Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月27日

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

キャリアを積むため、キャリアアップのため、採用試験の面接は不可欠です。では、採用試験の面接を少しでも上手く進めるために、面接へは何分前に行くのがベストなのでしょうか?新卒や中途、派遣、アルバイトなどの雇用形態別、気になる職種・業界別でご紹介していきます。

採用試験の面接は何分前に行くのがベスト?

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

新たに働き始めようとする時、ほとんどの場合避けては通れない「面接」。面接時間の前に到着していることは当然のマナーですが、採用試験の面接は何分前に行くのがベストなのでしょうか。

第一印象は採用・不採用にも大きく左右されます。ベストなタイミングで到着し、採用を勝ち取れるよう、ぜひ参考にしてみてください。

新卒の面接の場合

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

受付のある会社の時は何分前?

受付のある会社の場合「10分前に受付に到着する」ことがベストです。受付が設けられている会社の場合、特別な指定が無い場合は受付へ伺います。一般に受付の後、面接会場までの案内におよそ5分、入室から面接が始まるまでにおよそ5分程度かかるとされています。

受付のある会社の場合、受付に5分前に到着するのは余裕がないです。部署の多い大きな会社などは取り次ぎにも時間がかかります。それを理解し、余裕を持って行きましょう。

受付や待合室のない会社の時は何分前がベスト?

少数精鋭の会社や個人で経営している店舗などの場合は、一般に、面接開始の5分前に到着するのが望ましいことが多いです。面接官も自分の仕事の時間を割いて面接を行うため、あまり早く来られてしまうと、自分の仕事を中断して対応をしなければなりません。

少しでも面接官の負担を減らすためにも早すぎの到着は避けましょう。ギリギリまで仕事をしている人からすると、3分前でも喜ばれることもあります。

受付や待合室の有無がわからない時は?

訪問先の企業から特に来社時間の指定もなく、受付や待ち合い室の有無がわからない場合は何分前が良いでしょうか。その場合、10分前を目安に到着するようにしましょう。会社を訪問した時に受付があれば、そのまま取り次ぎのお願いを行います。受付や待合室のない場合は、面接時間の5分前になった後、面接官ないしは該当部署への連絡を行うと良いでしょう。

中途採用(転職)の面接の場合

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

現職で(仕事をしながら)転職活動をしているときは何分前?

現職で転職活動をしている方の場合、多くは仕事終わりの夕方〜夜間に面接を行うことが多い傾向にあります。その時間帯は大きな会社であっても、受付が閉まっている可能性が高いです。また往々にして、転職希望者が面接官ないしは関連部署へ直接面接に来た旨を連絡することが多く、その対応も仕事中のスタッフが行うことが多いです。

では、最適な到着時間は何分前でしょうか。おおよその場合、10〜5分程度前に到着することがベストです。早すぎる到着は先方への思いやりに欠けると考えましょう。

離職中で転職活動をしているときは?

現在、離職中で転職活動をされている方の場合は何分前がベストでしょうか。離職中の方の場合、面接の時間は午前中やお昼と面接官の都合によってさまざまな時間に設定されることが多い傾向にあります。この場合、「新卒の場合」で前述させて頂いたように、訪問先の会社に受付や待合室があるかどうかで到着時間を調整しましょう。受付のある場合は10分前、受付も待合室もない場合は5分前の到着が好ましいです。

最終面接の場合は何分前がベスト?

正念場の最終面接では、何分前がベストなのでしょうか。最終面接の場合、「現職」「離職中」関係なく面接官の都合で面接時間が決められることが多いです。特に、最終面接やそれに近い面接になってくると、上の役職の方が面接官であることが多いため、時間には最新の注意を払いましょう。

ズバリ最終面接の場合は面接開始の10分前がベストな到着時間だと言えます。役職が上になればなるほど、仕事のスケジュールは分刻みで設定されていることが多いです。受付や待合室の有無に関わらず、調整可能である程度ゆとりのある時間に到着するよう心がけましょう。

期間工の面接の場合

期間従業員、期間契約社員とも呼ばれる期間工。多くは自動車工場や電子部品などでの工場での募集が多いです。期間限定の勤務と言えど、しっかりマナーを弁えて面接に行きたいところです。何分前に面接に行くのがベストでしょうか。

多数のスタッフが募集されていることも多い期間工のため、ぎりぎりの到着よりは少し余裕を持っての到着が望ましいです。ずばり10分程度がベストでしょう。

職業訓練の面接の場合

たくさんの方面接を受けにくる場合もある職業訓練の面接ですが、この場合何分前に到着していることがベストでしょうか。結論から言うと、10分〜15分前を目安に到着しておきましょう。5分前でも遅すぎることはないですが、人数の多い待ち合いの場合少しゆとりを持っての到着がより良いと言えます。

派遣社員の面接の場合

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

派遣社員の面接の場合は何分前がベストでしょうか。人材派遣の面接の到着時間で好まれるのは、面接開始の5分前と言えます。人材派遣の面接の場合、前提として面接というよりも先方の企業との顔合わせであることが多いです。

人材派遣の場合は現場の監督者や担当も具体的に決められており、一般的にその監督者や担当が面接の対応をすることが明確です。担当者も面接以外の仕事も多く抱えているため、あまり早く到着しすぎても良い印象を持たれないと考えた方が良いでしょう。

10分前程度の到着が悪いという訳ではありませんが、担当者が気を使ってしまうことも考えると差し支えのない5分前がより好ましいです。

ハローワークの面接の場合

ハローワーク経由の面接の場合、何分前に訪問するのが望ましいのでしょうか。それは、一般的に10〜15分前と言われます。15分以上前に訪問するのは、先方への迷惑になりかねないのでなるべく控えるようにしましょう。

ハローワークでは、紹介状を通して面接を行う場合が多いです。そのため、他の採用経由よりもややゆとりを持っての到着がベターです。時間のゆとりは心のゆとりにもなります。適切なゆとりを持って訪問しましょう。

アルバイトの面接の場合

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

アルバイトの場合は本当にたくさんの職種が考えられます。何分前に到着するのが好ましいのでしょうか。答えは、いずれの職種も5〜10分前には面接場所に到着するようにしましょう。理想は5分前ですが、10分前でも早すぎるということはありません。早く着きすぎても、面接担当者は面接以外のお仕事もあるので、10分以上前の到着はなるべくしないように自身で調整するようにしましょう。

初めて面接に行かれる方のために、面接場所に到着されたら明るく、元気よく「本日○時からアルバイトの面接のお約束をしております○○と申します。」担当者がわかる場合は「○○様をお願いできますでしょうか?」と伝えましょう。

パートの面接の場合

雇用形態はアルバイトと差異のないパート。世間のイメージでは、アルバイトよりも長い時間勤務するというイメージが多いです。そんなパートの面接では、何分前に着くのがベストでしょうか。アルバイトと同じようにいずれの職種でも5〜10分前に面接場所へ到着するようにしましょう。パートでも、早すぎる到着は避けてください。

面接時間より早すぎる到着はNG?

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

これまで、4つの採用方法で面接には何分前に到着するのがベストかをお話してきました。その中で「早すぎる到着は迷惑」、「早すぎる到着は配慮に欠ける」といったことを少しお伝えしました。では、なぜ面接時間より早すぎるのはNGなのかをご紹介します。その理由がわかれば自然と行動にも変化が生まれるはずです。

面接官や受付の立場になって考えてみよう

面接官は面接当日、面接時間の10分〜15分程度前から自分自身のスケジュールを空けて待っていることが多いです。事前に面接を行う場所として会議室や待合室を予約し、受付の方にも面接の情報を共有します。応募者を迎えるために万全の準備がなされている訳です。

「早く行けば有利」なんて言葉を稀に耳にしますが、とんでもないことです。予定しているより早すぎる到着は相手を焦らせてしまったり、困惑させてしまうだけです。面接官も忙しなく面接時間ギリギリまで仕事をしている方も少なくありません。仕事を済ませてから対応する予定だったにも関わらず、早めに到着されたらどう思うでしょうか。ぜひ相手の立場になって考えてみてください。

もっと、まわりのことを考えてみよう

面接官の気持ちを少し理解したところで、もっとまわりの立場になって考えてみましょう。自分なら何分前に来てもらえるのが嬉しいでしょうか。例えば、30分前に面接場所に到着してしまい、待合室のない会場だとします。この場合、その場所、ないしは職場内で待つことになりかねません。一時的とは言え、面接官だけでなく、その職場の方、もれなく全員が気を使ってしまいます。

面接時間まで待つことのできるスペースがあれば、自分の緊張も整えられるなどのメリットもありますが、ここはぐっと我慢して、何分前に到着するのがベストか考え、適切な時間に面接会場へ到着できるようにしましょう。

面接場所の最寄り駅には何分前に到着するのがベスト?

これまで、「面接会場に何分前に行くのがベストか?」というお話をしてきました。ですが、「5〜10分前に到着すればいいから」と言って、5分前に面接会場へ到着するように家を出るのではとても遅いです。大切な日に限って、電車やバスが遅延したり、交通事故などで通行止めになっていたりとトラブルが起きたりします。

では、「面接会場にベストな時間で着くために」面接会場の最寄りの駅には何分前に着くのが良いのでしょうか。

何分前に着くのが理想?<面接会場にベストな時間で着くために>

面接会場の近くには何分前に着くのがベストでしょうか。それは、ずばり30分前です。遅くとも30分前には面接会場の近くへ到着するようにしましょう。30分あれば、面接前の身だしなみのチェックやお手洗い、話す内容なども整理ができ、万全な気持ちで面接に臨めるはずです。

では30分前に面接会場周辺に到着するに、何分前に最寄りの駅に到着しているのがベストでしょうか。それは、30分〜1時間前が理想でしょう。最寄りの駅から面接会場への所要時間も含めて最寄りの駅への到着時間は決める必要がありますが、おおよそ1時間あれば、気持ち的にも物理的な時間的にも余裕が生まれます。

30分の余裕があればこわいものなし?!

さきほど、面接会場周辺には30分前に着くことがベストとお話しました。おおよその場合、30分前に到着できるように向かっておけば、万が一途中で何かトラブルがあったとしても、面接の時間に遅れる可能性は低いでしょう。

採用試験の面接はどんな境遇でも、少なからずあなたの今後の人生にちょこっと影響してくる訳ですから、いつもギリギリ行動派のあなたも、ぜひ余裕を持って行動してみてください。

やむを得ず面接時間に遅れそうなときはどうすればいいの?

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

どんなに早く家を出ても、なぜだか大事な日には何かとトラブルが起きやすい傾向にあります。万が一、面接時間に遅れそうな場合はのようにすれば良いのでしょうか。

面接に遅れることがわかった時点で即連絡しよう!

面接開始の1分前に「面接に遅れます」と連絡したところで、果たして応募者を待っていた側からしたら十分に対応できるでしょうか。答えはノーです。面接に遅れそうな場合、何分前に電話すれば良いか、ということではなく「面接に遅れることがわかった時点で即連絡」が正解です。

面接開始時間に遅刻の連絡が近ければ近いほど、面接はキャンセルされ、面接の合格は難しいと考えてください。前述させて頂いたとおり、採用試験の面接が設定をされて時点で、面接官は万全な準備をして応募者を待っています。面接がキャンセルされた場合、マナー違反を犯してしまっただけではなく、面接官とその会社にご迷惑をかけてしまうことを認識しましょう。

どうしても遅れてしまう場合は謝罪と誠意を!

どうしても面接に遅れてしまいそうな場合は、訪問先へまずは謝罪を伝えます。その後「今ある状況」「到着予定時刻」を伝え、対応を相談してみましょう。早めの連絡で、誠意をもって説明をすれば、面接日時を変更していただける可能性もぐんと高くなるはずです。

面接官も、あなたにお会いしてみたくて面接を設定しているはずです。遅刻してしまうからといって取り乱してしまうのではなく、まずは謝罪と誠意をもって訪問先に相談してみましょう。

面接会場入りのベストな時間と注意点

公務員の場合

最近の公務員試験は面接も重視されています。難しい筆記試験の狭き門をくぐった後、面接を突破することができた人だけが公務員になることができる今日。 筆記試験は点数だけの勝負ですが、 二次試験以降の面接は短い時間で面接官に自分を知ってもらえるかが勝負です。 ばっちりなタイミングで会場へ入り、万全な状態で面接に臨みたいところです。そのために、ずばり10分〜15分前に面接会場に到着するようにしましょう。

もちろん、面接会場周辺には15分よりもっと余裕を持って到着をし、身だしなみと心を整えてから会場へ向かうようにするのがベストです。

歯科助手の場合

歯科助手の場合、何分前に到着するのがベストでしょうか。パート、アルバイト、正社員など、雇用形態の違いはあれど、一般に5分前が望ましいです。歯科医院は往々にして待合室があるとおもいますが、お客さまと訪問先に気を使わせないため、早めの到着は避けましょう。

保育士(保育園)の場合

保育士の場合、何分前に到着するのがベストでしょうか。保育士は、言わずもがな人に接することが多い職業です。面接でも、人柄が大変重視される傾向にあります。これを踏まえると、保育園全体のスケジュールや面接官の立場になって考え、何分前に到着しておくのが好印象か考えて行くのが正解だと言えます。

保育士の面接の場合、一般に10分程度前に到着するのが望ましいです。5分前でも遅いとは言いませんが、少し余裕を持って行動できる方が好印象だと言える場合が多いためです。

幼稚園教諭(幼稚園)の場合

では、幼稚園教諭の場合は何分前に到着するのがベストでしょうか。幼稚園は文部科学省の管轄のため「教育施設」という区分になります。園児のお手本となる先生となれるよう余裕を持って到着したいところです。5分前でも遅いとは言いませんが、少し余裕を持って、保育園と同じように10分前程度がベストだと言えるでしょう。

面接で営業中の店舗を訪れる際は何分前がベスト?

営業中の店舗に行く場合、お店側になるべく迷惑がかからないように配慮したいところです。もっとも印象の良い、ベストな到着時間は何分前でしょうか。よくある業態別にご紹介していきます。

24時間営業の店舗多数!コンビニの場合

24時間営業の場合が多く、思うよりもたくさんの業務があると言われているコンビニ。コンビニの面接には何分前に行くのがベストでしょうか。コンビニは、店内に食事スペースがあることが稀にありますが、ほとんどの場合そういった待ち合いスペースはありません。故に、前述しているとおり、早すぎる到着はお客さまにもお店側にも迷惑がかかります。コンビニの面接には5分ないしは3分前の到着がベストと言えます。

誰でも訪れる、マクドナルドの場合

ランチの時間、夕方などお客さまの混み具合に波のあるマクドナルドでは、何分前に到着していることがベストでしょうか。一般に5分〜10分前が望ましいです。ファーストフード店も同様、早すぎる到着は言語道断。10分程度前に店舗に到着し、お客さまの混み具合を見て近くにいるスタッフの方に面接に来た旨を伝えましょう。

お洒落な空間!スターバックスコーヒーの場合

ゆったりした時間が流れ、お洒落な雰囲気スターバックスカフェ。今や世界中に店舗がある有名コーヒーショップです。そんなカフェの面接には、何分前に行くのがベストでしょうか。カフェの場合、朝やお昼、ティータイムなど意外にお客さまの入り具合も継続的にありスタッフの人数も少数精鋭であることも少なくないので、これまた早すぎる到着は迷惑になってしまいます。

待ち合いできる席があるとしても、5分前がベストと言えます。10分前では早すぎるとは言いませんが、スタッフの皆さんも気を使ってしまいますので、5分程度が望ましいです。

和・洋・中、種類いろいろ!飲食店の場合

主にランチと夕方以降にお客さまが多くなる傾向にある飲食店では、面接の何分前に行くのがベストでしょうか。5分〜10分がベストであると言えます。マクドナルドでも前述したとおり、お客さまの入り具合によって、またスタッフの方の状況をみて面接に来た旨を伝えるタイミングを計れるよう5分前より少し早め到着していることが望ましいです。

面接の時間は、ある程度空いている時間に設定されることが多いですが、お店への配慮ができればなお第一印象も良く、好印象で面接が受けられるはずです。

回転率の高い!チェーン店くら寿司の場合

回転率の高いお店と言えば、ラーメンや回転寿しなどがあります。糖質オフのメニューを展開し、話題になっているくら寿司では、何分前に到着するのが望ましいでしょうか。答えとしては、5分〜10分前が望ましいです。しつこいようですが、にぎわう店内では、早く着きすぎることはお店のご迷惑になります。早すぎず、遅すぎずの5分〜10分目安を心がけましょう。

雑貨・アパレル・お菓子など販売系の面接の場合

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

雑貨や洋服、お菓子などの販売系の面接の場合は何分前に到着するのがベストでしょうか。販売系の面接は、コンビニと同じく待ち合いスペースが無いことが多く、かつスタッフの数も多くない場合が多いです。故に、5分前がベストです。

万が一、面接に行った際、スタッフ全員が接客をしていたりして声がかけられない状況だった場合を考えて人気店などの場合は10分程度前に到着しても良いでしょう。普段の状況をインターネットなどであらかじめ確認してから訪問すると、なお良いです。

説明会と面接が一緒に開催されるときのベストな到着時間は?

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

最近よく見かけることが多くなりましたが、説明会の後、面接も開催されるパターンがあります。この場合、何分前に到着していることがベストでしょうか。多くの場合、説明会が終わった後に面接が開催されますので、説明会の受付時間内に到着すれば良いでしょう。

稀に説明会だからといって遅れてくる人を見かけますが、名前を控えられている場合は、あまり良くない印象で面接を受けることになることもあると心得ておきましょう。

備えあれば憂いなし!面接までのチェックリスト

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

これまで、面接には何分前に到着するのがベストかを主にお話してきました。ただ、いくらベストな時間に到着ができていても面接の準備ができていなければ、元も子もありません。何分前に到着するかが確認できたところで、面接までのチェックリストを確認していきましょう。

最低限準備したい!面接受付までのチェックリスト

<その1>
訪問先の最寄り駅・出口を確認する
→訪問先のアクセス情報や路線検索サイトを利用する

<その2>
駅から訪問先までの道のりを確認する
→訪問先のアクセス情報や地図アプリを利用する
※万が一に備えて、道順を出力しておくとベターです。

<その3>
訪問先の会社名や店舗名ブランド名をチェックする
→うろ覚えではなく、すらすら言えることがベスト

<その4>
担当者または面接官の部署や氏名を確認する
→受付での取り次ぎがスムーズになったり、面接中にも活用できます
※面接官の名前は事前に知らされてないことが多い

以上、4つは面接受付の前に確認しておきましょう。ぜひ参考にしてみてください。

面接に行くまでに準備したい!最低限話す内容

何分前に面接に行くか、「受付までもスムーズに行けた、これで面接はばっちり」という訳に行きません。最も大事なことは、面接で話す内容です。面接官はあなたのことを知りたく、面接の場を設けています。ぜひ「簡単な自己紹介」「なぜこの仕事を希望するのか(動機)」この二つはすらすら言えるように準備して行きましょう。

また、面接に行く時はメモとペンを用意して行くとベターです。質問をメモするとき、時には面接官が会社やお店のことを説明してくれることもあるため、それをメモする時に使えます。一生懸命メモする姿、それだけで好印象になるはずです。試してみてください。

「何分前に行くのがベスト?」大事なのはマナーと思いやり

面接は何分前に行くのがベスト?・迷惑にならないタイミング

これまで、採用試験の面接には何分前に行くのがベストかお話ししてきました。

新卒や中途採用といった面接のタイミングの違いでのベストな何分前、派遣や期間工、アルバイトなど雇用形態の違いでのベストな何分前、また公務員や歯科助手などの職種別のベストな何分前、アルバイトなどで多い、営業中の店舗での面接のベストな到着時間の何分前がおわかりいただけたのではないでしょうか。

ただ、それぞれ何分前がベストか参考にして頂き、実践するのも素晴らしいことですが、「何分前に行くのがベストかを暗記すること」が大事なことなのではなく、「何分前に来られたら訪問先(または面接官)に迷惑ではないか、好ましいか」ということを考え、行動してみましょう。あなたが感じた「何分前」がきっとベストな時間です。

採用試験の面接は、とても緊張してしまうもので、自分のことをばかりを考えてしまいがちです。心の余裕を生むためにもぜひ当日は相手への思いやりとマナーを忘れずに頑張ってください。面接官はあなたのことを知りたいために面接を設定しています。自信を持って臨んでください。

Latests