Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月14日

面接で「好きな言葉はなんですか?」という質問の回答例【例文あり】

面接で「好きな言葉を教えてください」「座右の銘はありますか?」などと質問されることがあります。この質問にはあなたの人柄を知りたいという意図があります。面接でスムーズに答えられるよう、使える四字熟語や具体的な回答例をご紹介します。

面接で「好きな言葉は?」と聞かれた際の答え方

面接で「好きな言葉はなんですか?」という質問の回答例【例文あり】

就職活動の面接で「好きな言葉を教えてください」「好きな座右の銘はありますか?」などと質問されることがあります。この質問にはあなたの人柄を知りたいという意図があります。

「人柄」は選考基準の中でもとくに重要な項目の一つで、面接でスムーズに答えられるようしておく必要があります。

好きな言葉として使える熟語や具体的な回答例をご紹介していきますので、ぜひ参考にしていただきあなたの良い所を面接官にアピールしましょう。

面接官が「好きな言葉は?」と質問する意図とは?

面接官が「あなたの好きな言葉は?」や「あなたの好きな座右の銘は?」と聞くのは、あなたの人柄や会社の社風に合っているのかを知りたいからです。

面接は企業側にとって、相手を知る数少ない機会です。面接官は「この人はうちの会社でやっていけるのだろうか」「どのような価値観を持っているのだろうか」といったことを「好きな言葉」や「好きな座右の銘」から読み取ろうとします。

好きな言葉の作り方

面接で「好きな言葉はなんですか?」という質問の回答例【例文あり】

では、好きな言葉の作り方はどうすればよいのでしょうか。まず、やってもらいたいことは、ノートなどに日頃から使っている言葉をリストアップして見ましょう。

例えば「ありがとう」や「すみません」といった言葉をよく発しているのであれば、それがあなたの好きな言葉となります。

「すみません」と言った言葉も弱よわしいく感じるかもしれませんが、言い返せば「謙虚で真面目な人」と、印象付けることが出来ます。

「好きな言葉は?」の回答の基本とポイント

面接官から「あなたの好きな言葉(座右の銘)は?」と聞かれたら「私の好きな言葉(座右の銘は〇〇です」と、はっきりと言いましょう。

次になぜその言葉が好きなのかを、実際のエピソードを語ります。実際のエピソードを語ることで、説得力を面接官に持たせることができ、信頼にもつながります。

さらに、仕事にも行かせることをアピールすることで、あなたの人柄の良さを感じてもらうことが出来ます。

  1. 実際のエピソードを加える
  2. 仕事にも行かせることをアピール

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例8つ

実際に面接官が「あなたの好きな言葉(座右の銘)はなんですか?」と聞かれたら、あたふたしてしまうこともあるでしょう。

面接官はあなたのそういったところも見ています。あたふたしてしまはないためにも、どういた回答がよいのかを知っておくことで、スムーズに話を進めることが出来ます。

それでは「好きな言葉(座右の銘)はなんですか?」と聞かれた時の具体的な回答例を見ていきましょう。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例1:「ありがとう 」


日々の生活の中で、意識していないうちに人は色々な人に関わり支えられて生きています。そんなときに「ありがとう」という言葉は、相手を敬い感謝の気持ちを表した言葉です。

回答例「私はありがとう」と言う言葉がとても大好きで、普段からよく口にするように心がけています。なぜ私がこの言葉が好きかというと、私が交通事故で怪我した際に色々な人がお見舞いに来てくれました。私は一人じゃないと感じるようになり、それ以降、感謝気持である「ありがとう」という言葉を意識するようになりました。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例2:「継続は力なり」

継続することは簡単のように見えて、とても難しいことです。継続することは将来自分のためになり、その努力は必ず報われることでしょう。

回答例「継続は力なり」という言葉を、好きな座右の銘にしています。元々は飽きやすい性格だったのですが、これではいけないと思い、収得が難しい〇〇資格を得るために、半年間毎日勉強しました。その結果〇〇の資格を習得することが出来ました。それ以降、継続することは力になることを知りました。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例3:「天才とは努力する凡才のことである」

「天才とは努力する凡才のことである」は、アインシュタインが残した名言です。この言葉のには「天才と呼ばれる人間は、努力を怠らない」といった意味が隠れています。

回答例「天才とは努力する凡才のことである」は、アインシュタインが残した名言で、私が大切にしている言葉です。私はこれといった才能もなく悩んでいた時期がありました。しかし、この言葉に出会ったおかげで、どんなことにも挑戦し努力し続けることの大切さを知りました。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例4:「転ぶのは恥ではない。転んだままでいるのが恥なのだ」

「転ぶのは恥ではない。転んだままでいるのが恥なのだ」これはドイツの格言です。「失敗することは恥ではなく、起き上がろうしないことが恥だ」といった意味を持っています。

回答例「転ぶのは恥ではない。転んだままでいるのが恥なのだ」このドイツの格言は、私にとって大好きな格言の一つです。大学受験で失敗し落ち込んでいる時に、この格言を知りました。次の年に再度大学受験を受け、合格することができました。それ以降、この前向きな言葉を大切にしています。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例5:「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」

「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」これは、ウィリアム・ジェームズというアメリカの哲学者の名言です。

回答例「苦しいから逃げるのではない。逃げるから苦しくなるのだ」この言葉が私の一番好きな言葉です。大学生のころ軽い気持ちで入ったサークルでしたが、練習がきつく何度もやめようと思っていました。

先輩にこの言葉で、励まされサークルを辞めずに最後までやり遂げることが出来ました。それ以降、この言葉を大切にしています。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例6:「10001回目は何か変わるかもしれない」

「10001回目は何か変わるかもしれない」この言葉は、ドリームズ・カム・トゥルーの歌詞の一小節です。

回答例「10001回目は何か変わるかもしれない」この言葉は、私の大好きなバンドの一小節で、大切にしている言葉です。前職で営業していた時、契約が取れず落ち込むたびにこの言葉に救われました。そして、どんなに失敗しても次は必ず出来ると信じるようになりました。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例7:「さあ、上機嫌でやろう」

「さあ、上機嫌でやろう」この言葉は、ドイツの哲学者である「ニーチェ」の著作の中の一小節です。

回答例「さあ、上機嫌でやろう」という、ニーチェの著作の中の一小節です。今の自分を越えるために必要なのは、勇気と明るさだという意味で語られていました。どんな時でも上機嫌に物事に取り組むことで、スムーズにこなすことが出来るようになりました。

それ以降、行き詰った時はこの言葉を思い出すようにしています。

面接で「好きな言葉は?」と質問された時の回答例8:「一所懸命」

「一所懸命」この短い言葉には、物事に対して命がけで取り組む姿勢を表した言葉です。

回答例「一所懸命」という言葉が、私の好きな言葉です。理由としては、目の前の物事一つひとつに対し、自分にできる精一杯の努力をすることで、色々な人が関心をもってくれるからです。

前職である時、私の仕事ぶりを見ていた上司がプロジェクトのメンバーに採用してもらうことが出来ました。それ以降「一所懸命」というこ言葉が大好きになりました。

面接する際の伝え方

面接する際に大切になってくるのが、伝え方です。この伝え方を間違えると、面接官は「この人は何を言っているんだろう?」と、なってしまします。

そうならないためには、まずは面接官の目を見ながら、棒読みにならずに結論から述べるようにしましょう。結論から述べることで、根拠(エピソード)となる話しがぶれずにスムーズに伝えることが出来ます。

  1. 結論から伝える
  2. 相手の目を見る
  3. 棒読みにならない

面接で印象を良くする方法

面接する前にやっておきたい一つとして「身だしなみを整える」です。身だしなみを整えることは、社会人のマナーであり、これを怠ってしまうと、第一印象が悪くなってしまいます。

面接する前には、必ず鏡の前で「ネクタイは曲がっていないか」「髪型がボサボサになっていないか」「裾が折れていないか」を確認しましょう。

そしていざ面接が始まったら、挨拶をしっかり行い、面接官が「座ってください」と言われてから着席するようにしましょう。着席した後は、姿勢を正すことを忘れずに意識しましょう。

  1. 身だしなみを整える
  2. 挨拶をしっかりする
  3. 姿勢を正す

面接でやってはいけない行動NG例2つ

面接をする際にやってはいけない行動があります。それが「無表情」と「話を最後まで聞く」です。日常生活でもそうですが、無表情だと「話をきいているのかな?」「怒ってるのかな?」と、反応がないため困ってしまいます。

また、話を最後まで聞かずに自分の意見しか言わない人がいますが、これも「本当にわかってる?」と、思うことも多々あるでしょう。

それでは、面接をする際にやってはいけない行動について、詳しく見ていきましょう。

面接でやってはいけない行動NG例1:無表情

面接に通らない人の特徴ともいえるのが「無表情」です。どんなに優れた履歴書や職務経歴書を見せられても熱意や情熱、やる気といったことが全く面接官に伝わりません。

面接官と話す際は、うつむいたりせずに面接官の顔を見て、笑顔で話をするようにしましょう。笑顔を見せて話すことで「ポジティブな言葉」を言う人だなと、印象付けることが出来ます。

面接でやってはいけない行動NG例2:話を最後まで聞かない

面接でやってはいけない行動の一つが「話を最後まで聞かない」です。面接官が話している途中であっても割り込んで話をしたりする人がいますが、これは面接官にとって不愉快のなにものでもありません。

よくあるのが「面接官が質問している内容うと、答えがまるで違う」や「質問が途中で途切れてしまい面接官が質問できない」と、いった状態が起きてしまい印象を悪くしてしまいます。

まずは、面接官の質問を最後まで聞いてから、返答するようにしましょう。

好きな言葉が見つからない場合の対処法2つ

面接官が「好きな言葉は?」と質問された時に「好きな言葉なんてありません」となってしまってはもともこうもありません。

それでは、どうしたら好きな言葉を見つけることができるのでしょうか。まずやってもらいたいことが、日頃何を大切にして行動しているかを、振り返ってみることをおすすめします。

それでも難しい場合は、言葉にアンテナを張ってみましょう。それでは、具体的に詳しく説明していきます。

好きな言葉が見つからない場合の対処法1:振り返ってみる

「好きな言葉が全然見つからない」そんな時は、日頃何を大切にして行動しているかを振り返ってみましょう。

例えは「私って口で言ったことは、有言実行しているな」「「私っていつも臨機応変に対応するな」「私っていつも一期一会て思って行動してるな」など、これだけでも3つの四字熟語が出てきています。

そういったところから、ヒントを得てみてはいかがでしょうか。

好きな言葉が見つからない場合の対処法2:言葉にアンテナを張る

好きな言葉や座右の銘などは、ことあるごとに振り返りあなたの物差しとなってくれることがあります。まずは日常生活のなかで、言葉のアンテナを張ってみましょう。

例えば「本を読むとき」「テレビを見ているとき」「友達と遊んでいるとき」など、何気ないところにあなたにあった言葉が隠れています。

是非、色々なところに耳を傾けて見ましょう。

面接官が「好きな言葉は?」と似ている質問例

面接で「好きな言葉はなんですか?」という質問の回答例【例文あり】

面接官が「好きな言葉は?」と、似ている質問はあるのでしょうか。面接官がよく聞く質問には「あなたの座右の銘はなんですか?」「あなたの長所はどんなところですか?」が、とても似ている質問になります。

「好きな言葉は?」と、若干の違いはあるものの差ほど変わりはありませんが、捉え方に違いが出てきます。

「座右の銘」は、自分の心を律する戒めの言葉です。また「長所」とは、あなたの優れたところをいいます。

  1. あなたの座右の銘はなんですか?
  2. あなたの長所はどんなところですか?

「好きな言葉」にあなただけのエピソードを加えよう

面接で「好きな言葉はなんですか?」という質問の回答例【例文あり】

面接官が「好きな言葉は?」と質問するのは、あなたの人柄や価値観を知るためです。あなたが何を大切にしてきて、どう行動してきた人物なのかを知りたいからです。

面接官の意図を応えるためには、好きな言葉に加えて、根拠となるエピソードが必要です。エピソードが伴って初めて面接官に「なるほど、この人はこういうことを大切にする人なんだ」と納得してもらえます。

面接で説得力のある回答ができるよう、日頃から心に響く好きな言葉を探し、その言葉を意識して行動する習慣を持ちましょう。

Latests