきます。

人それぞれ、どのようにすれば気を紛らわすことができるかは、異なります。しかし面接中の場合は、対処法も限られてくるでしょう。また、面接は自分1人ではなく、面接官と共に行うものなので、面接官にもなるべく迷惑を掛けないようにしたいものです。

以下では、上記のような観点も意識した対処法を考察していくので、緊張しやすい方や、面接が苦手な方は、ぜひ参考にしてみて下さい。

面接で泣く人の対処法【1】:素直に伝える

面接で泣き出してしまい、思うように回答したり話したりすることが難しい場合は、「申し訳ありません、涙が出てしまいました」といったように、泣いてしまったことを素直に伝えるのも、1つの対処法です。

面接官の人柄や判断、企業の方針によっても対応は異なりますが、上記のように素直に伝えることで、休憩を入れてもらえたり、落ち着く為の時間をもらえたりするケースもあります。

上記のように、休憩などの提案を面接官からされた場合は、相手の言葉に甘えてしまっても問題ないでしょう。場合によっては、お手洗いなどへ席を外すことを認めてくれることもあります。休憩や席を外す機会をもらうことができたら、その機会にしっかりと涙を止め、気持ちを切り替えて面接の続きに臨むことが大切です。

面接で泣く人の対処法【2】:ティッシュやハンカチで涙を拭く

面接で泣く人に向けた対処法として、ティッシュやハンカチで涙を拭くことも、方法の1つと言えるでしょう。

特に女性の場合は、泣き続けるとメイクが崩れてしまう危険性があります。また、男性の場合も、涙があまりにも流れると滴ってしまいます。あまりに泣き続けると、鼻水などが出てきてしまうこともあるでしょう。

そのような場合は、面接官に断りを入れ、ティッシュやハンカチで涙や鼻水を拭くことをします。その際、仕草や動作がチェックされる可能性もあるので、面接で泣く可能性がある方は、ティッシュやハンカチをすぐに取り出せるように、収納場所などを覚えておくことも大切です。また、ハンカチの柄などにも、あらかじめ配慮しておくことをします。

次のページ:面接で泣くことと合否の関係性

初回公開日:2017年07月26日

記載されている内容は2017年07月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Latests