Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月20日

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

仕事はしたいけど面接が怖いと感じる人は多いです。面接はなぜ怖いと感じてしまうのか、また怖いと感じたときは対応策について希望の職種別にまとめました。現在就職活動中で面接が怖いと感じている方や面接が怖くて就活に躊躇している方はこの記事を参考にしてみてください。

働きたいけど面接が怖い人の対処法

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

卒業間近になると当たり前のように就職活動が始まります。学生の就職活動(就活)は、早く内定をもらって安心したい気持ちがあるでしょう。

また、一度就職したあとに、自分のやりたいことが別に見つかったり、職場でうまく行かなかったり、条件が合わなかったりなどで別の会社に再就職をしたいと考えることもあります。また、アルバイトやパートをしたいと考える人もいます。

どんな形で就職するときであっても、仕事はしたいけど面接のことを考えると応募するのが怖いと感じる人は多いです。働きたいけど、面接が怖い場合どんな対処法があるのでしょうか。

新卒

学校を卒業したら、就職するという流れが当たり前になっているので、何も考えずにとりあえず仕事をしないといけないと考えて就職活動をしている学生もいるでしょう。逆に夢があって、この仕事がしたい、こういう仕事に携わっていきたいと具体的な希望を持って就職活動をしている人もいるでしょう。

新卒の場合は、周りの人の内定が決まっていくのを見ていると、自分だけずっと決まらないのではないかという不安も面接が怖いと感じる原因の1つになります。

まずは、絶対にこの会社から内定をもらわなくてはいけないという気持ちを捨てましょう。この会社から内定がもらいたいという願望であれば良いのですが、絶対この会社でないといけないという執着心は焦りと恐怖の心を生み出します。

面接の前に下見をして(中に入れなかったとしても)自分がその会社に採用されて笑顔で仕事をしているイメージをして面接を受けてみましょう。

転職、中途採用

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

転職や中途採用の場合は、前職が次の面接先とまったく関係のない職種であった場合、周りの人がすべて仕事ができる人に感じてしまい、面接会場に着くと急に怖いと感じてしまうことがあります。逆に似たような職種を経験してきたとしても別の会社には別のやり方があります。

他の会社で別の仕事をしてきたのですから、新しい会社の仕事はできないのが当たり前です。一生のうちで経験できる職種は限られています。違う職種を経験できる機会ができたのですから、面接も経験の1つだと考え、新しい経験をしているのだと気持ちを切り替えましょう。

他の面接者やその会社ですでに働いている人と今の自分を比較してしまうと、自信をなくすので、うまくいくはずの面接もうまくいかなくなってしまいます。

再就職

定年退職や早期退職を希望し、再就職する場合、年齢が高くなっていることもあり面接に自信がない、年齢がネックできっとうまくいかないと悲観してしまい、面接が怖いと感じてしまう人も多いでしょう。

事実、早期退職制度を利用し早めに退職したとしても、年齢はかなり高く再就職は狭き門で書類選考でまずは落とされ、面接にたどり着いたら奇跡的という状況で活動をしなくてはならないという人が少なくないのも事実です。

やっとたどりついた面接でうまくいかなかったらと考えてしまえばしまうほど、面接はさらに怖いものになってしまうでしょう。再就職を希望しているということは長い間別の会社で定年までしっかり勤め上げた実績があるということでもあります。長い間かけて積んだ経験は強力な武器にもなるはずです。自信を持って面接に臨みましょう。

派遣

派遣に登録すると、マッチングと言って派遣先(実際に仕事をする勤務先)との面接があります。この面接でうまくいかなければもちろんそこの会社の仕事をすることができないのですが、派遣の場合は事前に派遣元(自分が登録している派遣会社)と派遣先で書類が交わされ、検討していることも多いです。

しかし、もしここの会社が決まらなかったらまた別のところを紹介してもらおうくらいの気持ちで面接に臨んでみましょう。

パート、アルバイト

パート、アルバイトの場合は、職種にもよりますが、人が足りなくなってしまう日にちや時間に勤務をしてくれるということが一番重要視されます。

もちろん、極端にマナーが悪い、相手の会社が希望する給与や勤務時間が合わないという理由で不採用になることはありますが、逆に待遇面で自分と合わない場合は仕事が決まったとしても自分があとで苦労することになってしまいます。

パートやアルバイトの場合は自分のライフスタイルに負担がかかってしまう場合はこちらから断ろうというくらいの気持ちで面接に臨みましょう。

面接が怖いと感じる理由と対応策

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

では、面接が怖いと感じる理由にはどういったことが考えられるのでしょう。またその対応策にはどのようなものがあるのでしょうか。

落ちるのが怖い

ここで働きたいと希望をして応募したのですから、落ちるのが怖いと感じるのは当然です。しかし、落ちるのが怖いと感じているということは、心のどこかでだめかもしれないという後ろ向きな気持ちのまま面接に臨んでいることになります。後ろ向きな気持ちは自信のなさにつながり、印象も暗くなってしまうでしょう。

初めて会った人にどんな印象を感じるかは顔の表情が大きく作用します。採用する側も暗い印象の人よりも明るい印象の人と仕事をしたいと考えます。もし、不採用の連絡が来たとしても「自分に合う場所は別にあるから今回は縁がなかっただけ」そういう気持ちを持てば怖いという気持ちも和らいでくるでしょう。

結果が怖い

面接が終わった瞬間、結果が怖いと感じるのは当たり前の感情です。結果を知る恐怖に打ち勝つには、面接で自分は精いっぱい全力を出し尽くしたと考えましょう。面接で最善は尽くしたと感じることができれば、あとは天命を待つのみです。

面接官の顔が怖い

面接官の顔が怖いと感じる人も多いでしょう。面接を受ける側も必死ですが、面接をする側もできるだけ長く一緒に仕事をしていける人を真剣に探しています。面接官も初めて会うあなたのことを短時間で知ろうとしています。相手の顔が怖いと感じたときは自分が笑顔になりましょう。自分が笑顔になると面接官も笑顔に変わることがあります。

緊張する

知らない人と対面するのは誰でも緊張します。まして面接は自分を採用してもらえるかどうかが判断される場なのでなおさら怖いと感じます。

緊張を100%取り除くことは不可能ですが、前の項目でも書きましたが、面接のときは笑顔で臨んでみましょう。面接ではほとんどの人が緊張しているため真剣な表情の人がほとんどです。その中で笑顔の人がいると、面接がすべて終わったあとに笑顔の人は印象に残ります。

緊張していると感じたら、口角をあげてみましょう。それだけであなたの印象もぐっとあげることができます。

質問が怖い

質問が怖い人もいます。相手が望んでいる正解を答えなければいけないと自分のなかで決めつけてしまっていると質問が怖いと感じてしまいます。

面接は会話です。普段友達と会話をしているときに、相手の質問に対して怖いと感じたことはありますか。おそらくないでしょう。面接は会話です。面接官は、マニュアルどおりの答えではなくあなたの本当の思いを知りたいだけです。わからないときはわからないと素直に答えましょう。

面接が怖い人の希望業界別対応策とポイント

公務員

公務員の面接は民間企業と観点が異なります。なぜかといいますと、民間企業は人事担当者が何十年と面接を経験した人が面接を行うので、人を判断する能力に長けている人が多いです。しかし、公務員の場合数年単位で部署が変わるため面接に慣れていない人が面接を担当しています。

そのため、公務員の面接を攻略する鍵は過去に質問された面接の内容を調べてスムーズに答えられるよう対策をしておくことです。現職公務員が書いた面接対策本がありますので、対策本を読み、自然に話すように回答できるようにしておきましょう。対策をしっかり練ることで自信につながり、怖い気持ちを減らすことができます。

警察

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

警察官も公務員なので面接の質問は比較的マニュアル化されていることが多いです。質問の内容に対して、自分が学校や部活などを通じて学んだ経験なども絡めた内容で答えるようにしましょう。警察官の面接対策本も売られていますので、こういった本で対策をしておくと良いでしょう。

コンビニ

コンビニの仕事は比較的初心者でも行うことができるため、志望動機などは自分の本当の動機を素直に答えると良いでしょう。また、勤務可能な曜日や時間を明確にしておくことや、いつから仕事が始められるかも大切なポイントになりますので、はっきり答えられるようにしておきましょう。

歯科助手

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

歯科助手は資格がなくてもできる仕事ですが、医療機関での仕事になりますので、血を見ることに抵抗がないか、責任感はあるか、向上心(専門的なことを覚える必要があるため)はあるかといったことが重要視される傾向があります。

また、小さいお子さんや患者さんと接することになるためコミュニケーション能力の高さも求められます。こういった内容の自己アピールができるように準備をして面接に臨みましょう。

面接が怖くなくなる効果的な練習法

面接が怖くなくなるためには、自分に自信を持つことが大切です。自分に自信を持つためには質問に対して声に出して答える練習をしておきましょう。質問の答えを頭の中で答えていても実際の面接のときにうまく言葉が出てこなくなることがあります。想定される質問を調べ、声に出して答える練習をしておきましょう。実際に話すように答える練習をしておくことが大切です。

しっかり準備をしたら自信を持って臨みましょう

働きたいけど面接が怖い人の対処法・怖さ克服に効果的な練習法

面接が怖いと感じる人はとても多いです。怖いと感じる一番の原因は自分に自信がないためです。自信を持つためには、想定される質問を調べ、実際に声に出して答える練習をしておきましょう。

もし、不採用になったとしても自分に本当に合う職場が他にあるから不採用になったと考えるようにすれば恐怖心は和らぎます。だめならまた次のいい職場を見つければいいんだくらいの気持ちで面接に臨みましょう。リラックスすることは採用の近道になるはずです。

Latests